ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


第二次世界大戦


ヨミ: ダイニジセカイタイセン
掲示板をミル!
705カキコ!
歴史 このページ歴史についての記事です。 中立的な編集・議論が望ましいです。

第二次世界大戦とは、1939年1945年に勃発した人類史上二度世界戦争である。
ここでは1939年ドイツ軍によるポーランド侵攻から1945年ポツダム宣言受諾までを簡潔に記述する。

  概要
  ・前大戦との比較
  ・参戦国
    ・ナチスドイツ
    ・大日本帝國
    ・イタリア王国
  開戦
  ・ポーランド侵攻
  ・冬戦争
  ・真珠湾攻撃
  終結
  ・イタリア軍降伏
  ・ドイツ軍降伏
  ・日本軍降伏
  戦争が残した爪あと
  関連動画
  関連商品
  関連項目

概要

- 前 大 戦 と の 較 -

この戦争は、連合アメリカ合衆国ソビエト社会主義共和国連邦中華民国イギリスフランス)と
枢軸国日本ドイツイタリア)間の戦争で、両営合計で全49が参戦、動員兵数が1億1000万人と 人類史上最大の戦争となった。

第一次世界大戦(1914~1918)との大きな相違点は、

以上の点から、おそらく史上最多の非戦闘員民間人)の死者を出した戦争でもある。

- 参 戦  -

連合
   アメリカ合衆国    イギリス    フランス
   中華民国    ソビエト    オーストラリア
   カナダ    オランダ    ニュージーランド
その他多数。



V S
枢軸国
   日本    ドイツ    イタリア
   ブルガリア    ハンガリー    ギリシャ
   タイ王国    フィンランド    ルーマニア
その他多数。
※都合上、国旗名は簡潔な物を使用しています。

ヴェルサイユ条約や世界恐慌の危機から
広大植民地を持たず、資本主義の基盤が脆弱な国家ナチス・ドイツイタリア大日本帝國
軍事的圧を強め、際連盟を脱退する。
その後「日独軍事同盟」が結ばれ、後の「枢軸国」の中心となり、世界を二つに分ける。
枢軸国の名称は、ムッソリーニローマベルリンを結ぶ垂直線を枢軸として際関係は転回すると演説したことに由来する。

   ナチスドイツ

ヴェルサイユ体制やマルクス義の打破、反ユダヤ義を掲げる国家社会主義ドイツ労働者党ナチス)が
1932年に共産党の進出を恐れる保守の支持を得て、総選挙で第1党に躍進する。
その後1933年に、ナチスの党首・導者であるアドルフ・ヒトラー首相に就任し、際連盟を脱退。
翌年には総統となり、ナチスの独裁を敷いた後、 大日本帝國と「日独防共協定」を結び、
その後1940年にイタリア大日本帝國と「日独軍事同盟」を結んだ。

   大日本帝國

日中戦争の進展を狙い、ナチス・ドイツイタリアと「日独軍事同盟」を結ぶ。
しかし、アメリカ英国などから石油の貿易制限(ABCD包囲網)が掛けられる。
自給自足体制を敷くため期開戦を余儀なくされた日本は、 東南アジアに軍を進めて資を手に入れると同時に、アメリカイギリス中国への支援ルートを遮断するため 東南アジアへと侵出する。

   イタリア王国

1928年に、ベニート・ムッソリーニを議長とする「ファシズム大評議会(ファシスト党)」が
政の最高機関となった事で、ファシスト党の独裁体制を確立。反対勢を排除していった。
更に1937年に際連盟を脱退。 1939年に「独軍事同盟」を結び、翌年にイギリスフランス宣戦布告
また、自の発言を高めるため大日本帝國ナチスドイツと「日独軍事同盟」を締結する。


開戦期(1939年)



ポーランド侵攻


[画像][動]
戦地に赴くドイツ軍

1938年、ナチス・ドイツオーストリアを併合し、その後チェコスロバキアの解体および併合と保護化を強行した。
ドイツ民族の地域を併合していく先は最終的に東プロイセンとの間にあり、ダンツィヒを含むポーラ ンド回廊に向けられることとなる。

ダンツィヒ及びポーランド回廊第一次世界大戦におけるドイツ敗北によりドイツから奪い取られた領土であった。またポーランド回廊は東プロイセンとの間を埋めるために必要であった。

ドイツダンツィヒの編入とポーランド回廊自由通過を要するが、英から独立保障を受けていたポーランドはこれを拒否した。ドイツ陸軍参謀総長フランツ・ハルダーはポーランド侵攻計画「の場合」を起案。攻撃は宣戦布告より前に行われることになっており、軍と陸軍の連携の元に速やかに包囲殲滅を狙った。

そして1939年9月1日ドイツ軍がポーランド都市ヴィエルニを爆したことにより、ポーランド侵攻作戦は始まった。ポーランド側の計画では、ドイツ軍を足止めしつつ、英同盟の援軍を待ち、動員が了しだい英連合軍に呼応して攻勢をかける手はずだった。

しかし、計画は裏に出た。ポーランド陸軍の兵ドイツとのに細長く引き伸ばされており、しばしばドイツ機甲師団に包囲された。

9月3日ドイツ宣戦布告し、ここに第二次世界大戦が始まる。しかし両ドイツには宣戦布告したが、救援のためポーランドまで進軍してドイツ軍との交戦は行わなかった。またヒトラーは、以前から宥和政策を実施し、反共産主義という点で利が一致していた英が、宣戦布告してくると想定していなかった。
 

装備、錬度、数的優位に立つドイツ軍に対し、ポーランド軍はソ連とのまで後退を余儀なくされる。
これに対しソ連事前の秘密協定に基づきソ連ポーランド不可侵条約を一方的に破棄してポーランドへ東から侵攻。カーゾン線まで達した。一方、ポーランドとの相互援助協定が有るにもかかわらず、英は、ソ連に対し宣戦布告を行わなかった。予想外の攻撃にポーランド軍は壊滅し、中立ルーマニアへ脱出。
よって独ソ両は、僅か1ヶ後の10月6日ポーランド全域の占領に成功した。

その後ポーランドは独ソ両分割され、ドイツ軍占領地域から、ユダヤ人ゲットーへの強制収容が始まった。ソ連軍占領地域でもカティンの事件で25,000人のポーランド人が殺され、1939年から1941年にかけて、約180万人が殺又は外追放された。


冬戦争


[画像][動]
ソ連フィンランドへ侵攻

一方ソ連軍は11月30日、多数の戦車航空機を投入し、フィンランド領内へ侵攻を開始した。 対するフィンランド軍は、装備は旧式のままで多くの人々からフィンランドが降伏するのは時間の問題だと 考えられていた。 しかし、フィンランド軍の士気は非常に高く、火炎瓶カモフラージュを用いた狙撃ソ連軍は多大な被害を負った。 これを受けてヒトラーは、スターリンの大粛清によりソ連軍の錬度が落ちているというドイツ諜報部の情報を確信した。

また、戦闘の準備を十分にしていなかったソ連軍を容赦なく襲った。 それでもなおソ連軍の物量に抗することはできず、ついにフィンランドは肥沃な都市部であったカレリア地帯を割譲すると言う屈辱的な講話を余儀なくされる。後に彼らはヒトラーと手を結んで一度は領土奪回を帰するが、21世紀現在になっても返還されていない。

なお、戦争によりソ連際連盟を除名された。日本ドイツイタリアに続き、ソ連際連盟から脱退・除名となり、相次いで大が抜けたことで、際連盟はますます形骸化した。


枢軸国の攻勢期(1940年~1941年上半期)



まやかし戦争からフランス降伏まで


1939年ドイツポーランド侵攻を機にイギリスフランスドイツ宣戦布告した。
しかし、ポーランド戦争中は独仏国があるはずの西部戦線では大規模な戦闘はほとんど行われず、ファニーウォー(まやかし戦争)と呼ばれる着状態が続いた。
とはいえ、停滞気味な陸上べ、上ではラプラタ戦のように活発な戦闘行為が行われていた。

[画像][動]
パリに入するドイツ軍

1940年4月ドイツは中立であったデンマークノルウェーに突如侵攻し占領した(ヴェーザー演習作戦)。しかし、ノルウェー侵攻で脆弱なドイツ軍は多数の水上艦艇を失った。5月10日西部戦線のドイツ軍は、戦略的に重要なベルギーオランダルクセンブルクベネルクスに侵攻。オランダ5月15日に降伏し、政府は王室ともどもロンドンに亡命。またベルギー政府イギリスに亡命し、5月28日ドイツと休戦条約を結んだ。なおアジアにおけるオランダ植民地亡命政府に準じて、連合側につくこととなる。同じ日、イギリスではウィンストン・チャーチル首相に就任し、戦時挙一致内閣が成立した。

ドイツ軍は、フランスとの沿いに、ベルギーまで続く外からの侵略を防ぐ楯として期待されていた巨大地下要塞・マジノ線を回。侵攻不可能と言われていたアルンヌ地方の深いをあっさり突破して、フランス東部に侵入。電撃戦く間に制圧し、英連合軍をドーバー海峡に面するダンケルクへ追い詰めた。

一方、イギリス海軍は英連合軍を救出するためダイナモ作戦を展開。その際、ドイツ軍が消耗した機甲師団を温存し妨作戦に投入しなかったため、またイギリス軍の活躍により、約3万人の捕虜と多くの兵器類は放棄したものの、陸上部隊は撤退に成功。6月4日までにダンケルクから約34万人もの英連合軍を救出した。


次へ»
最終更新日: 19/03/13 20:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社