ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


穿龍棍


ヨミ: センリュウコン
掲示板をミル!
96カキコ!

穿龍棍とは、MHF-GG(モンスターハンターフロンティア ダブルジー)から登場した武器種である。


概要


穿龍棍
ガンナー

穿"棍"という名の通り打撃武器。
変形するトンファー+パイルバンカーである。

情報開された当時はガード使用可かつ手数武器という打撃武器で初の要素に注が集まっていたが、その後さらなる玉要素として穿龍棍のPV開されセルフジャンプしているのが確認された。
穿龍棍は地面に向かってを打ち出した勢いで跳び、敵を蹴ることで滞する。

なお、穿龍棍はHR1から使える武器種ではなくG級ハンターでないと使用不可能
この点は同じく追加武器であるスラッシュアックスFマグネットスパイクと同様。
ちなみに、2017年7月アップデートまでは歌姫ストーリーを一定以上進行していないと特典武器以外は生産が出来なかった。


変遷


いざ解禁されてみると、後述するように穿龍棍はスタン(麻痺武器であれば麻痺も)での高い拘束を持ちながらジャンプモンスター背中を攻撃でき、武器出し状態でのダッシュや受け身が可、特徴の一つである気を使えば尻尾を切断したり、頭以外を殴ってもスタンさせる事ができたりする。更に二つの特徴のリーチ短の反転を使うと、キリンのような一部質の硬い相手でもボコボコにできる。とこれ一つで何でもできてしまう武器となった。

このおかげでMHF全体に穿龍棍が普及する事になり、従来の武器(特にハンマー)はめっきり担ぐ人が居なくなった。双剣すらもG3時点より数を大きく減らす事になったのだから、穿龍棍が如何に強いかがよく分かる。
中でも長いゲージを持ち手数武器としては破格の麻痺値によって麻痺スタンでモンスター一方的に攻撃可であったヴァシム・フワァールはく間に広場を席巻、前年のMHF-G開始前後の殻王【玉鋼】のように2014年最も使用された武器と言えるだろう。

このように穿龍棍が強いのは運営も十分判りきっており、他の武器種の上方修正(単なる威上昇に留まらない)によって調整された。
その結果現在は突出した部分では他の武器が勝るが、リーチ、装備などを臨機応変に変える事でいかなる相手にも対処でき、武器出しダッシュや受け身の快適さを持つ器用な武器という立ち位置になった。

これは元からだが逆にいうとでも適当に振りまわして強い武器ではない。
地/極ノであればコンボゲージを切らさないように抜状態で攻撃・回避を続けるPSが必要となり、
他のについてもそれぞれ知識や技量がめられる武器である。

MHFが面い武器を作り出したことは間違いないが、この万故に他の武器種を食うだけに留まらずモンスターに穿龍棍対策が組み込まれるというようなことも起こっており、MHF-Zの全武器種バランス調整以下の様な調整を受けた。

G以降のMHFでは非常にしいことに強すぎた部分は下方修正という調整になった。
しかしその代わりに滞しやすくなっており、何よりバランス調整のために穿龍棍装備時だけスキル効果が抑えられたりモンスターの攻撃や質が穿龍棍を対策したりということがなくなった。
これで武器の中でだけに浮いていた穿龍棍もMHF仲間になれたということだろうか。

しかしながら、他の武器が穿龍棍に追いつくための上方修正をいくつも受けた中で穿龍棍は大きな特徴である中攻撃と反転を大きく弱体化されてしまい、中戦の有効度が下がったことで地上・中を使い分けるのが強みの極ノの魅も半減し(地上戦だけするなら/のほうが優れる部分があった)、今度は穿龍棍の使用率が減してしまうこととなった。
この事態を受けてZ2.3(2018/4/18)で「火力・立ち回りの強化」、「リーチ&地上・中選択のメリット強化」、「新システム」というキーワードのもと以下のような調整が入った。

基本的に極ノ向けの調整で、反転くなったがコンボボーナスの強化とEX回避によって中戦は復活、もちろん臨機応変に地上戦を選択することも有効であり、リーチ短や穿撃によってゲージの蓄積・維持もしやすくなった。


特徴


パイルバンカーのようなギミックを持つトンファーを用いた体術による攻撃をメインとし、ハンターには「コンボゲージ」、モンスターには「気」を蓄積する。
また、回避は四方へのステップとなる。
格闘王(体術の上位スキル)で各種キック攻撃が強化されるため中戦をにする地ノでは必須。
だったのだが格闘王が乗るモーションはZで軒並み弱体化されてしまい、現在中戦をする場合極ノEX回避をにするため重要度はかなり下がった。

コンボゲー
コンボゲージは蓄積によって攻撃が上昇し攻撃を当てたり回避(納時やダイブも含む)したりする事で増加するが、攻撃、防御、回避といった行動をしないと数ゲージが消滅する。
ちなみに回避が最も溜まり易く、威の高い攻撃を回避するほど増加量が多い。
Z2.3で攻撃の上昇量が上方修正され、最大で1.5倍(秘伝スキル発動時は1.6倍)になった。


穿龍棍で攻撃していくことで部位ごとに蓄積していくエネルギー
蓄積値はPT全体で共有しており、蓄積を進めていくと攻撃ヒット時のエフェクトの色が変わる。
他の状態異常同様に耐性もつくようだ(これも部位ごと)。

穿
エフェクトになった状態でこれを撃つ事で蓄積した気を炸裂させ、下記の通り蓄積した部位に応じた特殊状態異常を引き起こせる。

穿撃自体のダメージは低く(砲術スキルの効果があるがそれでも低い)れ味消費も大きいので気を炸裂させる以外の的で使用するメリットはない。
また、ふっ飛ばし効果があることにも注意。
上述の通りZ2.3で「穿撃で気を炸裂させると一定時コンボゲージとEXゲージMAXになり、コンボタイマーもストップEXゲージも消費しない状態になる」気共鳴という効果が追加された。
定時間を過ぎてもゲージリセットはされないのでゲージMAXに回復するためにも使える。
また、気が炸裂した部位数に応じて気共鳴の効果時間が延長されるほか、この効果は同エリア内の穿龍棍を装備している他のハンターにも適用される。

ジャンプ回避
大きな特徴としてジャンプ回避からの対攻撃が可
MHF-Gは初代後継のMH2を基にしたゲームなのでシステムジャンプはないが穿龍棍は跳べる武器として開発されたという事である。
中では常時SA哮はスキルなしで防げない)、滞攻撃は全て弾かれ効でありステップによる回避も可
また、滞攻撃を当てる事で若干浮き上がり少しの間滞を続けられる。
中では任意の位置調整ができないので、ステップや攻撃で調整する事になる。

・抜ダッシュ
地上かつ武器出し状態でダッシュが可
スタミナを消費するがSAが付いている。
現在は元々使える穿龍棍とスラッシュアックスF以外の全武器種も極ノで使用可になっている。

・受け身
被弾して吹っ飛んだ際に任意で受け身を取り即復帰する事が可
中でも「中受け身」を取る事ができる。
便利だが使いどころを選ばないとに繋がるので注意。
現在元々使える穿龍棍とスラッシュアックスF以外の全武器種も極ノで使用可になっている(中受身は穿龍棍のみ)。

・簡易ガード
片手剣のような簡易的ガードを使用可
ほぼ空気である。

ガードポイント
一部攻撃には攻撃受け流し時間としてガードポイントが付いている。
これも割と空気

リーチ変形

リーチモードリーチモードを任意に切り替える事ができる。
特殊リーチ武器と違って実際の射程はど変化しないが、
攻撃のモーションや仕様自体が変化する。

リーチ長モード

基本モードであり、地上で溜め攻撃を使用できる。
この溜め攻撃は頭以外に当てても気絶値を蓄積可
Z2.3からは一部を除いた攻撃の気絶値が+2される効果がついている。

リーチ短モード

リーチ長から中での滑蹴り(通称ライダーキック)など一部の攻撃動作が変化、滞蹴りによる浮き上がりが多くなり滞がし易くなる。
Z2.3からは攻撃によるコンボ/EXゲージの蓄積量が増加する効果がついている。

・旧仕様反転
元々リーチ短の最大の特徴は質計算が、
「一番柔らかい打質+一番硬い打質-攻撃部位の打質」となる、通称「反転」だったのだが、
Z2.3の調整で上記ゲージ蓄積量増加効果に替わって撤された

この反転が強だったのは確かだがとにかく硬い部位を殴ればいいというわけではなく、質にメリハリが付いていて硬い部位と柔らかい部位が極端なモンスターの硬い部位に効果が大きいという事で、全体的にのっぺりな質の相手には大して意味がなかった。
例としてキリングレンゼブルのような、「体の大部分を占める殴り易い部位がとても硬く、的が小さいが極端に柔らかい弱点を持つ」モンスター相手であれば、リーチモードを使用する事でほぼ全身を弱点部位にしてしまう事が可であった。
この効果によって新しいモンスターを出す際に反転が有効であれば穿龍棍ばかり使われ、そうでないのっぺり質であるとそもそも不評になってしまうというジレンマが撤の要因の一つと思われる。


秘伝書スタイル


MHF-G7で実装された穿龍棍の秘伝書スタイル
はどちらも地上戦特化となっており、以下の共通仕様がある。

EXゲージの溜め方はコンボゲージ同様だが、攻撃アップ効果はく時間経過では消失しない。

また、MHF-Zで全武器に新しいスタイルである極ノが追加されGR1(当初はGR300だった)から使用可になった。
地・はそれぞれ個性が強く使い分けるという趣であったが、極ノG級から使用可と言うことで(穿龍棍の場合解禁自体G級からでありそれと同時に全てのスタイルが使えるようになるが)既存のを併せ昇させたという性質が強く、物によっては他ののほぼ上位互換となっている。
しかし、そのため逆にできるアクションが多すぎて(コマンドの兼ね合いもあって)使いこなすのが難しかったりスキルが足りなくなったりする武器種もある。
極ノで任意受け身と抜ダッシュが全武器種で可になったが、元からできる穿龍棍はそのままである。

天ノ型

では共通仕様に加えて、補助コンボゲージが追加される。


次へ»
最終更新日: 18/09/11 00:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ