ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


種田山頭火


ヨミ: タネダサントウカ
掲示板をミル!
3カキコ!

種田山頭火とは、明治から昭和戦前にかけて生きた俳人である。自由に基づいた句を詠んだことで知られる。


概要


俳号のみで「山頭火」とも呼ばれる。本名は種田正一。法名は耕畝(こうほ)。

19世紀末から20世紀始めにかけて活躍した人物。一般的な定俳句からやや置いた場所で活躍した人物ではあるが、現在でもその名は広く浸透している。特に、自由俳句の第一人者、漂泊の人、孤高の人としてイメージされる場合が多い。

始め地元で同人を務めたのち、自由俳句を切り開いた大立者、荻原おぎわら せいせんすい)の宰する雑誌「層」に投稿するようになりたちまち頭を表した。門人の中でも特に抜きんでた存在として知られていたが、同時代人からも受けていたその評価は、どれだけ身を持ち崩しても揺らぐ事のない確かなものだったとされる。

俳人としては較的長い期間にわたり活躍したものの、得度し、行乞のに出た時期は意外に遅く、既に40歳を越えて後のことである。しかしそれだけに、る程度の人生経験と、挫折とを繰り返した末に編み出されたそれぞれの句の中には、本来なら僅かなでは言い表せるはずもない、人の世の独特な味わいが感じられることも多い。


人柄としては、一にも二にもたいへんな大飲みだったことで知られる。列車を待つ僅かな間も慢できず飲みに入り、そのまま酔い潰れることはまま有ったと言う。銭にもだらしなく、時には初対面の人や、借りたばかりの人にすぐ新しい借を申し込み、それもほとんど返せかったと言われる。

山頭火自身はそうした自らの性向を厭い、さまざまな自嘲と悔悟の言葉をその日記の中に書き残している。それでも、山頭火に心されると不思議にいやとは言えず、周囲の人からはよく慕われ、それら人としての欠点を含めて広く受け入れられていたらしい様子が現在まで伝わっている。


年表


1882年(明治15年) 0歳 現在山口県防府に、大地長男として何不自由なく生まれる。
1893年(明治26年) 11歳 夫の女遊びを苦にし、井戸に飛び込み自殺
1904年(明治37年) 22 進学を諦め東京から帰郷。
1910年(明治43年) 28 結婚子供をもうける。この頃から「山頭火」の号を使い始める。
1913年(大正2年) 31 荻原の門下となる。
1916年(大正5年) 34 実家蔵が倒産し、種田は離散。山頭火は熊本に逃げる。
1918年(大正7年) 36歳 を苦にして自殺
1923年(大正13年) 41 東京で職を失い、離婚した妻の下に逃げ帰る。酔って電を止める。
1924年(大正14年) 42歳 身元を引き受けてくれた寺で得度する。
1925年(大正15年) 43歳 として各地を漂泊するようになる。
1932年(昭和7年) 50 郷里から程近い小郡に「其中」を結ぶ。
1938年(昭和13年) 56歳 其中の傷みがしくなったため「来居」を新たに結ぶ。
1939年昭和14年 57 愛媛県松山市に終の棲として「一」を結ぶ。
1940年(昭和15年) 58 にて、溢血のため逝去。

関連動画



■sm9277514[ニコ動]

■sm4661897[ニコ動]


関連商品


■az4394700019
■az4394700051

■dw4019265
■yse-kakejiku_t-01


関連項目



タグ検索



大百科の項目



最終更新日: 12/07/29 03:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ