ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


砂の十字架


ヨミ: スナノジュウジカ
掲示板をミル!
2カキコ!

ライリー...ライリー...ライリー...リラー...

砂の十字架とは、やしきたかじんの悩めるシングルである。


概要


1981年2月21日リリースされた、やしきたかじん7枚シングル
作詞作曲谷村新司が担当、編曲青木望が担当した。
劇場用アニメ映画機動戦士ガンダム(第1作)』の題歌で、当時13万枚を売り上げる大ヒットとなった。
B面(カップリング)は『スターチルドレン』となっている(作詞井荻麟富野由悠季)/作曲やしきたかじん)。

というように、一般的にこの曲は、ガンダムファンの間では言わずと知れた名曲として知られている。
しかしその一方で、この曲を歌った本人は生涯この曲に対して複雑な胸中を吐露していることもまた有名である。


「これがまたワケの分からん歌やねん…。」


この曲はもともと、ガンダムの総監督富野喜幸(現・富野由悠季)が谷村新司作曲と歌唱すべてを含めオファーしたものだった。しかし谷村は、契約の都合で曲の提供しかすることが出来なかった。
そこであてがわれたのが、当時ヒット曲もく伸び悩んでいた、キングレコードやしきたかじんだった。鳴かず飛ばずのたかじんに何とか新曲のオファーをあげて欲しいという、ディレクターの懇願あっての起用だったという。

しかし、たかじんこの曲の歌詞(特に「ライリー ライリー」の部分)をどうしても理解することができなかったという。加えてジャケットにはアムロ・レイイラストのみが描かれ、自身の写真が掲載されなかったことも彼のプライドを傷つけたという。背には代えられない中での仕事だったとはいえ、彼の中で大きな蟠りの残る曲となった。

だが皮にも、たかじんはこの曲を皮切りに広く知られることとなり、後々ヒット曲を連発する売れっ子となるのだった。しかし、同時にこの曲を振り返ることは以後ほとんどなく、話題に上がればもれなく不機嫌になっていたといい、遂には人生最大の汚点」とまで言い放ったと言われている。
またそれ以外にも、「レコーディングの際富野から、立場の低い自分に対して侮辱的な言動を受けた」といった逸話もあるが相は定かではない(ただもともと谷村に依頼した楽曲だっただけに、たかじんの起用に必ずしも歓迎的でない人間が現場にいた可性は排除できない)。


もっとも、亡くなる数年前には周囲との対話から『ガンダム』というアニメの当時の世間の人気や見識を知り、起用されたことに理解を示す(そもそも彼はアニメ興味がなく『ガンダム』そのものが嫌いという訳ではない)発言や、売れたことに対して認めたりする発言も見られるようになっていた。
しかし、それでもこの曲の歌詞ジャケットの内容に関しては、最期まで特に肯定的な理解を示すことはなかった。

生前の中でも較的新しい発言の例としては、かつて関西テレビで放送されていた自身の番組「ムハハnoたかじん2009年1月30日放送分が挙げられる。
この回は作詞した谷村新司ゲストとして登場し、その中で番組の終盤この『砂の十字架』に言及している。のだが…

というように、認められない苦悩の一方、理解を示す発言も随所に見られる。
もっとも、谷村はこのトークの間、随所で複雑そうな苦笑いを浮かべていたというオチつきなのだが…


関連動画



■sm8168563[ニコ動]

■sm7713387[ニコ動]


関連商品


■azB000J10CI0
■azB00005F8NN

商品を見て分かるとおり、やしかたかじんジャケットを飾っていない。


関連項目



最終更新日: 17/10/26 02:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ