ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


磁気定数


ヨミ: ジキテイスウ

磁気定数または真空の透磁率とは、電磁気の単位系(SI)で使われる定数である。電流の大きさと、電流間に働く磁気的なの大きさの関係を与える。記号μ0で表される。


概要


二つの電流の間には電流の大きさに例したが働く。例えば、真空中で距離r離れて行におかれた二つの導線にそれぞれI1, I2の電流が流れているとすると、導線の単位長さ当たりに働くΔFは次のようになる。

ΔF = μ0I1I2/2πr

二つの電流の向きが同じなら引力、逆向きなら斥が働く。この式の例係数μ0が磁気定数である。

かつて、この関係は電流の単位の定義に使われていた。二つの電流の大きさが等しく、距離が1mのときに、1mあたり2×10−7N(ニュートン)のが働くような電流の大きさが1A(アンペア)の定義。磁気定数はこの定義によって厳密に次の値を持っていた。

μ0 = 4π × 10−7 N/A2

しかし、2019年5月20日より、電流アンペアの単位が、電気素量e=1.602176634×10-19Cをもとにしたものに訂されたため、μ0の値は誤差を含むものになった。


関連項目



最終更新日: 19/06/03 23:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ