ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


立花誾千代


ヨミ: タチバナギンチヨ
掲示板をミル!
57カキコ!

立花誾千代たちばな ぎんちよ 1569 ~ 1602)とは、立花宗茂の正室であり、7歳にしてとなった女性である。


概要


12年8月13日1569年9月23日)豊後(現・大分県)で誕生、慶長7年10月17日1602年11月30日)没。享年34歳。


父親3737勝した大友の猛将、立花道雪である。57歳にして初めて授かった子だったため、彼は誾千代を溺愛し後継ぎとして育てた。
結果誾千代は武芸に秀でたとなったが、全く話を聞かないにも育ってしまった。

しばらくしては同じ大友の名将、高橋紹運に頼み込んで紹運の息子の宗茂を婿にもらう。

しかしこの夫婦の仲の悪いこと悪いこと。夫も後に日本の名将となるのだが、夫婦というよりライバルという方があっている間柄だった。

そして、宗茂が豊臣秀吉の配下として九州定に貢献し、13万2千石の大名として立花山の西方柳川となったあたりで夫婦裂は決定的なものになる。
千代の墓のある立花山から離れることを断固拒否、夫婦は別居するようになった。しかも宗茂が浮気をしている事を知った誾千代激怒して本格的防御拠点・宮永館なる場所に居を移した。それから宮永館は「宮永殿」と呼ばれるようになる。

関ヶ原の戦いの際は夫の柳川が徳方に攻められても一切援軍をよこさなかった。(そのかわり地元の農民に命じて徳方・鍋島軍の船を使えないようにしている。)


また、加藤清正が宗茂に開を説得すべく九州に進軍した時、
街道を進むと宮永という地を通ることになりますが、ここは立花宗茂夫人の御座所です。柳川領民立花を大変に慕っておりますから、宮永館に軍勢が接近したとあればみな武装して攻め寄せてくるでしょう」
と聞かされたため、わざわざ宮永村を回して行軍した。

宗茂が徳に下り肥後に移されると、誾千代は同行せずに肥後玉名村(現熊本県玉名町)の農家に隠居し、わずか2年後にこの世を去る。

千代の菩提寺は良清寺(福岡県柳川市西屋町)で、立花宗茂が瀬高(福岡県みやま市)上荘の来迎寺の僧で、戦国時代柳川池鑑盛の孫になる応誉を招いて開かせたという。
また最期の地、熊本県玉名町に彼女の物と言われる墓があり、形状から「ぼた餅様」と呼ばれている。

没後218年経った文政3年(1820年)に誾千代に瑞玉霊、夫宗茂に陰霊号が贈された。

その後さらに何年か経った現在彼女戦国無双シリーズ無双OROCHIシリーズで活躍している。


逸話


武勇伝(一部裏付けはない)

本当にあったかは定かではない怖い話

慶長6年2月7日村の屋のところに寺の住持・淡から届出があった。内容は「気のふれた女が現れた」とのこと。
屋が問題の女を見に行ったところ、が見ても狂人だということは確定的に明らか。色々尋ねてみても「柳川から来た」としか言わないので、そのまま寺で身柄を預かることにした。
そして慶長7年10月17日寺から「例の柳川の女が寺の前の古井戸に身投げして死んだ」と連絡があったので、屋は村の者の立ち会いのもと淡の引導で彼女を古井戸に葬った。

 

この「柳川の女」こそを失い夫とも別れた誾千代であり、身を投げた古井戸に建てた墓が前述の「ぼた餅様」のはじまりなのだという。

 

その後、柳川の女が身投げした約一ヵ後の慶長7年11月11日火事寺が焼け落ち、柳川の女を供養した淡焼死した。

この時寺の消火に参加した者をはじめ、次々に村中の者達が原因不明の病にかかり死んでいった。村の者達は、これはきっと柳川の女の霊の仕業だと思い、さっそく不浄払をしてめて弔った。これにより村に起こった怪異は一応の収束を迎えたという。
慶長8年には村人達は柳川の女が死んだ古井戸りに垣根を造り、園をつくっての木を植えたという。

時は流れ、寛永11年6月。このころには柳川に返り咲いていた宗茂は村に役人を遣わせこの墓所に供養を建立し、柳川でも良清寺で手厚く供養している。


本当に夫婦は不仲だったか


宗茂・誾千代夫妻が不仲だ不仲だと書いたが、これには疑問点が多々ある。
関ヶ原の戦いが終わった後、宗茂は多大なる苦労をはらって立花柳川のあたりに戻ってきて誾千代を丁重に弔っている。
また、誾千代と子をなさなかった宗茂は側室とも一切子供をけていない。

ただの噂ではあるが、二人が不仲だったのは単に千代ツンデレだっただけとも言われている。


名前の由来


千代の「誾」の字。
これは「慎み人の話を聞く」とか「安らぎ慎む」という意味がある。

しかし彼女は人の話を聞かない子だった。

常用漢字ではフォントに用意されていないことも多いため、形の近い「闇」の字で代用したり、「ぎん千代」と一部平仮名で表記されることも多い。


ゲームでの立花誾千代


戦国大戦

■azB007HM327M

雷神よ、今こそとなれ!」

(大友)として戦国大戦界に降り立った彼女CV田村ゆかりということで王民からの期待が高かったカードである。
にあたる高橋紹運立花道雪と共にライトセイバーっぽいを振りまわしている。ちなみにこの3人、全員制圧を持っていてコスト全員で9とちょうどデッキが組めたりする。

隊、2.5コストの女武将もVer1.2で初登場したカテゴリであり(一ではなく戦国数奇ではあるが大島山十郎もいる)、8/7というスペックで魅・制圧の騎隊とかなり恵まれている。

計略の「戦」は、味方の兵を減らし減った量に応じて武を上げるという三国志大戦でいうところの「孔明の大練兵」的な計略。ダメージは兵量ではなく統率差で決まる点が異なる。あまりに対の統率が低く兵が減っていればダメージで撤退させてしまうため、低統率は武が大きく上がるもののその後の兵が僅かしか残らないため戦闘続行不可能、かと言って高統率だと武が上がらず士気効果に見合わない上昇値と癖の強い計略。

計略の性質上との相性は最悪である。味方にいてもの統率が高すぎて武が上がらず、敵に居たら誾千代が計略使ってから切で武将を叩き落とされる。
では旦那の宗茂との相性はと言うと、一応兵を減らすと武上昇値が上がる宗茂ともコンボはできるが別々で運用した方が強(ry戦国大戦での騎隊は操作が忙しいので、両方デッキに入れるなら誾千代は下記のEXの方がいい。

まあ実用性二の次でCV田村ゆかりだからこそ使っているという人が多く、Ver1.1における謙信ちゃんに次ぐポジションとして定着しつつある。またレートも実用性と相反して高いため、2012年9月でも樋口一葉1枚くらいは覚悟したほうがいい。

立花の誇り、貴様らに見せてやろう」

戦国大戦 15XX 五畿七の雄 オフシャルバインダー用追加リフィルに付属されたEXカード。こちらはSRに対してコストは変わらず統率-1の足軽として登場。CV田村ゆかりではなく三澤紗千香

計略は同じ「戦」だが、自身の統率が-1された分使いやすくなるかと思われたがそうでもなく、全カード中ワーストの勝率30台を叩き出すという不遇の立場にある。引き続き魅と制圧を持っているので、スペック要員やリアル士気要員として採用するのもアリ

戦国無双シリーズ

CV進藤尚美 夫よりも先に戦国無双2から使用可立花の生まれであることを誇りに思っており、一人称は「立花」。堂々した性格で女性ながらその勇ましさに一置く者も多く、同性の稲姫に尊敬されている。武器は立花道雪より譲られたとされる切。立花道雪雷神と呼ばれた為か、電気技をモチーフにしたモーションとなっている。表向きの態度に反して可愛い物に対する憧れが強く、誾千代にとっては今川義元のやわかそうなリスの様な瞳もその範疇であるらしい。好きな食べものはぼた餅。素直になれず不遜な態度という点でよく石田三成と似た者同士として表現されることが多い。

2でのストーリーは夫:宗茂の要素を吸収したストーリーとなっていおり、その都合もあってか結果的に宗茂は存在が抹消されてしまっている。史実同様(?)ツンデレな性格で、島津義弘とはライバル的に描かれている。

3では夫、宗茂もシリーズに登場し夫婦間のを中心としたストーリーになっており、不仲描写はい。誾千代や宗茂のシナリオでは関ヶ原の戦いの時に別々の戦場で戦うことになり、最終話で合流流れとなっている(誾千代伏見杭瀬、宗茂は大津と関ヶ原本戦。甲斐姫のEDでは何故か大坂の陣の後なのに登場している。

4では九州の章では敵側での登場、使用可になるのは天下統一の章から。アクションタイプが今回から変更されており、通常攻撃タイプから神速攻撃タイプに変更された。


ぎんぽっぽ

使いでツンデレで同性に惚れられる。アレ・・・?そこ、御坂美琴とか言わない

信長の野望シリーズ

信長の野望」(PCシリーズにおける立花誾千代の力一覧。

世記以降でとして登場。この頃も武将にしようと思えば出来なくはなかったが、その為には立花道雪を何らかの方法で大名にする必要があったので、にする事は少なかった。しかし革新を見る限り「ひ…め…?」としか言いようがない。
以降は通常の武将扱いで、条件で登場する。


次へ»
最終更新日: 16/11/16 14:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ