ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


秀吉(大河ドラマ)


ヨミ: ヒデヨシ
掲示板をミル!
22カキコ!

秀吉とは、1996年に放送された第35NHK大河ドラマである。


概要


1965年大河ドラマ第3作「太記」以来となる、豊臣秀吉主人公の作品。竹中直人が演じる破りでエネルギッシュな秀吉や、威厳に満ちて性と恐ろしさ兼ね備えた渡哲也信長など、多くの魅的なキャラクター人気を集め、均視聴率30.5% 、最高視聴率37.4%という大ヒット作となった。この記録は平成に入ってからの大河ドラマでは、1989年の「春日局」に次いで第2位である(ただし「春日局」は、平成元年であることと一昨年・一昨年が大河史上最大の名作独眼竜政宗」「武田信玄」による高視聴率の影もあった点も考慮する)。

原作屋太一の小説と人と」(織田信長明智光秀主人公)「豊臣秀長~ある補佐役の生涯~」に加え、ドラマのための書き下ろし小説秀吉~夢をえた男~」を基にしている。そのため、豊臣秀長明智光秀にも重点をおいて描かれており、この二人が第二の主人公と言える役割を果たしている。脚本は数多くのNHKドラマを手掛けた山洋が担当。この6年後には、「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」も手掛けており、こちらも高視聴率を記録した。登場人物がほぼ同じであるため、較して見るのもまた一である。

上述の通り、竹中直人秀吉像は強インパクトを残し、「心配ご用!」などの流行も数多く生まれた。また、竹中はこの18年後に大河ドラマ軍師官兵衛」で再び秀吉を演じている。本能寺の変では、渡哲也扮する信長切腹ではなく大量出血しながら自刎して果てるなど、今では演出不可能かもしれない壮絶な最期を見せた。

一方、若い頃の出世街道を歩む秀吉の「陽」の部分に中心を置いた反面、天下統一を果たして徐々に暴君と化する晩年の秀吉はほとんど描かれず、朝鮮出兵や千利休の切腹など豊臣に禍いを運び込んだのは、だいたい石田三成淀殿のせいという極端に偏る描かれ方だった(そのためか、石田三成や彼を演じた真田広之ファンからの評判はすこぶる悪い)。また、初回には竹中アレが見えてしまったことでも物議を醸し出した。

ドラマ本編のみならず、トランペットが高らかに鳴りオープニングテーマ曲も非常に人気が高い。映像少年時代秀吉と思わしき子供太陽に包まれながら疾走するスピード感溢れるものになっており、ラストに全てが崩れ去り田園風景に回帰する場面は最終回ラストシーンと重なる。

ところで、本作は大ヒットしたにも拘わらず、長らくソフト化がされなかった。ネットでは、渡哲也が属する石原プロDVDの販売許可を許さなかったというが上がっていたが、渡がこの9年後に平清盛役で出演した「義経」はすぐにDVD化されているため、この説は明らかに誤りである。他にも上述のアレが見えてしまった問題など色々理由が挙げられていたが、2012年にようやく完全版総集編DVDが販売された。


スタッフ



キャスト


信長秀吉家康のいわゆる三英傑が登場する大河ドラマでは、年長順では信長秀吉家康となるにもかかわらず、信長が最も若く亡くなり、家康が長生きしたことから、キャストの配役では信長役者が一番若く、家康役者が一番年配(だいたい大御所俳優)になることが多い中、本作は大河ドラマでは一三英傑の年齢順に沿った配役がなされている(放送当時、渡哲也54歳、竹中直人39歳、西村雅彦35歳)。ただ、さすがの渡哲也も初回のうつけスタイル信長にはかなり違和感がある。

また、実際には秀吉より一回り年下の竹中半兵衛お市の方がかなり年老いている他、織田信忠細川ガラシャが史実ではまだ誕生する前の時点から既に登場している。


関連動画



■sm5809254[ニコ動]

■sm713378[ニコ動]


関連商品


■azB0067G4ZHK
■azB0067G4ZHA
■azB0067E0XN2
■azB00005FMEL

■az4167193167
■az4569565468
■az4167193140


関連項目



最終更新日: 15/12/28 22:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ