ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


竹書房


ヨミ: タケショボウ
掲示板をミル!
158カキコ!

株式会社竹書房とは、麻雀漫画4コマ漫画の専門雑誌等で知られる暴力団出版社である。


概要


1972年野口恭一郎日本初の麻雀専門誌「近代麻雀」を発行するために創業。
後に「近代麻雀麻雀情報誌としての「近代麻雀」は1987年に休刊。現在麻雀漫画誌の「近代麻雀」とは別の雑誌なので注意。の別冊として発行した「別冊近代麻雀1979年創刊。麻雀情報誌の「近代麻雀」の休刊以降も誌名に「別冊」を付けて発刊していたが、1997年に「近代麻雀」へと名。麻雀情報誌の「近代麻雀」とは別の雑誌なので注意。麻雀漫画を掲載するようになったことから漫画書籍出版に参入。麻雀関連書籍専門出版社から一般総合出版社へと脱皮していった。

麻雀漫画誌としては、「アカギ」や「ムダヅモ無き改革」で知られる、「近代麻雀」や「近代麻雀オリジナル」があり、4コマ漫画誌としては、「まんがライフ」、「まんがライフオリジナル」、「まんがライフMOMO」、「まんがくらぶ」、「まんがくらぶオリジナル」といったものが出版されている。いずれの4コマ漫画誌も20代後半~40歳前後の青年社会人層をターゲットとしている。

読者男女率も一般誌と萌え系の折衷タイプに当たり、同社の4コマ誌としては一「まんがタイムきらら」系と競合している「まんがライフMOMO」だけは男性率が高い(男7:女3)が、これ以外は概ね半々で、どちらかといえばオタク層だけでなく一般社会人女性読者にも受け入れられやすい、汎用性の高い誌面作りに重点を置いていると言える。このためか、連載作品のアニメ化に関してはあまり積極的ではなく、OVA止まりのメディア展開作品が多く、知名度ではライバル出版社である芳文社双葉社の後を拝している。

しかしながら2011年7月期からは「森田さんは無口」(佐野妙作)が、OVA化に続き「せんせいのお時間」(ももせたまみ作)以来となる7年ぶりの地上波アニメとして放送されることが決定。なお、「森田さんは無口」はニコニコチャンネルでも配信されている。
さらに2011年9月に「ポヨポヨ観察日記」(るう作)と「リコーダーとランドセル」(東屋めめ作)のアニメ化も発表された。その後もアニメ化作品は続き、ニコニコ動画でも配信されていた。

最近はちょぼらうにょぽみ大川ぶくぶのような問題児を飼っていることで有名。経営状況は同業他社と同様出版不況の煽り微妙な状態だが、そのことを「原稿料が安い(あいまいみー)」「単行本出せ(ポプテピピック)」などと散々イジられている。

その他の出版物としてはグラビア写真集が有名で、ヘアヌード写真全盛期には過な物を多数出して話題となり、過すぎてお上に怒られたことも。実話誌や映画のノベライズホラー小説や官小説も出している。昔は「コミックガンマ」というアニメファン向け漫画雑誌やその延長線上でアニメなどのメディアミックスライトノベルの発行も行っていた。

東京都千代田区飯田にある自社ビルは縦の看トレードマーク。できたのが前述のヘアヌード写真全盛期だったので、「陰毛でビルが建った」と出版業界関係者から揶揄されることもあったとか。「ポプテピピック」でも破壊されるなどいじりの対の1つになっている。で、最寄り飯田橋駅西口札に広告出したと思ったら……これだよ![外部]


連載作品


※基本的には大百科に記事があるものを登録

近代麻雀 関連 まんがライフ 関連 まんがくらぶ 関連

関連動画



■sm9247437[ニコ動]

■1309156799[ニコ動]
■1304922299[ニコ動]
■1307436773[ニコ動]
■1288193068[ニコ動]
■1312449141[ニコ動]


関連静画


■im5691610(静画)


関連商品


■azB000VBTY32
■azB00154JC2W
■az4812409381
■az4812401267
■az4812465230


関連チャンネル


■ch893
■ch674


削除状況


他の削除情報をGoogleで検索する[外部]

動画 詳細
がんばれ!メメ子ちゃん フラッシュアニメ[動]

関連外部リンク



関連項目



最終更新日: 16/12/10 14:59
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ