ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


空対空ミサイル


ヨミ: クウタイクウミサイル
掲示板をミル!
5カキコ!

空対空ミサイル【AAM:Air-to-Air Missile】とは、航空機(戦闘機)から発射され、中の標を撃破するためのミサイルである。


概要


誘導装置であるシーカー、推進装置であるロケットモーターをもつ。地対空ミサイル艦対空ミサイルといったSAMべ軽量かつ発射機を装備しないといった違いがある。また、SAMよりも射程が短いことが多い。ただしAAMを基に開発されたSAMや、その逆もある。

ねこのような形で運用される。なお、赤外線ホーミングミサイルの中には自機の横にいる標を直接シーカーが検知し、ロックオンすることで発射後直ちに誘導を開始するものもある。


終末誘導方式


終末誘導方式はレーダーホーミングと赤外線ホーミングに大別される。

レーダーホーミングにはセミアクティブレーダーホーミングとアクティブレーダーホーミングがある。

セミアクティブレーダーホーミングは古い形式で、航空機に内蔵されたレーダーから電波標に照射し続け、その反射波をミサイルシーカーが検知し誘導するものである。これは命中率に優れるが、標に命中するまで自機がレーダーを照射し続けねばならないためその間回避運動を取ることができない欠点がある。

これを解消するため実用化されたものがアクティブレーダーホーミング方式で、ミサイル自身に内蔵されたレーダー標に電波を照射し誘導するものであり、撃った後に回避運動を取ることができる撃ちっ放しを持っている。ただしミサイルに内蔵されたレーダー航空機のそれよりも出が低いため電波ステルスに弱く、また高価なレーダー使い捨てにするため価格も割高である。

赤外線ホーミングはその名の通り標が発する赤外線を検知し誘導する方式である。航空機エンジンから高熱を発するため、これにより生まれる赤外線を検知しようというわけである。初期の赤外線ホーミング方式は太陽を誤ってロックオンしたり、エンジンの熱を検知するためには標の後方につかねばならずドッグファイトの必要性があるなど問題も多かったが、現在では高速で飛行する航空機より断熱圧縮で生まれる熱を赤外線による画像として検知するといった新の誘導方式も生み出されており、その命中率は高い。

なお、基本的にレーダーホーミング方式の方が赤外線ホーミング方式よりも射程が長い。これは、空気中では電波の方が赤外線よりも遠くまで届くためである。ただし東側諸の開発したミサイルの中には、大ざっぱに標へ接近したのち赤外線を検知できるようになった段階で誘導を開始する長射程のものもある。


対策


ミサイルを撃たれたら直ちに対策を取らねばならならず、さもなければ撃墜されてしまう。このためいろいろな対ミサイル装備が考案されてきた。

これらの手段を行いながら回避行動を行う。古くは太陽砂漠といった熱を背にしてそちらへ誤認し誘導させたり、スレスレを飛行して電波に映らなくすることで回避するといった方法もあったが、現行のミサイルはこれらの方法では回避が難しい。またミサイルは人体や機体の限界はるかえたGでの機動を行ってくるため、アニメのように純ミサイルを避けるといった芸当は不可能である。このことから、敵のミサイルを検知した段階で直ちに反転し、ミサイルの射程外へ逃げて燃料切れを狙うのが基本的な回避行動である。

また、近年ではレーダーによる電波を敵機の方向へ反射しないよう機体形状や塗料を工夫したり、赤外線を極放出しないようエンジンノズルの形状を工夫するといったステルス技術によって、敵機にもミサイルにも自機の存在を悟らせずまたロックオンもできないようにするといった対策も生まれている。


空対空ミサイルの例



日本で開発された空対空ミサイル



関連動画



■sm3297415[ニコ動]

■sm3190169[ニコ動]


関連商品


■azB01E8EQ2JQ
■az486298102X


関連コミュニティ


■co1088


関連項目



最終更新日: 19/06/14 20:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ