ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


簡体字


ヨミ: カンタイジ
掲示板をミル!
59カキコ!
编集上の注意:この记事にはGoogle ChromeSafariでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google ChromeSafari以外のブラウザで编集してください。

简体字とは、中国およびシンガポールにおいて现在正字として采用している、来よりも简略化した汉字。简化字とも呼ばれる。

概要

1956年中国文字革委员会が「汉字简化法案」として布した。その后1964年に「简化字总表」を布し、この中では以下の3种类の表を提示している。

  1. として使用できない简体字 (350文字) - 例えば「習」は「习」と略すが、「習」を部分とする汉字には适用しない。
  2. として使用できる简体字 (132文字) および简化偏 (14种) - 例えば「賓」は「宾」と略し、これを部分とする「」も同样に「滨」と略す。后者の「簡化偏」は糸偏の汉字を「纟」と略す等、偏となる时のみ适用する形を示した物。
  3. 上揭二表を实际に适用した简体字 (1753文字)。

现在の中国では、看や印刷物等において全てこの简体字を使用しており、简略化する前の汉字は「繁体字」と呼ばれる。日本では战后に当用汉字や常用汉字において一部の字体の简略化が中国に先驱けて行われており、この字体は「新字体」と呼ばれており、それ以前の简略化する前の汉字は「旧字体」と呼ばれている。

新字体と简体字では、「学()」「()」「会()」「点 (點)」等、简体字と字形が一致する物も一部存在する、しかし一般的に言えば简略の具合は「繁体字>新字体>简体字」の顺で「>楽>乐」の顺番である。

ただし例外もあり「」の新字体は「」だが、简体字では「樱」と繁体字に近い简体字や、「澤」の新字体が「沢」だが、简体字では「泽」と简体字より新字体の方が字数が少ない例もある。

又、新字体の「仮()」「乗()」「)」「恵()」のように、新字体では略されているが简体字では略されていない汉字もあるので注意が必要である。

1977年にさらなる汉字の简略化を进めるため「第二次汉字简化法案案」が发表されたが、读みにくい等の批判が多く、间もなく废止となった。

香港および台湾では简体字を采用しておらず、现在でも繁体字を正字として使用している。なお台湾では繁体字とは呼ばず正式名称としては「正体字」と呼んでいる。

南アジアでは、中国系が压倒的多いシンガポ—ルでは1969年に『简体字表』を发表し、この表により、シンガポ—ルは中国大陆とは异なる独自の简略化(参考として、「」の简体字として中国大陆では「亚」を采用したが、当时のシンガポ—ルは日本と同じ「亜」に近い字を采用した)を进めたが、1976年に发表された『简化字总表』でシンガポ—ルの简体字は中国大陆のものと基本的に一致するになった。

また、同じく中国系が多いマレ—シアでは1981年に『简化汉字总表』を发表し、中国大陆と同じ简体字が实施され、现在のマレ—シア中国系の学校など教育の场では简体字を多く采用しているが、あくまでも正式采用ではないので、中の看や案内等では简体字か繁体字がごっちゃになっている事も多い。又、マレ—シア中国语の新闻では见出しが繁体字で记事の内容が简体字と使い分けているユニ—クな新闻もあるそうだ。


简体字の例


以下、括弧内は繁体字の字形を表す。


新字体との字体冲突


新字体も简体字も同じ繁体字(旧字体)からの略字だが、同じ汉字でも元の繁体字(旧字体)が异なる场合がある、 以下はそれの例を举げる


おまけ



以下新字体変換


簡体字とは、中国およびシンガポールにおいて現在正字として採用している、従来よりも簡略化した漢字。簡化字とも呼ばれる。


概要


1956年中国文字革委員会が「漢字簡化法案」として布した。その後1964年に「簡化字総表」を布し、この中では以下の3種類の表を提示している。

  1. として使用できない簡体字 (350文字) - 例えば「習」は「习」と略すが、「習」を部分とする漢字には適用しない。
  2. として使用できる簡体字 (132文字) および簡化偏 (14種) - 例えば「賓」は「宾」と略し、これを部分とする「」も同様に「滨」と略す。後者の「簡化偏」は糸偏の漢字を「纟」と略す等、偏となる時のみ適用する形を示した物。
  3. 上掲二表を実際に適用した簡体字 (1753文字)。

現在中国では、看や印刷物等において全てこの簡体字を使用しており、簡略化する前の漢字は「繁体字」と呼ばれる。日本では戦後に当用漢字常用漢字において一部の字体の簡略化が中国に先駆けて行われており、この字体は「新字体」と呼ばれており、それ以前の簡略化する前の漢字は「旧字体」と呼ばれている。

新字体と簡体字では、「学()」「()」「会()」「点 (點)」等、簡体字と字形が一致する物も一部存在する、しかし一般的に言えば簡略の具合は「繁体字>新字体>簡体字」の順で「>楽>乐」の順番である。

ただし例外もあり「」の新字体は「」だが、簡体字では「樱」と繁体字に近い簡体字や、「澤」の新字体が「沢」だが、簡体字では「泽」と簡体字より新字体の方が字数が少ない例もある。

又、新字体の「仮()」「乗()」「)」「恵()」のように、新字体では略されているが簡体字では略されていない漢字もあるので注意が必要である。

1977年にさらなる漢字の簡略化を進めるため「第二次漢字簡化法案案」が発表されたが、読みにくい等の批判が多く、間もなく止となった。

香港および台湾では簡体字を採用しておらず、現在でも繁体字を正字として使用している。なお台湾では繁体字とは呼ばず正式名称としては「正体字」と呼んでいる。

東南アジアでは、中国系が圧倒的多いシンガポールでは1969年に『簡体字表』を発表し、この表により、シンガポール中国大陸とは異なる独自の簡略化(参考として、「」の簡体字として中国大陸では「亚」を採用したが、当時のシンガポール日本と同じ「亜」に近い字を採用した)を進めたが、1976年に発表された『簡化字総表』でシンガポールの簡体字は中国大陸のものと基本的に一致するになった。

また、同じく中国系が多いマレーシアでは1981年に『簡化漢字総表』を発表し、中国大陸と同じ簡体字が実施され、現在マレーシア中国系の学校など教育の場では簡体字を多く採用しているが、あくまでも正式採用ではないので、中の看や案内等では簡体字か繁体字がごっちゃになっている事も多い。又、マレーシア中国語の新聞では見出しが繁体字で記事の内容が簡体字と使い分けているユニークな新聞もあるそうだ。


簡体字の例


以下、括弧内は繁体字の字形を表す。


新字体との字体衝突


新字体も簡体字も同じ繁体字(旧字体)からの略字だが、同じ漢字でも元の繁体字(旧字体)が異なる場合がある、 以下はそれの例を挙げる


おまけ



关联商品(関連商品)


■az4336000328


关联项目(関連項目)



外部リンク



最終更新日: 13/05/25 08:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社