ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


短調


ヨミ: タンチョウ
掲示板をミル!
20カキコ!

短調 (マイナーキー) とは、調性の1つである。対応するのは長調である。

短音階 (マイナーケール) によって構成されている曲を短調の曲という。


概要


短音階の起は、ドリア旋法、エオリア旋法と言われていた5度上に移調された旋が起である。一般的に、暗いと言われる。

短音階は、構成音によって異なる3種に分けられる。

自然短音階 (ナチュラル・マイナー・スケール)

ナチュラルマイナー・スケール (自然短音階) は、音階の最初から2番と3番の間、5番と6番の間が半音 (鍵盤で隣同士) 、それ以外の間が全音 (鍵盤ひとつ飛ばし) の間隔で構成される音階である。短音階の基本的なやつ。

長調と同じ音の間隔で、始点が異なるだけの音階といえる。

例:イ短調 (a minor)

 上昇: ラ シ ド レ ミ ファ ソ (ラ)
 下降: (ラ) ソ ファ ミ レ ド シ ラ 

和声的短音階 (ハーモニック・マイナー・スケール)

まず、次のピコカキコを聞いて欲しい。

最初がイ長調の →Ⅰの和音、次がイ短調の自然短音階の →Ⅰの和音である。

自然短音階では少し間が広いように感じると思う。これは和的短音階の7番の音 (イ短調の「ソ」の音) が、次の8番の音 (=音階の音) と全音離れているためである。

音階の7番の音は導音 (リーディングトーン) といい、音階の音へと導く大事な音である。が、その進行を効果のあるモノにするには、導音と音の間隔を半音にする必要がある。

この導音の進行は重要なので、ここの進行がうまくいくようにしたのが和的短音階である。の音が半音上がっている。

 音階は和音の後

 上昇: ラ シ ド レ ミ ファ ソ (ラ)
 下降: (ラ) ソ ファ ミ レ ド シ ラ 

付きの音は臨時記号(音符の横に書くや♭)で表す。

的短音階のありがたみが一番わかるのはディミニッシュト・コード (減7) である。イ短調ではGdimが該当するが、自然的短音階や後述の旋的短音階の構成音では得られないきである。

ちなみに「導音」というは通例、音階の第vii音の固有名詞として用いるが、この和的短音階においては第vi音も第v音へ半音進行で解決する音として機しており、しばしば「下行導音」あるいは単に「導音」と呼ぶこともある。

旋律的短音階 (メロディック・マイナー・スケール)

的短音階にも問題がある。の間(イ短調ならファとソ)の間が全音半とやや広いので、これでメロディをつくろうとすると不自然になることがある。そこで、の音も半音上げたのが旋的短音階である。 

下降するときに長調のように聞こえることがあるので、下降するときは自然短音階にする。

 上昇: ラ シ ド レ ミ ファ ソ (ラ)
 下降: (ラ) ソ ファ ミ レ ド シ ラ


で、どの短音階を使うのよ?


以上は短音階の解説である。短調は短音階が用いられていることが絶対条件であるが、何的短音階を使うべしといった決まりはい。民族調にしたければ素自然的短音階の割合が高まるだろうし、センチエモふいんきにしたいなら導音が効果的な旋的短音階を多く用いるかもしれない (個人の感想です) 。一曲をひとつの短音階にしぼる必要もいので、曲中で自然的短音階をつかったり旋的短音階に切り替えたりと効果的に「持ち替え」している曲もある。

また、「和的」「旋的」とあるが、決して和 (コードとか) で旋的短音階の音をつかってはいけないなんてことはい。むしろ楽曲を効果的にするためにコード構成音に旋的短音階を用いることはよくある。


■sm6240578[ニコ動]

上掲作品の1番のサビ (歌詞晴れの日もの時も」) の部分は「時も」で一時的に短調に転調している。和的短音階の音でコードをつくるならGm7-5→C7(9)Fmとなるが、実際の曲中のコードGm7→C7(9)Fmと旋的短音階の音を使っている。あえて旋的短音階とすることで魅的なツーファイブ (該当記事参照) になっているのみならず、2番サビにおいてコーラスが入る際、旋的短音階で歌っている部分のコード自然に調和するようになっている。


関連動画


■sm21966564[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/05/19 08:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ