ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


第一駆逐隊


ヨミ: ダイイチクチクタイ

第一駆逐隊(だいいちくちくたい)とは、旧大日本帝国海軍の部隊の一つ。初代以降は横須賀鎮守府に所属する1番駆逐隊である。日露戦争時のほかに歴代は3度編成されており、三代目以外は転属による番号変更を繰り返している。

 第一駆逐隊(日露戦争)


所属駆逐艦


艦名 転入・転出・損失
駆逐艦 [I] 日本海戦前に転出
駆逐艦 朝潮 [I] 日本海戦前に転出
駆逐艦 [I] 日本海戦前に転出
駆逐艦 [I] 1904年(明治37年)5月17日沈没
春雨駆逐艦 春雨 [I] 日本海戦前に編入
春雨駆逐艦 吹雪 [I] 日本海戦前に編入
春雨駆逐艦 [I] 日本海戦前に編入
山彦駆逐艦 [II] (山彦 日本海戦前に編入
春雨駆逐艦 有明 [I] 日本海戦後に編入

概要


日露戦争時の第一駆逐隊は、第二・第三駆逐隊らと共に連合艦隊第一艦隊に所属し、日本海戦などに参加した。

開戦時は日本海軍初の駆逐艦である東雲ともいえる2隻と、東雲と同じく日本海軍初の駆逐艦とされるである2隻で構成された、新鋭の駆逐艦による部隊であった。開戦時の駆逐艦である。しかし、1904年5月順港閉塞作戦中、老山南東駆逐艦の初代が触沈没してしまう。

その後再編により、朝潮第四駆逐隊に、を第三駆逐隊に転出。変わりに第四駆逐隊から春雨を、工した吹雪を相次いで編入したため、日本海戦時には当時最新鋭となる初の駆逐艦春雨3隻と、後述するロシア鹵獲艦である山彦1隻での編成となった。日本海戦時の駆逐艦春雨である。

1904年8月、山東の芝において、ロシア軍のソーコル級駆逐艦シーテリヌイ(Решительный)が降伏したため、これを捕獲して整備し、日本海軍へ編入した。前述の駆逐艦の初代の沈没がロシア側には気づかれていないと判断されたため、レシーテリヌイをと命名し、初代が沈没したことと、ロシア駆逐艦を使用していることを悟られないように欺瞞した。

二代日本海戦において、見たからロシア側のものと誤認させ、敵の前方に連繋機一号)を撒く作戦が立案されたものの、悪のため実行はされなかった。終戦後、初代の除籍と同時に山彦名された。

1905年(明治38年)12月12日の新編成では、吹雪有明は第一駆逐隊に、春雨山彦は第三駆逐隊に編入された。よって以降はそれぞれの駆逐隊の項を参照。


駆逐隊司令


時期 役職 名前 備考
開戦時 浅井正次郎大佐兵7期)
日本海戦時 藤本秀四郎大佐兵11期)

年表


日付 出来事
1901年(明治34年) 12月14日 イギリス・ヤーロー社にて [I] 工。)
1902年(明治35年) 2月13日 イギリス・ソーニクロフト社にて工。)
2月14日 イギリス・ヤーロー社にて工。)
5月4日 イギリス・ソーニクロフト社にて朝潮工。)
5月7日 [I] が横須賀に到着。)
5月30日 に到着。)
6月15日 横須賀に到着。)
11月20日 朝潮横須賀に到着。)
1903年(明治36年) 6月14日 (レシーテリヌィ就役。)
6月26日 横須賀造船にて春雨工。)
12月28日 常備艦隊を分割し、大本営揮下に二代連合艦隊
および第一艦隊を新編(旗艦:戦艦三笠)。
配下に朝潮 [I] で第一駆逐隊を新編?
1904年(明治37年) 2月8日 日露戦争開戦。)
5月17日 [I] 触沈没。
8月12日 (降伏した露駆逐艦シーテリヌィを捕獲。)
1905年(明治38年) 1月17日 (レシーテリヌィの整備を了し、 [II] と命名。)
2月28日 軍工にて吹雪工。)
5月10日 軍工にて工。)
5月27日
28
春雨吹雪 [II] の第一駆逐隊で日本海戦に参加。
6月1日 [I] 喪失表。
6月14日 第一艦隊を再編成(旗艦:戦艦三笠)。
7月30日 横須賀造船にて有明工。)
9月5日 日露戦争終戦。)
10月19日 [I] 除籍。 [II] を山彦名。)

 第一駆逐隊 [I] →第四駆逐隊 [II] →第七駆逐隊 [II]

1905年(明治38年)12月12日〜1917年(大正6年)3月31日(〜1919年(大正8年)12月1日


所属駆逐艦


艦名 転入・転出・損失
春雨駆逐艦 有明 [I]
春雨駆逐艦 吹雪 [I]
春雨駆逐艦 [I] 1917年(大正6年)4月1日転出
神風型駆逐艦 [I] 弥生 [I] 1917年(大正6年)4月1日転出

概要


初代第一駆逐隊は横須賀鎮守府所属で、春雨3隻と、準同艦である初代神風型1隻により編成された。神風型が混ざっているのは春雨が全7隻であったため。日露戦争終戦時に第一駆逐隊であった3隻を基に編成されているが、日本海戦時に駆逐艦であった春雨は第三駆逐隊に移っている。

新編時は最新鋭の駆逐艦による部隊として第一艦隊に所属し、第一次世界大戦時の対独臨戦編制では第二・第十六・第十七駆逐隊と共に第一水雷戦隊に所属した。

最後の2年は有明吹雪の2隻だけとなり、最初の年は大要港部にて二代第四駆逐隊となる。翌年横鎮へ帰り二代第七駆逐隊称され、1919年に三等駆逐艦整理のため第八駆逐隊に編入され消滅した。


駆逐隊司令


時期 役職 名前 備考
1905年(明治38年)12月12日 - 不詳
1908年(明治41年)11月20日 永田泰次郎中佐兵15期) 12月10日より兼第二駆逐隊
1909年(明治42年)5月25日 - 不詳
1912年(大正元年)12月1日 大内田盛繁中佐21期)
1914年(大正3年)12月1日 - 不詳
1914年(大正3年)8月18日 長沢太郎中佐兵26期)

年表


日付 出来事
1905年(明治38年) 9月23日 横須賀軍工にて弥生工。)
12月12日 有明吹雪弥生で第一駆逐隊を新編。
12月20日 二代連合艦隊解隊により、
揮下に第一艦隊を再編成(旗艦:戦艦富士)。
1906年(明治39年) 6月1日 第一艦隊(旗艦:装甲巡洋艦日進)。
1912年(大正元年) 8月28日 三等駆逐艦に類別。
1914年(大正3年) 8月18日 第一艦隊(旗艦:戦艦摂津)配下に
第一水雷戦隊を新編(旗艦:防護巡洋艦音羽)。
8月23日 日本第一次世界大戦に参戦。)
1915年(大正4年) 12月13日 第一艦隊(旗艦:戦艦扶桑第一水雷戦隊(旗艦:装甲巡洋艦日進)。
1916年(大正5年) 12月1日 横須賀鎮守府予備艦?
1917年(大正6年) 4月1日 要港部部隊となり?第四駆逐隊称。
第九駆逐隊弥生第十四駆逐隊に編入。
1918年(大正7年) 4月1日 第七駆逐隊称。横須賀鎮守府予備艦?
11月11日 第一次世界大戦終戦。)
1919年(大正8年) 12月1日 解隊。有明吹雪第八駆逐隊に編入。
1924年(大正13年) 4月1日 が除籍。)
12月1日 有明吹雪弥生が除籍。弥生は雑役船に編入。)
1925年(大正14年) 4月10日 有明船認許。)
11月12日 有明が内務に移管、東京水上警察署取締船となる。)
1926年(大正15年) 5月-- 吹雪船処分となり解体。)
8月10日 弥生船。豊後で、標的船として撃沈処分。)

 第一駆逐隊 [II] →第三十三駆逐隊→第十八駆逐隊 [II]

1917年(大正6年)4月1日〜1920年(大正9年)10月12日(〜1935年(昭和10年)4月1日


所属駆逐艦


艦名 転入・転出・損失
磯風駆逐艦 磯風 [I]
磯風駆逐艦 浜風 [I]
磯風駆逐艦 天津風 [I]
磯風駆逐艦 [I] 時津風 [I] 1918年(大正7年)3月25日沈没
1920年(大正9年)2月17日代艦編入

概要


次へ»
最終更新日: 14/09/24 02:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ