ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


石川県


ヨミ: イシカワケン
掲示板をミル!
125カキコ!
石川県
面積 4,185.55Km2
県庁所在地 金沢市
県の クロユリ
県の木 アテ
県の イヌワシ
隣接都道府県 富山県
福井県
岐阜県
地方区分 中部地方
北陸地方
北信越地方

石川県は、日本国中部地方に属し、北陸地方に属する県の1つである。
石川県

概要

本州のほぼ中央に位置し、日本海に面する。能登半島能登地方、内陸部を加賀地方として大きく2つの地方からなる。

人口はおよそ117万人で、金沢市県庁所在地とする。県内には輪島塗、九焼、加賀など有名な伝統工芸が多数存在する。

地方で言えば中部ないし北陸、または北信越(北陸+信越の呼び名)、東西で言えば西日本電気60Hz高速道路NEXCO中日本JR西日本旅客鉄道である。

江戸時代旧国名で言えば、加賀能登に相当。

金沢県石川市の憂鬱

太平洋ベルトに属する大都市などのいずれにも接しておらず、地理的に孤立しているため、北陸地方の県は基本的にどれも各種産業が較的バランスよく発達している。
しかし反面、石川県は伝統工芸を除きこれといった特色を持たないため、知名度の高い金沢市に対して石川県の印が薄く、金沢なら知っているけど」という人が大量に存在する原因となっている。

そのため、名古屋県などはネタとして見ている人が多いが、本気で金沢県だと思ってる人が多いとか。

ちなみにwikipediaで「金沢県」と検索すると「石川県」に転送される。

なお、愛知県も石川県も名前のルーツをたどれば、中心都市である名古屋金沢がもともと「愛知」や「石川」というに所属していたことにちなんでいる。愛知石川はその後、属する町村の制施行や他への吸収で規模を縮小しながら21世紀まで細々と生き延びた。が、石川に関しては最後まで残った野々市町2011年野々市市として制施行したため、その1200年近い歴史に終止符を打っている(愛知の方は、2012年長久手市発足により東郷町の1町のみが属するとしてまだ存在している)。

石川県成立までの歴史

一応、本当に「金沢県」が存在していた時期がある。
そして、両隣の県とくっついたり離れたりしながら現在の県域が確定した歴史がある。

石川県の市町村

加賀地方

金沢市 約45万7000人

金沢市

石川県庁所在地。最大の都市
百万石の大大名前田利家(死後は、利常、利長と続く)のお膝元として発展したで、兼六園や金沢、東などが今も現存しており、下町としての情と文化を色濃く残す。
数ある大名の中でも特に大勢の武士とお供を引き連れて利が参勤交代をした絵図は、歴史の教科書に出てくるくらいあまりにも著名である。また、南西部の端っこには、「花咲くいろは」の聖地で一躍注された湯涌温泉がある。

白山市 約11万2000人

白山市

平成の大合併でと、(当時の)野々市町を除く石川の町村が合併して誕生した。石川県で面積が一番大きい。内に本社を置く大手スクリーンメーカーEIZOがある。白山ろく地域には加賀一宮白山神社本山白山比咩神社、パラグライダースポットで知られる獅子吼高原紅葉花見スポットで知られる白山白川郷ホワイトロードがある。

小松市 約10万9000人

小松市

加賀地方で第2の都市で、平成の大合併以前からある
県内最大の利用者数を持つ小松空港があるほか、小松製作所の発祥の地でもある(現在は本社機東京に移っている)。
歌舞伎などが有名。その歌舞伎舞台にもなった安宅の関、松尾芭蕉が「の細」の程内で訪れた那寺もある。5月中旬には「おまつり」でにぎわう。また、温泉は、和倉や加賀温泉郷、北、湯涌などと並べて石川を代表する温泉地。

加賀市 約7万6000人

加賀市

有名な加賀温泉郷がある都市江戸時代には大聖として栄えた。また同じくして江戸時代松尾芭蕉の細山中温泉を訪れている。ちなみに、加賀というのはなく、代わりにあるのは「加賀温泉駅」。柴山潟は、一部ラムサール条約登録湿地になっている。

能美市 約5万人

能美市

平成の大合併で、川北町以外の旧能美を中心に合併してできた都市。旧寺井町地区では、九焼が有名で石川県で使われているほとんどの陶器皿は九焼とも言われている。5月ゴールデンウィーク頃には、能美市地の大通りの一を封鎖して、「九まつり」という九焼の即売祭りが行われる。(九焼版コミケと思えば分かりやすい。)
また、旧口町地区では、近年金沢の卯山から移転してきたいしかわ動物園があり、その隣には口丘陵公園がある。北部には県内にある一の遊園地、手取フィッシュランドがある。
松井秀喜の出身地であり、松井秀喜ベースボールミュージアムがある。 

野々市市 約5万3000人

野々市市

金沢市に隣接する面積・人口共に小さいが、金沢市ベッドタウンとして非常に発展しており、商業施設が多く存在する。また、理工学化学の名門、金沢工業大学があるため、学生の数が多いでもある。

2012年には住みやすいランキング2位となった。やったね。
以前は石川野々市町であり、日本で2番に人口の多い町であったが、2011年11月制へと移行し、現在の冗談みたいな名前へと変わった。ちなみに「ののいちし」と読む。 

ちなみに、平成の大合併ではかなり荒れており、金沢市野々市市と合併して政令指定都市す動きがあった。促進委員会も作られたが、行線に終わり断念となった。この時に、石川県出身で元首相のあの人は、「弱い町村長の気持ちが分かってない」と発言し、地元で物議を醸したことで知られている。


かほく市 約3万5000人


能登の玄関口半島の付け根にある都市名は旧名のひらがな表記。平成の大合併で、高松町、ノ気町、七塚町が合併してできた。石川県立看護大学がある。
南端には、国道8号国道159号バイパス道路であるいわゆる津幡バイパスと、沿いの「のと里山海道」が合流するジャンクションがある。それに隣接するように、北陸最大規模のショッピングセンターイオン)があり、能登からの客でにぎわっている(このイオン映画館が、県内の映画館としては最北端であるため、能登人間映画を見ようとすると必然ここに来ることになる)。

能美郡川北町 約6000人

川北町

手取の北にあるから北。昔から手取がよく氾濫していたため典的な集落が形成されている。

8月頃にはまつり大花火北大会が開催され、手取沿いにゾロゾロ路駐して鑑賞する見物客がいる。


河北郡津幡町 約3万6000人


津幡町

富山方面、能登方面への玄関口にあたる町。国道8号北陸幹線道路)と国道159号能登地方幹線道路)がぶつかるほか、JR七尾線JR北陸本線の合流地点にも当たる、交通の要衝。
のショッピングセンターホームセンターが多くあるほか、火を用いた壮絶な戦が繰り広げられた伽羅や、北陸随一の心霊スポットとして有名なトンネルがある。
県民的には、「つ~、ばたばたたばた~」という変な歌を用いたCMで有名なドコモショップ津幡店がある町として知られる。


河北郡内灘町 約2万6000人


内灘町

金沢市から北へ向かうとある町。大部分が河北潟の干拓地。に面している。金沢港がすぐ近くにある。
北陸鉄道浅野線の終点のと里山海道始点だったりする。
日本史を習った人にとっては、いわゆる「内闘争」の舞台といえばわかるかもしれない。
側には広い砂があり、県内最大の海水浴場となっていて、観光客でにぎわう。 

能登地方

七尾市 約8万1000人

七尾市

能登地方で第一の都市歴史的には、実は金沢よりも先に発展した。かつては畠山氏の下町で、七尾現在は建造物は存在せず)は、上杉謙信にも散々手を焼かせた難攻不落のとして有名であった。
JR七尾線の終着地点で、のと鉄道の始発。県内最大の人気を持つ和倉温泉がある。湯涌温泉とはかなり離れているが、実はこちらも(和倉結名の名前にあるとおり)、「花咲くいろは」のモデルとなっている。
その他、能登島大からいける能登には、県内一の水族館である「のとじま水族館」がある。全的にはあまり有名ではないが、ジンベエザメを飼育していたり、イルカの人工尾ひれの装着やらで世界的な業績を持っていたりする。
国道160号からは富山県氷見方面へ行くことが可

輪島市 約3万5000人

能登の北部に面した都市。伝統工芸漆器・輪島塗と、で知られる。ちなみに、石川一の有人である舳倉輪島に属する。さらに、の七ッ輪島に属する。
袖ヶ海水浴場は、内海水浴場と並んで県内でも最も人気のある海水浴場である。 

羽咋郡志賀町 約2万6000人

北陸電力所管の志賀原子力発電所を抱える町。現在は、地下に活断層があるという報告が出たおかげで、この発電所については喧々囂々の騒ぎとなっている。

羽咋市 約2万5000人


次へ»
最終更新日: 16/10/22 22:47
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ