ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


福永祐一


ヨミ: フクナガユウイチ
掲示板をミル!
53カキコ!

福永祐一とは、JRA日本中央競馬会に所属する騎手である。


概要


は「天才」と称された元騎手の福永洋一で、デビュー当時から注されていた。

1996年3月2日中京競馬場デビュー、マルブツブレベストで初騎乗初勝利を飾っている。
競馬学校では和田竜二双子柴田大知・未崎兄弟女性の牧原由紀子(現・増沢由紀子)、細江純子といった面々らと同期である。

デビューした年は53勝でJRA最多勝利新人賞を獲得している。
翌年の11月キングヘイロー東京スポーツ杯3歳ステークス(現・2歳ステークス)を勝ちJRA重賞初制覇している。(地方競馬の重賞ではシルクフェニックスでエンプレス杯を勝っている)

1999年プリモディーネに騎乗し桜花賞勝利G1クラシックを初勝利している。
しかし翌週に落事故により腎臓を片方摘出する負傷を負っている。
復帰後の同年、朝日杯3歳ステークスを所属していた北厩舎のエイシンプレストンとのコンビ勝利し、後に香港海外G1を3勝している。

2005年シーザリオ日本オークスを制し、アメリカアメリカオークス勝利した。この勝利日本日本調教で初のアメリカでのG1勝利であった。

2012年6月2日にトゥザグローリーで鳴尾記念、6月3日にストロンリターン安田記念、同日にストローハットでユニコーンステークスを制し、同一週で重賞3勝を史上初の記録を達成している。
(土・日・の3日間だと戸崎圭太2018年に達成しているが、2日間になると一だけである)

G1ではレースの場合は短距離での活躍が多く、での中・長距離勝利日本ではなかったものの、2013年10月20日エピファネイア菊花賞を制し、でのクラシック・長距離G1を初勝利となった。
また翌週の10月27日ジャスタウェイ天皇賞(秋)を勝ち、古の中・長距離路線のG1も初勝利している。(海外では香港で中距離2000mのG1クイーンエリザベス2世カップを既に2度勝利していた)

2018年5月27日東京優駿(日本ダービー)ワグネリアン勝利キングヘイローに始まり数多くのに騎乗し19回の挑戦での制覇となった。福永洋一もなしえなかったダービージョッキーになった。

9月阪神競馬場ゴール入線後に落負傷で休養をした。その時の発表が頭蓋折、気症と周囲が心配する内容であったが、2週間後の船日本テレビ盃で復帰ケイティブレイブ勝利し、同じコンビJBCクラシック勝利した。

この時の怪折について、正確には側頭折だったとスポーツ雑誌「number」のインタビューで答え、めて心配かけて申し訳なかったとっている。


日本ダービー勝利まで


一が初めてダービーに挑戦したのは前出のとおりキングヘイローが初めてであった。 血統背景東京スポーツ杯3歳ステークス(現、2歳ステークス)を制し、東京コースにも合うと見込まれ、クラシック補になったが、弥生賞で3着、皐月賞で2着となり1998年日本ダービーでは14着と着外になった。

のちのインタビュー等で「緊しすぎで頭が真っ白になっていた」とっている。
この時に勝ったのはスペシャルウィーク武豊にとっての初の日本ダービー勝利となった。

2003年は前年に、朝日杯フューチュリティステークスを勝っていたエイシンチャンプ弥生賞を勝ち、皐月賞で3着のあと日本ダービーに挑むも着外であったが、この年はもう1頭別のでもチャンスはあった。

一で新戦、賞、きさらぎ賞と勝ったネオユニヴァースがいたのである。
エイシンチャンプネオユニヴァースは同じ瀬戸口厩舎で、どちらでクラシックに挑むのか注が集まったが一はでにG1朝日杯を勝っていたことから先約があり、瀬戸調教師と相談のうえでエイシンチャンプを選んでいた。
のちのインタビュー四位洋文エイシンチャンプを選んだ事を聞かれているが、そのことについては悔いはないと答えている。
一方のネオユニヴァースは当時短期免許で来日していたM.デムーロが、外国人ジョッキーとして始めて皐月賞日本ダービーを制する事となった。

2007年はテン乗り14番人気挑んだアササキングスで、直線の途中まで先頭だったものの2着になった。
この時先頭で駆け抜けたのはウオッカ64年ぶりにで勝つ記録であった。

2012年ワールドエースに騎乗し1番人気で挑んだものの4着となった。勝ったのはディープブリランテで騎乗していた岩田康誠は初勝利のみならず、前週のオークスは騎乗停止でジェンティルドンナに乗れなかった思いをらす形となった。

2013年ラジオNIKKEI杯2歳ステークスを勝っていて、皐月賞2着だったエピファネイアで挑んだものの、ゴール寸前にキズナに交わされて2着という結果に。
負傷で交代することになった佐藤哲三、引き継いで騎乗していた武豊自身も不調から復活への思いに屈する形となった。

このようにチャンスはあったものの頂点までは遠かったが、2018年についに掴むことになる。

前年に新、野路菊ステークス、東京スポーツ杯2歳ステークス勝利したワグネリアンである。
年が明けて弥生賞、皐月賞と負けるがこの日は違った。
キングヘイローの時は頭が真っ白になっておもわず逃げる形になったが、この日はしっかりした考えで5番手に付け残り100m付近で皐月賞エポカドーロを交わし先頭で駆け抜けた。

悲願の勝利平成最後のダービージョッキーという記録となり、デビューから騎乗し続け途中キングヘイローと同じように東京スポーツ杯も勝って、日本ダービーを制覇と当時の思いを払しょくするかのような形となったり、レース後のインタビューで「福永の悲願でした」と答えるように、様々な思いが重なった結果19度の挑戦での日本ダービー制覇と考えるのは筆者の考えすぎだろうか。


その他


日本騎手クラブ(騎手の組合)の副会長および関西の支部長を兼務し、さまざまな意見を出したり騎手とファンとの集いの企画等の活動をしている。
会長武豊、もう一人の副会長蛯名正義、相談役は柴田善臣関東の支部長横山典弘2013年現在)

2010年から高知競馬場で行われている「福永洋一記念」では一が協賛提供などを行っている。詳しい経緯は福永洋一の記事より。
また競馬ゲーム好きなようで、時間があれば実際の競馬レースの合間でもジョッキールームでプレイして周りから呆れるほどである。

実は一は地の免許と障免許と2つ取得してて毎回免許更新し続けている。とは言うもののデビューからこれまで一度も障レースに騎乗した事はかったりする。


G1/Jpn1勝ち鞍


中央G1 勝ち 動画
フェブラリーステークス メイショウボーラー(2005) sm3827878[動]
高松宮記念 サニングデール(2004)
ビッグアーサー(2016)
ミスターメロディ(2019)
sm4322951[動]
sm28510507[動]
sm34839493[動]
桜花賞 プリモディーネ(1999)
ラインクラフト(2005)
sm21498919[動]
sm3793289[動]
NHKマイルカップ ラインクラフト(2005) sm3584245[動]
優駿牝馬 ダイエルシエーロ(2004)
シーザリオ(2005)
ローブデコルテ(2007)
sm3926168[動]
sm7035145[動]
sm32143057[動]
東京優駿 ワグネリアン(2018) sm33273106[動]
安田記念 トロンリターン(2012)
インディチャンプ(2019)
sm17999901[動]
sm35209736[動]
秋華賞 ヴィブロス(2016) sm29846993[動]
菊花賞 エピファネイア(2013) sm22083141[動]
天皇賞(秋) ジャスタウェイ(2013) sm22130486[動]
エリザベス女王杯 フサイチパンドラ(2006) sm5227040[動]
阪神ジュベナイルフィリーズ ピースオブワールド(2002)
レーヴディソール(2010)
ジョワドヴィーヴル(2011)
sm5143694[動]
sm13810067[動]
sm20991055[動]
朝日杯フューチュリティステークス
(朝日杯3歳ステークス)
エイシンプレストン(1999)
エイシンチャンプ(2002)
サイチリシャール(2005)
sm2591179[動]
sm3887042[動]
sm2843815[動]
地方G1
川崎記念 ケイティブレイブ(2018) sm32667251[動]
帝王賞 ケイティブレイブ(2017) sm31502950[動]
マイルチャンピオンシップ南部杯 ベストウォーリア(2015) sm27356088[動]
JBCスプリント スターリングローズ(2002) sm5553399[動]
JBCクラシック ケイティブレイブ(2018) sm34124144[動]
海外G1
バイデューティーフリー ジャスタウェイ(2014) sm23209235[動]
クイーンエリザベス2世カップ エイシンプレストン(2002・2003) sm2635778[動](2002)
アメリカオークス招待ステークス シーザリオ(2005) sm6170749[動]
香港マイル エイシンプレストン(2001) sm6443500[動]

関連動画



■sm21498919[ニコ動]

■sm2635778[ニコ動]

■sm117145[ニコ動]
■sm22083141[ニコ動]

■sm23209235[ニコ動]
■sm33273106[ニコ動]

■sm33158007[ニコ動]
■sm13614940[ニコ動]


関連コミュニティ


■co374


関連項目



最終更新日: 19/06/02 17:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ