ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福山市


ヨミ: フクヤマシ
掲示板をミル!
137カキコ!

福山市(ふくやまし)とは、広島県にある中核である。

概要

広島県南東部で岡山県との県瀬戸内に面する広島県第2の都市であり、備後地方の中心都市
人口は約46万人と中国地方第4位の規模であり、福山都市圏では70万人をえる人口を抱えている。
古くから、福山下町や瀬戸内の重要港として発展しており、交通の要所であり、
特に万葉集にも詠まれる鞆のは今では観光地として人気
戦後になると、日本鋼管(現JFEチール)製鉄所の誘致に成功し企業下町として発展し、福山襲の焼け野原から復を果たす。
広島市岡山市といった周囲の都市に古くから依存せず、独自の文化圏を形成し
県庁所在地でないにも関わらず、その都市圏規模から、一部では県庁所在地並の扱いを受けている。また、新幹線の停もあり、福山駅では福塩線高速バスのターミナルにもなっている。

将来くるかもしれない道州制で、密かに中国州の州都を狙っている。

しかし何よりの特徴は、その都市規模に知名度が格段に低いことにある。

詳細はWikipediaなどを参照されたし

地域性

まずはじめに言っておかねばならないのが、福山市と広島市は全くの別物ということだ。
ここでは、広島市との違いに軸を置きながら、福山市の地域性を見ていきたいと思う。

① 広島弁を喋らない
広島県全員広島弁を喋っているわけではない。
福山市は備後弁(福山弁)と呼ばれる全く別の方言を持っている。
したがって、広島県民ながら広島市民との意思疎通に一部困難を伴う。
そんな不思議な地域性を持っている理由は、広島市との距離にある。
高速に乗っても約100kmを隔てる広島市とは、そもそも繋がりが薄い。

反面、岡山県との繋がりは盛んで(実際、一時期は岡山県だった)、備後弁には岡山の性質が現れている。
加えて、備後弁は意外なことに名古屋弁と類似点が多い。
これは、福山を治めていた水野勝成徳川家康従兄弟であり、三河との交流が深かったことに由来する。
現在でも、愛知県岡崎市とは姉妹都市提携を結んでおり、交流は続いている。)
つまり、備後弁は「広島弁岡山弁、三河弁を足して3で割った感じ」となんとなく理解していただければありがたい。

② 広島お好み焼きにそこまで執着しない
失礼を承知で、福山はこれといった有名店がい。府中市が近いから「府中焼き」を食べに行ったりする。
広島市内にべれば、関西の店も受け入れられている。ただし、「広島焼き」には違和感を感じる。

③ カープファンでなくても怒られない
巨人ファン阪神ファンもいます。
観戦に行くにも福山から広島市球場まではアクセスが悪く地味に時間がかかり、福山での試合も滅多にいため広島市民にべてあまりカープ染みがい。

④ 福山田舎だと思っている
知名度が低く、これといった特産品もないので全規模のマスコミはもちろん広島ローカル番組でもまったく相手にされないので、たいていの福山市民は福山田舎だと思っている。
が、都市圏70万人規模の地域は日本にそれほど多くあるはずもなく、
他県へ引っ越して初めて「福山って意外と都会だったのか」と気付く人もしばしばいる。
実は、47都道府県県庁所在地を人口の多い順にランキングにし、そこに福山市を仮に入れると、上から数えたほうがい順位になる。

⑤ おおらかで堅実
福山は、瀬戸内の中心にあるため、気は温暖であり、一年を通して晴れの日が多い。
また、台風被害がそこまで深刻なわけでもなく、地震もまったくといっていいほどない、大に関しては論外である。
気象庁データを基に東京福山較すると、年間日照時間が200~300時間程度長く、年間降量は300500ミリほど少ない)
穏やかな気と、様々な地域との交流を基として生まれたのが、福山市民の市民性である。

⑥ 岡山県に近いことによる特権
岡山県に隣接する福山市は、何かと岡山県からの影が受けやすい。
JR西日本岡山支社の管轄内だったり、ドラッグストアZAGZAGが進出したりといったことだ。
その他、いろいろと企業などから岡山県の一部のような扱いを受けたりしている場合がある。
特筆すべきは、福山市内一部の地域でアンテナ岡山県へと向けると「テレビせとうち」(テレビ東京系列)が受信できることだろう。
テレビ東京系の局の開設を願ってやまない広島市民にとって、おそらく最も福山市が妬ましく思える要素だろう。

自動車社会
前述したとおり、福山市の周囲約60kmには大きな都市が存在しない。
よって、電車に乗り隣町まで出かける発想は持ち合わせておらず、同時にそういった都市構造にもなっていない。
福山駅の中心に位置し、のぞみが停する重要なだが、市民の利用頻度はそこまで高いものではない。
なぜならば、近場への移動手段としての在来線は先の理由から少なく、広島市岡山市に行こうにも、距離が中途半端で在来線だと時間がかかりすぎ、かといって新幹線でもこの距離だとコストパフォーマンスが悪いので、「なら高速乗ってで行こう」という考えに行き着く。
よって、福山市民は鉄道東京大阪方面まで行く時ぐらいしか利用をせず前も寂れてしまっている。
日常的に在来線を利用している福山市民は、を所持しない郊外からの買い物客か、私立学校の生徒くらいであろう。それほど福山市にはを持っていない人がいない。)
路線バスはというと、中国バス、鞆バス等が内どこでも走っているおかげで、山陽本線福塩線(福山市内の在来線)の沿線以外の地域で需要がある。
鉄道の走っていない南部(鞆・沼方面、川口・新涯方面)では、路線バスはその地位を確立していると言える。
が、路線バスは基本的に「福山駅とどこか」という形で運行されており、「福山駅以外のどこかとどこか」という運行はされていないため、日常的な移動の足としてはやはり欠点がある。
(一回福山駅バス乗り換えるくらいなら自転車の方が的地に着くのがいという場合も少なからずある。)
このように福山市はがなければ生活し辛く、また、があれば生活するのに都合がよくできている。
その理由は自動車社会であることと同時に満たされた駐車場の充実度やの広さ・運転しやすさではなかろうか。
福山市は下町であり、古くからの町並みのおかげでが細く、やたら交差点が多いというイメージが浮かぶが、実際は広いが多い。(渋滞するエリア(ほぼ国道2号線のこと)はあるが、時間帯は決まっているし、抜けもある。)
なぜ下町ながらそこまでの道路の利便性を確保できたかというと、皮なことに、福山襲が大きく関わっている。
第2次大戦末期、疲弊した日本にとどめをささんと戦略爆撃を繰り返していた米国、その標的の一つとして陸軍の部や施設、航空隊の基地のあった福山市が選ばれた。
1945年8月8日福山の静かなB-29数の焼夷弾による差別爆撃によって火炎地獄と化した。
これにより死傷者1000人以上の被害を受け、福山駅福山守閣などを含むの実に8割以上を焼失した。
そう、福山市のが走りやすいのは、一度すべて瓦礫の山になり、それから再度復を遂げたなのだ。
福山市は、ほかの下町とべて走りやすい。そして、にかわる交通手段がなく、商業施設や娯楽施設もでの客を前提に前にとらわれず店舗を構える。
このような、の必要性と利便性との循環で、福山市の社会はさらに強くなっているのである。

知名度の低さ

福山市の知名度の低さは、人口や都市規模にべると全でも群を抜いて低い。
では長い間、知名度に対しては全くと言っていいほど関心を持っていなかったが、
07年度からその重要性に気付き、PRに本を入れ始めたという。(ソース08年5月3日山陽新聞記事[外部]

が、本を入れ始めたのかどうかは市民から見るとかなり怪しい。一応、福山市で一番の観光瀬戸内国立公園に含まれ、『崖の上のポニョ』の舞台として知られる鞆のである。

なお、くだんの鞆のモデルになった際もまともなたいていの自治体なら、「自分たちの町がジブリ映画舞台となった」と、ここぞとばかりに底的にPRするところを、福山市は麗なスルーを見せたたため、PR計画そのものの有自体に懐疑のがあがるのも理はあるまい。

なお、鞆の世界遺産の品定めをしているイコモスからもお付きをもらったことがあるが、市長どころか住民の大半も「余所者は聞く持ちません」とばかり全く相手にしていなかったほどである。結局、観問題はトンネル通すことで落ち着いた(人口が減して、いまさらを架けても…って事情もあるらしいが)が、今度はイコモスも「今となっては特異性に乏しい」と別の注文を付けられている模様。

福山といえば」と思いつく名産品が少ないのも知名度の原因といえる
実際名産品は結構あるのだが、保命、慈(くわい)、下駄、琴、表具、絣など渋すぎるラインナップの為
旅行帰りに気軽に買える福山土産といえるものはほとんどい。他にバラの町としてもPRしているようだが、食えない代物に旅行客は興味がないので訴求力がない。

また、プロスポーツチームが存在しないこと(特に後述するJリーグは地域一部リーグにも名を出さない)、著名な祭りがないこと、歴史的にでも知っているような有名人がほとんどいないこと、また、地名が出るような有名な事件も起きていなかった(まあ、これはいいことだが)なども知名度が低い理由。

ちなみに、福山市民のほとんどは既に知名度を諦めているようなので、自己紹介のときに二度手間になったり誤解を生んだり(※1)することにもう慣れてしまったと思われる。

なお、福山通運という企業はその名の通り、福山市が本社。また有名な紳士服チェーン、洋青山も本社は福山にあり、他にも造船、アパレル、小売など特徴的な企業が多い。それ以上に福山市経済を支えているのはJFEチールWEST福山製鉄所)で、年間粗鋼生産量1300万トンという、内最大の製鉄である(横浜にあるEASTの3倍)。つまり、大企業法人税などで政がある程度潤沢なため、いちいち県外にアピールする必要がないのも、知名度が低い理由の一つといえる。

ここで、福山市の人口の知名度の低さを再確認するため、全の同規模の都市較。 

福山市 46万人
横須賀市 42万人
富山市 42万人
金沢市 46万人
岐阜市 41万人
豊田市 42万人
高松市 42万人
長崎市 45万人
大分市 47万人
宮崎市 40万人

さらに、中国地方の有名な都市とも較。 

福山市 46万人
倉敷市 47万人
尾道市 15万人
呉市 24万人
下関市 28万人
宇部市 17万人
出雲市 14万人
米子市 15万人
広島市 117万人
岡山市 70万人

(※1)「出身どこ?」「福山です」「え、何県?」「広島です」「ああ、広島弁しゃべるんだ」「しゃべりません」「え?(ry

福山市の一年

よくある福山市の一年をごとに並べてみました。
多少の誇・脚色や偏見を含む可性があるので注意。

1月
元日には、初詣に行きます。行き先はやたら朱色稲荷神社が例年のトップです。
広島県下では厳島神社訂正:広島神社の模様に続く2位初詣客数を記録しているとか)
芦田河川敷初詣専用の駐車場となります。三が日はやたら混みます。
御節料理に欠かせない慈は福山市の名産ですが、市民はたいてい知りません。いつ芽が出ることやら。
年始のドタバタが終わると、お次は河川敷消防の出初式や”とんど”が行われます。
しかし、たいていの市民は見に行きません。
初売りや福袋を買いに行くならば、満屋やポートプラザ(イトーヨーカドーハピタウンフジグランへと足を運ぶ人が多いようです。
新幹線は、のぞみが特に混雑します。定席の予約はおめに。
福山ではローズアリーナと言う会場で成人式が開催され賑わいます。
同じころに、大学入試センター試験も行われますが、
高校によって受験会場が数十キロも福山から離れた場所になったりするのは不思議ですね。
ちなみに、が降る年なら降り始めるのはくても1月になってからです。
一般的に晴れ燥した日が続きます。

2月
だいたい1年で一番寒くなるです。
といっても、最高気温は低くても5℃程度なので、山間地域や北日本の人々からすればかわいいものです。
最高気温が0℃ならば、異常レベルで扱われます。
1月と同じく燥しており、はめったに降りません。
2月が降らなかったら、その年度はが一度もないまま終わると思われます。
そのため、ひどい年にはにも関わらず不足に陥ります。
しかし、それは多くの瀬戸内地域の不足と同じように、自然にいつのまにか解決しています。
ちなみに、福山でウインタースポーツといえばメモリアルパークアイススケートくらいしかありません。
福山2月は特記すべきイベントはありませんが、くもへ向けての準備が行われます。
つぼみがほころんでくるのもこのあたりでしょうか。


次へ»
最終更新日: 18/11/22 08:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ