ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


窪田等


ヨミ: クボタヒトシ
掲示板をミル!
5カキコ!

「窪田等」(くぼた・ひとし)とは、「情熱大陸」等のドキュメンタリー番組や、任天堂の「Wii」「ニンテンドーDS」関連CMの丁寧でやさしいり口に定評のあるナレーターである。


概要


1951年3月27日山梨県生まれ。

工業高校にて放送委員会に入り、先輩会の素敵ぶりに影をうけ、高校卒業時に富士通の技術職に就職して働きながら「ナレーター養成講座」に通った後、ナレーターに転身した。

転身後は仕事の本数も少なく、アルバイトをしながらナレーター仕事をこなしていたが、本人

アルバイトをしているうちはプロじゃない

とのことでプロになる事を夢見る毎日を過ごし、ふとした偶然からチャンスを掴み、「来た仕事は断らない」スタンスで実績を積み上げ、現在では、

といったスポーツ人間自然にスポットをあてたドキュメンタリー情報バラエティ

CMや、

ナレーションを中心にアルバイトすることなくプロナレーターとして活動している。

休みはに2~3回で、ほとんど毎日何かしらの原稿を読んでいます。
これまでの1日の最高記録は8本。過去1回だけですけどね。1カでは100本をえたことがあります。
単純に1日も休まず30日で割っても1日4回弱。このときはさすがにたいへんでしたね。

※「F1グランプリ」では城達也の後任を務めた他、中江真司逝去後に任天堂関連のCMを引き継いだほか「トリビアの泉 ~素らしきムダ知識~」のナレーションも担当した。

窪田等のナレーション手法については、

同じ文言を読むなら、短い尺(=時間)の中で急いで読むよりは、やっぱりゆったりめに情感を乗せて読んでいくのが好きです。「間に“思い”を乗せる」というかね。「絵=(映像)に自分の思いを乗せていきたい、言葉に思いを乗せていきたい」というのがの思いなんです。
ナレーションにちょっと喜びや悲しみ、思いやりを入れた方が視聴者に伝わるのかなあと思ってます。それにちょっと自分の色を出していきたいタイプなんですよね。だから淡々としゃべるのはあんまり好きじゃない。だかといってあまりオーバーにならないように気をつけてもいます。淡々とし過ぎず、過剰にもなり過ぎず。その辺は微妙なところですよね。

るように、過剰なにならないようにしつつ感情をこめて情り、解りやすく落ち着いた口調で流暢に正しい日本語を話す安定感抜群のナレーションで、番組の感動をさらに増幅し、安心感を与えていると言われている。

仕事は「生きがい」と考えており、収録現場の緊を楽しんでいるとの事で、

窪田ナレーションをお願いしたい」とをかけてもらいたい。
70歳になっても必要とされていたい。だからいくつで引退したいとか、一度も考えたことない。
な限り現役でやっていきたいと思っています。

と生涯現役を宣言し、現在視聴者に感動を与え続けている。


関連動画



■sm2396994[ニコ動]

■sm4183884[ニコ動]

■sm5477044[ニコ動]
■sm4391827[ニコ動]

▼窪田等のナレーションを使用したMADPV

■sm3891646[ニコ動]
■sm9462356[ニコ動]
■sm11887474[ニコ動]
■sm12114092[ニコ動]


関連商品


■azB0017WOPV0
■azB0017WOPUQ
■azB001K6SDKW
■azB001K6SDL6

■azB001O094CK
■azB0000677NT
■azB001P4DEKI
■azB000BD3DSM

■azB000VI1JFG
■azB001G7P0NS
 


関連項目



関連リンク



最終更新日: 11/07/29 01:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ