ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


笑福亭鶴光


ヨミ: ショウフクテイツルコ
掲示板をミル!
6カキコ!

笑福亭鶴光とは、上方落語の名跡である。本稿ではエロオヤジ二代の方を取り扱う。


概要


本名は小林幸男。談の師匠落語家であり、落語芸術協会上方真打である。しかし、世間にはオールナイトニッポン談師ラジオパーソナリティとして知られていることが多い。本来の読み方は「しょうふくていつるこ」なのだが、自身のブログタイトル挨拶のせいで十中八九「しょうふくていつるこ」が正式な読み方だと思われている。その挨拶「「でおま」だが、「ございます」の表現「おます」を略したものである。

としての活動において、東京でのキャリアは非常に深い意味がある。それは上方落語メインとなる関西の他、東京でも上方落語を行えることができるという意味である。実際に上方落語東京演のトリといえば、というイメージを持つ落語ファンが多いのではないだろうか。事実東京事情に精通しているが故に桂三枝ら、上方落語関係者から厚い信頼を寄せられていたり、東京向けネタを行う際、に稽古をつけてもらうことがあるという。

だが、世間一般ではラジオパーソナリティとしての顔の方が知られている可性がある。下積み時代からラジオパーソナリティとして高い評価を得ており、デビュー当初は演芸ブームという追いもあり、関西ローカルラジオレギュラー13本を抱えるほどの売れっ子になったほど。そんな中、1974年には『オールナイトニッポン水曜日パーソナリティに抜される。当初は3ヶの予定だったので、関西弁での下ネタ連発をしていた。が、これでブレイク。おかげで曜日が変わりつつもナインティナインが打ち破るまでオールナイトニッポン最長パーソナリティ記録を保持していた(記録:11年9ヶ)。当時のラジオを聴いていた男の子達は彼のラジオ々としていたのではないだろうか(あのWikipediaに「悩める男子学生股間を直撃した」って書かれるくらいだし)。

論、桃色トークに魅せられたのは男子学生だけではない。『の噂のゴールデンアワー』では主婦層の人気も獲得(※トーク内容はANNとそんなに変わりません)。だが、ラジオファンが高座を見に来ることを端から期待していない。

としては師匠譲りの快な話術が持ち味だが、自身のラジオスタイルにも応用できるであろう講談種、浪曲種、地噺も得意ジャンルである。これは元々、笑福亭のお芸であり、彼の噺としての技術はお芸に沿ったものである。演は関東中心ではあるものの、学校寄席、2~3ヶに一度は地元大阪での演も行っている。


関連動画



■sm1062346[ニコ動]

■sm10304534[ニコ動]
■sm7707201[ニコ動]
■sm2339941[ニコ動]


関連商品


■azB000657QBK
■azB000YY68I0
■azB001NOQD12
■az486191437X
■azB001EPK0RS
■azB001EPK0I2
■azB00005EO11

■dw381581
■dw112326
■dw112327
■dw112328
■dw112330


関連項目



最終更新日: 12/07/20 18:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ