ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


立花・宗茂


ヨミ: タチバナムネシゲ
掲示板をミル!
40カキコ!
ネタバレ注意 この記事は、原作(既刊)」のネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

「誾さん、大罪武装は、――当てるのが難しいのです」


概要


立花・宗茂とは境界線上のホライゾンの登場人物である。アニメでのCV杉田智和

名前 立花・宗茂
所属 アルカラ・デ・エナレス
武蔵アリアダスト教導院
役職

第一特務→副長補佐

種族 三征西班牙
戦種 近接武術
字名 西無双
神速
(ヴエロシダード・デ・デイオス)
HN 立花

当初は三征西班牙の第一特務を務めていた。立花・誾の夫で、譜記述の通り立花の養子となっている。
八大竜王の一人、大罪武装「悲嘆の怠惰」の担い手。郵政で富を得た英雄ガルシア・デ・セヴァリョスと立花・宗茂の二重襲名者でもある(立花・宗茂の襲名は後に剥奪)。元異端審問断副団長郵便配達(メンサジエーロ)を生業とし、武道を修めつつも生業の手を広げることで譜記述に相応しい財を成した。
一巻で本多・二代に敗れて悲嘆の怠惰を失い、その際再起不能レベルの負傷を負ったこと襲名剥奪の危機するが、二巻終了時逆に誾と共に「立花」の襲名を返上。その後は武蔵アリアダスト教導院の副長補佐に就任し、妻と共に再起を図っている。武蔵の生活に素のままで染んで、それを楽しむがあり、極東の制服夫婦共々あつらえたり、ランニングでアクロバティックな食事兼油断ならない殺気の入った真剣トレーニング夫婦で行い精進したりしている。また悲嘆の怠惰憤怒撃(ホライゾンく、宗茂一号、二号)が防がれると膝をついたり、身を投げ出して倒れたり、第二段階のぐったりを披露するというリアクション芸を芸として身につけた。

紳士的だが多弁。やや天然気味でっ気な所もある。妻である立花・誾に対しては割りと抵抗義。また向上心も強く、標を定めて尚その上をすことを忘れず、人に教えを請う事を厭わない。
っ向勝負を好み、楽に勝つことを考えないので、度々妻である誾に心配をかけさせたりする。自身のことを「闘うしかい」と言っているが、相手の運筆で文章を推測したりといった諜報系の技も習得している。
料理の好みは三征西班牙料理が好みであるが、立花・誾が作った料理最上であるのはいうまでもない。

何かと苦労人であるためか、下からの受けもよく、部下からはは、
「またしくお楽しみかよ」「誾さんにあんなことをさせて宗茂ウケなんて不潔」 ……などと言われつつも、信頼は篤い様子。

作中では良くも悪くも本多・忠勝から始まる本多と何かしらにおいて関わることが多い。

今でこそ立花・誾とは化学反応熱を発生させかねない程の相思相愛夫婦であるが、昔は蝎の如く嫌われ拒絶されていた。その嫌われぶりは誾が立花の命で宗茂の稽古相手を務めた際、一切容赦せずにや腕をへし折るほどの苛さで即座に打ち倒すほど。 だが宗茂は心底諦めず、立ち会いによる怪く治すためにガルシアの名を襲名して治療費を稼ぎ、彼女の技を真似て学び、加速術式による戦闘方法を確立していった。
そして、傷を負いながら彼女の本気である「拒絶」を体とした攻撃を越え、彼女の両の腕をり飛ばし、その血塗れの身体を抱きしめるという過すぎる方法で彼女の心を射止めた。
以後も彼女に命を狙われるが受け流し続け、食事にを盛られても然とらげて倒れて彼女が慌てて介抱するなどのイチコラ――もとい紆余曲折を経て、流れるように二人の世界を作り出せるようになった。
彼女のためならアモーレ五回叫んで、六護式仏蘭西を駆け抜けて探しだすほどである。


戦闘方法


神速」を体現する速度体に、類による近接戦闘を得意とし、その戦闘速度は三征西班牙随一。
大気のを足場にして跳躍するなど類稀なる衡感覚を有している。

原作当初は「体の速度を上げる」「足場を多重展開する」という旧術を大量に使用することで高速移動を行っていた。「足場の多重展開」とは踏んだ反発を倍々で上げていく術で、踏む足場を反発のバネに変え、その反動で加速する、といった理屈の技。強である反面高価でもあり (術は契約書を買い、消費して使用する) そのままでは大量に所持するのは困難であるため、身体への反動を考慮しない安価な術式を使い、襲名で得た財を利用して数を確保している。背部に数万単位切手大の大きさに圧縮した契約書を収めた加速術用カートリッジがあり、そこから使用済みの術式契約書を随時排出する。また、加速と運動による熱を冷却するための十字ラジエーターを頸部後ろに装着している。

理論上は速度限界いが、基本短期決戦の戦法であり身体への負担は相応に大きく、限度警告を視して使用すると反動による負傷、神経体への障を被ることになる。
宗茂自身の衡感覚と併せることにより大気中の滴などをな倍率で蹴って中を走り抜けるなどという芸当も出来るが、余りの負荷の大きさに脚一本が犠牲となってしまう危険な技であり、実際この技を多用したことで再起が危ぶまれるほどの負傷を負ってしまう。

その後紆余曲折の果てに宗茂は妻の誾と共に武蔵アリアダスト教導院の一員となるのだが、武蔵の教譜は神道であり(''隠れ''設定として術を使用すること自体は可)、加えて宗茂は襲名解除を行ったため、以前のような「で術式を大量に消費する」という戦いが出来なくなった。
そこで宗茂はリハビリの傍ら、神道ベースとした戦闘方法の開発を始める。成果の一つが創作逆式加速術「駆」である。これは「踏む足場から加速を妨げる要因を禊ぐことで、自身が踏んだ足場の分だけ加速を累積させる」術式。地を踏めば踏むほど加速するが、あまりに大きいバランスが取れずに転倒してしまうという不安定な術式だが、宗茂は性の衡感覚を利用し弊なく使用している。
加えて4巻において、新たな武装として酒井・忠次より準神格武装「瓶貫」を譲渡される。点蔵らによる体術の強化なども含め、今後の活躍が期待できるキャラである。


関連動画



■zb4580471[ニコ動]

■1302340350[ニコ動]
■sm16393144[ニコ動]


関連商品


■az4048672185
■az4048672703
■az4048678485
■az4048679015

■az4048686003
■az404868647X
■az4048687352
■az4048708058


関連コミュニティ


■co16350
■co16349


関連項目



最終更新日: 12/08/29 20:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ