ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福永洋一


ヨミ: フクナガヨウイチ
掲示板をミル!
3カキコ!

福永洋一とは、JRA(日本中央競馬会)に所属していた元騎手である。

天才」と称えられ一世をしながら、事故により僅か11年で引退を余儀なくされた悲運の名騎手。


来歴


1948年、高知県出身。戦後極貧に陥った福永に生まれた洋一は、の放蕩生活に呆れたが失踪したために育てられた。その高知競馬の騎手と結婚、3人のも騎手になったことが影し、洋一も騎手を志望。1964年15期生として騎手のに入る。

この15期生、洋一の他に、武豊に抜かれるまでJRA最多勝利記録を保持した岡部幸雄、GⅠ級競走15勝を挙げた柴田政人八大競走2勝の伊藤正徳が顔をえ、後に「の15期生」と称される世代であった。福永はどちらかといえば天才であったという。

3年の騎手課程と1年の浪人を経て、1968年に名門武田厩舎の所属騎手としてデビュー。1年から14勝を挙げ関西新人賞を受賞。しかし荒っぽい騎乗が立ち、2年には負担重量が不足したことで3ヶの騎乗停止を食らい、さらに師匠の武文に追加で1ヶの騎乗自粛を言い渡されてしまう。しかし、この間や自粛明けに学ぶことが多かったらしく、この年45勝を挙げ全11位という大戦果をあげる事となる。

翌3年に初のリーディング騎手となると、以降9年連続でリーディングを獲得するという快進撃。1977年には野二の記録を塗り替え当時最多の126勝、さらに翌年には131勝を挙げた。この間に八大競走で6勝を挙げている。

しかし1979年3月4日毎日杯での騎乗中に前を走っていたの落に巻き込まれて洋一も落。深刻な挫傷で重度の後遺症が残り、決死のリハビリのおかげで1984年にはに乗れるまでに回復を果たしたものの、騎手ライセンス更新には間に合わずこの事故を最後に騎手を引退余りにも突然にターフを去ることになってしまった。

2004年に顕騎手として殿堂入り。なお、この時の選考基準は「通算勝利度数がおおむね1000」というやけに引っかかる条件になっていた。(調教師は1000勝以上と明確、ただし2016年橋口次郎、元・調教師が991勝で調教師として殿堂入りしている)

これは洋一が983勝とわずかに1000勝にとどかず、しかし、洋一ほどの騎手を顕しないのはありえないということで、特別に洋一が用意されたものと見られている。


特徴


逃げで追い込んだり、追い込みで逃げ切ったりと常人には考えつかないような騎乗で勝利を重ねた。そのような騎乗の代表格に、差しニホンピロムーテーを中間地点で先頭に立たせ押し切った1971年菊花賞、直線で内埒沿いの恐ろしく狭いスペースを突破し他の騎手に「ラチの上を走ってきたのかと思った」と言わしめた1977年皐月賞(勝利ハードバージ)がある。

自然美しいフォーム、類まれな判断競馬にまつわる膨大な知識等、洋一の才は多くの関係者がり継いでいるが、総じて言われるのは「そのような言葉では説明できない何か特異なを持っていた」ということである。

当時の競馬ファンの間でも洋一の信頼は別格で、如何にであろうと高率で2着、3着に入線するため、普通なら即消すような券でも騎手が洋一ならとりあえず買いとされるほどの影を持っていた。他にも、洋一が騎乗すると庸なでもたしかにその時は走するのであるが、まるで燃え尽きるように以降まるで走らなくなるなんてことも言われており、そういった神話性が福永洋一という騎手を特別な存在足らしめている。

主な競走実績

桜花賞(1977年インターグロリア1978年オヤマテスコ)

皐月賞(1977年ハードバージ)

天皇賞(1972年ヤマニンウエーブ・1976年エリモジョージ)

菊花賞(1971年ニホンピロムーテー)

上記の通り八大競走では6勝を挙げ、八大競走に準じる重賞では宝塚記念(勝利エリモジョージ)・エリザベス女王杯(勝利インターグロリア)・阪神3歳ステークス(勝利ヒデハヤテ)を勝利し、現在で言うG1級競走を9勝と言う戦果を挙げている。

ダービーの夢

上記の実績に東京優駿が含まれていない事からお察しの通り、洋一が最も欲していたダービーは未勝利1978年カンパーリでの3着がベストザルトとなってしまった。お世辞にも長いとは言えない11年の実働期間内でダービージョッキー称号を得るチャンスは少なくなかったものの、ヒデハヤテは脚部不安・ハードバージは騎乗を断りホリエンジェルに騎乗・カツラノハイセイコ騎乗での挑戦も落による再起不能で果たせずに終わった。

しかし、その夢は約40年を経て息子の手により果たされることになる。


福永洋一と福永祐一


洋一が落事故に遭った時、長男一は2歳。したがってリハビリをするの姿は見ていても、騎手としてのの姿は記憶になかった。しかしその一は近所に住んでいた8歳年上の武豊に憧れ、騎手学校入学1996年デビューを果たす。

の名前も手伝いデビュー時から非常に多くの注と期待を集め、1年から53勝を記録。武豊がいたこともありほど抜きんでた存在とはならなかったがトップジョッキーに成長し、史上初となる親子でのリーディングも達成。さらに2018年には一がダービー勝利し、洋一が果たせなかった夢をえた。

一は「は一生洋一の息子でいい」とっていたが、後に洋一の勝利記録をえて1000勝に到達した際には「これで福永祐一個人として歩み出せた」とコメントしており、騎手としてのが記憶になくても、一が父親背中を追いかけ続けていたことがうかがえる。

福永洋一記念

2009年には、洋一の故郷である高知競馬場で行われたトークショー内での一の一言がきっかけとなり、翌2010年高知競馬場地方重賞「福永洋一記念」が創設。賞等は高知競馬が出資、協賛や副賞などは一が提供した。そして、表式では洋一がプレゼンターとして事故以来31年ぶりにファンの前に登場し、高知競馬場は大歓に包まれた。第1回を終えた後、一は「の中のヒーロー親父だったんだと初めて思った」とコメントした。

第2回以降も徐々に賞が増額されるなど順調に継続されており、開催に合わせて様々な企画が行われる、高知競馬場の一大イベントに拡大。洋一も毎年のようにプレゼンターとして訪れているほか、2015年の第6回競走では一が初めて騎手として騎乗した(4着)。高知競馬は将来的に福永洋一記念を交流重賞にすることをしており、福永洋一の名前はこれからも永く刻まれていくことだろう。


関連動画



■sm25252154[ニコ動]

■sm28062501[ニコ動]


関連商品


福永洋一に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 18/11/18 18:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ