ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


笑福亭仁鶴


ヨミ: ショウフクテイニカク

三代目笑福亭仁鶴とは、日本落語家である。現在上方落語界の重鎮というべき噺


概要


本名は岡本武士(おかもとたけし)。1937年、大阪市出身。高校時代に古道具屋ワゴンセールで初代団治のSPレコードを買い、自宅の蓄音機落語を聴いたことがきっかけで落語覚め、演芸好きの仲間天狗連(素人の芸人集団)を結成。その中には後に一世をする二代桂枝雀もいた。ラジオ番組の出演で才が認められ、1961年に6代笑福亭松鶴子入りする。

笑福亭松鶴一門は松竹芸能所属が多かったが、仁師匠らの薦めもあり吉本興業に所属し、デビュー当初からテレビラジオ映画と大活躍。桂三枝(現:六代桂文枝)や月亭可朝らと共に出演した「ヤングおー!おー!」でその名は一躍全区となり、吉本覇権奪回の格を築いた。その功績から仁を「吉本の祖」と敬うは多く、2005年には吉本興業の特別顧問に就任している。

落語を知らない人でも、NHK土曜に放送されている長寿番組バラエティー生活笑科」の相談室長として仁を知っている人は多いだろう。「四い仁がまぁるく収めまっせ~」という台詞もお染みである。

落語家としての実も高く、人気師匠笑福亭松鶴をもえる勢いがあった。そして七代襲名の話もあったほどであったが、大人の事情で見送られた。得意な演に「池田の猪買い」「次の御用日」「ないもん買い」「へっつい盗人」などがある。芸としては抑揚が少なめでテンポよく、互いが相槌を打つような呼吸の取り方が特徴的であった。若い頃はもっとも澄んでおり、スピーディーなりであったが、帯を痛めてからはじっくりと聴かせる芸に変わった。


関連動画



■sm5433894[ニコ動]

■sm8000484[ニコ動]


関連商品


笑福亭仁鶴に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


笑福亭仁鶴に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 17/08/27 09:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ