ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福井県


ヨミ: フクイケン
掲示板をミル!
380カキコ!

福井県地図デザイン


美しく、たくましく。
真ん中よりちょっと左上くらいにあります!

福井県とは、日本海や若狭湾に面した県。北陸地方に属し・・・

え、知らない?

福井県
県旗 [画像を見る]
人口 799,127人(平成24年10月、推計人口)
県庁所在地 福井市
県知事 杉本達治
県最高峰 二ノ峰(1,692m)
県の 水仙
県の木
県の ぐみ
県の 越前がに
ふるさとの日 2月7日
公式サイト http://www.pref.fukui.lg.jp/[外部]

概要

福井県は大自然、豊かなと山の幸、由緒ある歴史・伝統・文化、そして世界に羽ばたく地場産業と農産業に恵まれた今後に期待できるすばらしい県(公式サイト要約)。

嶺南地方(旧若狭敦賀市)と嶺北地方敦賀市を除く旧越前)は仲が悪いというか、関わりが非常に薄い。そのため、二つの地方地方自治法上は同一の県とされているものの、地域間交流や文化、経済の上では全く別の県とも言えるような状況にある。歴史上においても、二つの県を旧若狭の住民の反対を押し切って合併させている。

山陰や北関東勢とともに都道府県知名度最下位グループで福井県出身だと言うと東北九州出身と間違えられることがしばしば。コシヒカリ発祥の地だとか眼鏡フレーム生産日本一などの「知る人ぞ知る」という地場産業ネタなら他県並にあるが、隣県にべて決定打に値するもの(観光に耐えうる手なもの)がほとんどいから知名度が低い・・・らしい。県知事も地味さは自認していて地方活性化のためにふるさと納税を発案したのは西川福井県知事である。

歴史的には貿易港や穀倉地帯としてそれなりに重視された地域なのだが、それゆえに中央の有者に与えられる土地という位置づけになってしまい土着の有者があまり育たず地味な印を受ける。戦国時代には朝倉氏が越前を地盤に勢を持ったが最終的に織田信長に滅ぼされているし、朝倉氏の発祥地は但兵庫県)である。(発祥地を言うなら織田氏が越前発祥ではある)

嶺北と嶺南

福井県内の地域区分に嶺北と嶺南と言う区分がある。全向けに福井県北部・福井県南部と表現されることもあるが形状的に福井県北東部・福井県南西部と言った方がより分かりやすいだろう。越前と若狭と言えばまだわかりやすいかと思うが敦賀市は嶺南地方だが越前なので正確には同一ではない。と言うか旧若狭+す名称として明治に定着したのが嶺南・嶺北と言う区分である。明治以前に越前と若狭が統一的な統治を受けたことがかったのだ。

嶺北は石川、嶺南は滋賀京都方面との結びつきがかなり強く、各々の地域の人間が県外へ遊びに行くとなれば、嶺北人は石川へ、嶺南人は滋賀京都へ、という具合になる。また、在福マスコミで嶺南地方を取り上げることが少ないほか、県全域でケーブルテレビが広く普及していて(特に嶺南)、嶺北では北陸放送北陸朝日放送など石川テレビ局電波が、嶺南ではびわ湖放送を中心とした関西圏のテレビ局電波が再送信されており、二つの地方では見るテレビ局まで差異が生じている。また電会社の区分も賀から東(旧越前の範囲)は北陸電力美浜町から西(旧若狭の範囲)は関西電力の営業エリアとなっていた。若狭湾に多数立地する原子力発電所も美浜町以西は関西電力原発日本原電の所有となっているので実は北陸電力原発は福井県内にはく、むしろ関西の電供給を支えているという自負がある。これらのせいもあって嶺南の人々は北陸福井市域への帰属意識および交流が皆無に近く、もっぱら「近畿」「関西」への帰属意識が高い。

そのため、道州制が施行されて福井県が北陸中部)に組み込まれようものなら、嶺南は分離して近畿とくっつくとまで言われている。このこともあって福井県知事は道州制に反対している。嶺北人は関西弁の影を強く受けた嶺南人の言葉を「なまっている」ととらえ、逆に嶺南人はまるで東北弁のような崩壊アクセントの嶺北人の言葉を「なまっている」ととらえる人が多く、県民レベルで隔絶性を感じているんだから仕方ないね


木ノ芽峠


嶺北・嶺南の「嶺」とは界にある「木嶺」とも呼ばれた「木ノ芽」のことで昔ながらの交通の難所である。木ノ芽は標高が高いわけではないが一帯は地がほとんどい山塊であるため回するルートそれなりに険しく、路を使っても九頭竜河口の三(現坂井市)まで沿いに山地が続くためやはり往来の困難が伴った。特ににはが積もりは時化るのでより一層往来の困難が増した。この往来の障から人や物の交流が阻まれ文化的断層が生まれた。

例えば木ノ芽方言が大きく変わる。賀を中心としたエリア近江弁、嶺南の西が京都や山陰の方言の影を受けた関西弁を基礎とした方言であるのに対し、嶺北は東北弁のように聞こえるアクセント方言である。

近代以降は鉄道自動車道路が整備されていくが国道8号線や旧北陸本線は木ノ芽を避けて沿いに大きく回している。この旧北陸本線回したとはいえ、いくつもスイッチバックトンネルが存在する難所だった。現在では自動車道路に転用されていて今も残るレンガ造りのトンネル群が登録有形文化財に登録されている。

この往来の問題は木ノ芽の直下を通過する1962年北陸本線北陸トンネル開通によってようやく解消される。この北陸トンネル在来線の陸地トンネルとしては現在も最長ということからもかつての往来の困難さがうかがえる。

自動車道路明治に入った期から整備がなされ、賀湾東-武生間に数多のトンネル穿ち、明治19年に全長44kmのを開削。その後時代に合わせていくつかの経路付け替え等はあったものの、100年以上経過した今もこのルート国道8号線として利用されている。しかしながら実用に耐え、なおかつ最短距離で嶺北に抜ける道路は長らくこのルートしかなく、北陸自動車道トンネル1977年に供用されるまでこの状況が続いた。そのせいで、平成に入ってから発生した北陸自動車道国道8号線が機不全に陥ったさいは南北の物流が文字通りストップし、新聞でさえも岐阜経由で大回りして1日遅れで嶺南へ運ばれるありさまであった。2004年に木の芽トンネルが開通したことで、ようやくルートが確保されたのだった。

福井県のここが凄い!

よく使う福井弁

なお、一般的な「福井弁」とは福井市周辺で使われているアクセントのものであり、嶺南では一部のおじいちゃんおばあちゃんを除きほとんど使われていない。


■sm3170938[ニコ動]

福井の名産品


全般



[画像を見る]伝統工芸品



次へ»
最終更新日: 19/09/19 19:33
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ