ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


空気ブレーキ


ヨミ: クウキブレーキ

空気ブレーキとは、空気を利用したブレーキの一種で、圧縮空気ブレーキリンダを動かしブレーキをかける装置である。エアブレーキとも言う。


概要


リンダを動かす空気エアコンプレッサーで発生させた圧縮空気を利用することが多く、鉄道車両と中以上のトラックバスに使われている。

油圧ブレーキべて大きな制動が期待でき、陸上であれば空気永遠に供給されるため信頼性は高い。反面、ブレーキ管が破損すると圧が失われてブレーキが原則的に失効してしまう。


鉄道車両の空気ブレーキ


鉄道車両ではエアコンプレッサーで発生させた圧縮空気を「元空気タンク」と呼ばれるタンクに溜めておき、運転席にあるブレーキ弁を操作してブレーキを制御する。

鉄道車両は単行運転が原則の路面電車など一部を除いて複数の車両連結して走ることが多く、万が一の編成分断などの異常事態を想定し、様々な対策が取られている。


自動車の空気ブレーキ


自動車においてはエアコンプレッサーを搭載している中以上のトラックバスに搭載されている。日本では油圧ブレーキエアブレーキを組み合わせた空気油圧複合式ブレーキが応答性に優れ、制動コントロールしやすいことから多くで採用されていたが、近年は大を中心にフルエアブレーキへの転換が進んでいる。

フルエアブレーキの仕組みは鉄道車両で言う直通ブレーキに近く、エアコンプレッサーで発生させた圧縮空気をタンクに貯め、ブレーキダルを踏むとリレーバルブを介してブレーキチャンバにエアが送られ、ロッド伸びることでブレーキがかかる。
ブレーキ管が外れたり、損傷したりしてエアが漏れるとブレーキが効かなくなるので二重化されている。

ブレーキにも空気ブレーキが使用されており、駐ブレーキを作動させるとエアが抜けてブレーキがかかり、反対にブレーキを解除する時にはエアが込められることで解除される。これはホイールパークブレーキマキシブレーキと呼ばれる。

普通車や小トラックマイクロバスは油圧ブレーキが圧倒的多数で、エアブレーキ搭載皆無に等しい。

ブレーキの踏み込みと緩めを短時間に何度も繰り返すいわゆるバタ踏み操作は厳禁である。圧縮空気の供給が間に合わず、制動が落ちて事故に繋がったことがあり、国土交通省[外部]商用車4メーカー(三菱ふそう・日野・いすゞ・UD)が連名で注意喚起を行っている。[外部]


関連動画



■sm4670469[ニコ動]

■sm9722684[ニコ動]
■sm19876502[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 17/06/01 19:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ