ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


紅城トワ


ヨミ: アカギトワ
掲示板をミル!
115カキコ!

紅城トワとは『Go!プリンセスプリキュア』に登場する架の人物である。CV:沢城みゆき


概要


ホープキングダム王女であり、カナタ王子。本名は「プリンセス・ホープ・ディライト・トワ」と前作のお姫様同様に王族特有のやたら長い名前である。
と同じくバイオリンを弾きながら強く、優しく、美しいグランプリンセスし努していたが、ある日突然行方不明となってしまう。カナタやホープキングダムの民にとって彼女希望であり、彼女がいなくなり夢を抱けなくなったことが、結果としてディスダークによる侵攻を許してしまうことになった。

実際にはただの行方不明ではなく、ホープキングダムを狙うディスピアに心の弱さを利用されて連れ去られており、記憶や心、夢を消されてディスダークプリンセストワイライトとして育てられていた(詳しくはトワイライト(Go!プリンセスプリキュア)を参照)。
絶望魔女としてプリンセスプリキュアと戦い、敗戦を重ねた末に手に入れた4個プリンセスパフュームロストパフューム)でブラックプリンセスへと姿を変え圧倒的なを見せ付けるが、のカナタが演奏するバイオリンによって夢のが甦り、元の姿であるトワへ戻ることになる。
その際、トワやプリキュア達を助けるため今度はカナタが行方不明となってしまった。

トワへ戻った後は自分がしてきた悪事に苦しみ、一度はディスピアに囚われ絶望してしまうが、キュアフローラの説得と「失敗しても一歩ずつ取り返していけばいい」というカナタの言葉を思い出し、罪を抱いたままグランプリンセスになると決意。その間、パフュームとディスピアから与えられていた3個のキーが変化し、4人の新たなプリンセスプリキュア、キュアスカーレットへと変身する。

プリキュアとなった当初は罪の意識と贖罪の想いからも借りず1人で生きていくと宣言、はるか達と別れ1人で行動するものの、彼女異世界出身であるため人間界に関する知識が乏しく、また一王女ゆえの常識のズレもあって、自身のさを思い知る結果に終わる。
そんな時、とある老女に「心がっぽになると動けなくなる」「でも、心にまた暖かい物が入ってくると、動くが沸いてくるの」と諭されるが、その老女ロックによってゼツボーグにされてしまう。
自分の所為だと自責の念を抱いていたところに「お前が関わったものはみんな不幸になる」と言われるが、駆けつけたキュアフローラの励ましの言葉に涙を流し、老女の言葉通りが沸いてくることを実感した彼女は、過去を謝罪するとともに自分にを貸して欲しいと助けをめ、晴れキュアフローラ達の仲間となるのだった。

その後、先述の老女ことノーブル学園の学園長、望月ゆめ先生の計らいでノーブル学園の生徒として編入、学生寮で生活していくことになる。という名字は「いろいろ不便だろうから」とゆめ先生に付けてもらったらしい。みなみの中の人「分割で学費を返していくのだろうか…」[外部]
授業は問題なく受けている様子で[1]、その優な所作もあってかすぐにファンができている。一方、身の回りのことは自分でするという認識がなく、常識外れの行動でルームメイトクラスメイトのきららを振り回してしまうことも。とはいえ、後に1人で着替えができている辺り、教えてもらえば問題なく習得し実践できるようだ。
これからの学園生活で、彼女がどれだけ「暖かい物」を見つけられるかが楽しみである。

なお、後に泳げないことが判明する。歴代プリキュアではトンカチさんななぎさや「キュアマリン」なのに泳げないような描写のあるえりかに続くカナヅチキャラとなる。
に来てもビーチバレーや砂遊びをしようとごまかしにかかっていたが他の面々に感づかれており、意を伝えたらはるかには「やっと言ってくれた」と喜ばれ、みなみときららにはからかわれる始末。
そしてカナタと念願の再会を果たし、彼の記憶も戻った後ではお兄ちゃんっ子ぶりを発揮、カナタに甘える姿をほほえましく見られ、そしてやっぱりからかわれていたりする。

トワイライトからの変化として、外見は髪色から本来のみが強いピンクとなっており、髪形お嬢様巻きのようになった。なお、に隠れて普段は見えないが、トワイライトの時と同様にっている(第22話の覚醒する場面で確認できるほか、第27話の浴衣姿でを結い上げた時にもを出している)。カナタとはも肌も色が違うため異兄妹かと思っている人も見受けられたが、であるホープキングダム王(CV:川島得愛)は薄い肌、である王妃(CV:天野由梨)は褐色の肌であるため、カナタはの肌、トワはの肌、それぞれの色が遺伝されたと見ていいだろう。
装は元に戻ってもトワイライトのままだったが、はるか達にを基調とした一式(きららプリンセスエレガントコーデ)をプレゼントされ、これを私にしている。は打って変わってシックな感じの緋色の長袖ワンピースを着用している。

誕生日12月15日ホープキングダム人間界と同じなのだろうか?
おそらくスカーレット繋がりで映画風と共に去りぬ』(1939年)が初開された日をもってきたのだろう。
はるか4月10日年での元日から100(もも)=郷の日)、みなみ7月20日ハッピーマンデー導入以前の海の日)、きららの9月12日宇宙の日)にべると少々強引な気もするが。


キュアスカーレット


深紅の炎のプリンセス

キュアスカーレット

オールスターズ方式で41オールスターズ映画キュアエコーを含むと42人)のプリキュアになる、希望の炎のプリンセス。本作では伝説上のプリキュア3人とそれを継承したはるかたち3人がいるが、それとは別に新たに誕生したプリキュアとなる。

変身前のがそのまま長く伸びたような髪形となり、色はよりピンクが強くなり、濃いめのピンクの頭頂部付近から4本のロールに向かう形で淡くなるようにグラデーションがかかっている。
衣装は肩全体が羽のような形をしており、袖は二の腕全に見える形で分離している。スカートは少し左側に長いの部分と、その上から右側だけにい布飾りが伸びている。また、ティアラの両の後ろ部分にはい羽のような飾りが付いている。

変身後の決めゼリフは3人のものとは異なり「お覚悟、決めなさい!!」。

トワイライト時代にディスピアから与えられたブラックキーが変化したドレスアップキーを最初から3本所持している[2]。また第28話では新たに専用のキーが登場している。
また、通常変身で使ったドレスアップキーではなくミラクルフェニックスキーを使ってモードエレガント変身し、ドレスの形状はエンパイアライドレスと呼ばれるものになる(第22話の時点では変身キーエレガントハナビキーでのモードエレガントはみられない)。
さらに追加戦士染みの専用武器として、カナタが使っていたバイオリンが変化したスカーレットバイオリンを使用する。なお、スカーレットはこのバイオリンから感じる行方不明となったカナタの事を確信している。

余談だが、スカーレット(Scarlet)という色は炎の色であるとともに、西洋では枢機卿職や英国高官の徴であり、日本における類似色である緋色も宮中ではに次ぐ位の高い色であるなど、高な色であるとされる傾向にある。同時に、古来から罪悪や姦淫・不貞を徴する色ともされており、英単の古い用法では「罪深い」「淫らな」という意味を持たされていた。
こうした点から、炎のプリンセスであるだけでなく、生まれながらのプリンセスという出自や、トワイライトの頃に犯した罪を抱いてプリキュアになったことなど、様々な意味合いを持たせたネーミングであると考えられる。


通常技


プリキュアスカーレットフレイム
バイオリン変身キーを挿して弾き、『たぎれ!炎よ!』の掛けとともに渦巻き状の炎を放射する。

上位のドレスアップキー


ハナビ

文字通り花火モチーフにしたエレガントドレスアップキー
スカーレットバイオリンに挿すことでキュアビートラブギターロッドラリー同様に通常技が使えるようになる。一方で上述のようにこれを使った状態でのモードエレガントは現時点では不明。

プリキュアスカーレットイリュージョン
バイオリンキーを挿して弾き、『燃えよ!炎よ!』の掛けとともに花火を炸裂させ、バリアにする。
プリキュアスカーレットスパーク
バイオリンキーを挿して弾き、『燃えよ!炎よ!』の掛けとともにから炎を発射し、敵に直撃させる。

フェニックス

不死鳥火の鳥)をモチーフにしたミラクルドレスアップキー
モードエレガント時には右側にめられていたい布飾りが左側にも広げられ、その下部分には長くて少し明るくなったロングスカートが伸びている。

プリキュアフェニックスブレイズ
バイオリンキーを挿して弾き、『羽ばたけ!炎の』の掛けとともに火の鳥が現れて攻撃する。
決め台詞はやはり『ごきげんよう』。

サン

再びゼツボーグにされてしまったゆいを救った際に、彼女スケッチブックから出現したプレミアムドレスアップキー
他の3本のプレミアムドレスアップキーと共にプリンセスパレスに挿し起動させることで、を基調としピンクラインリボンが配色されたプリンセスドレスであるモードエレガントドレスアッププレミアムへと変わる。
この状態ではの長さが通常時から伸び、ロールも4本から5本に増加している。
また、このキー単独でプリンセスパレスの中央部に挿して起動することで個人技を使うことができる。

プリキュアスカーレットプロミネンス
プリンセスパレスキーを挿して起動し、『燃えよ!炎よ!』の掛けとともに小太陽を発生させ、そこからプロミネンスを敵にぶつけて攻撃する。

合体技


プリキュア・エクラエスポワール
キュアフローラキュアマーメイドキュアトゥインクルの3人と共に、サクラサンゴギンガ・サンの4本のキープリンセスパレスに差し込むことで発動する。
プリンセスパレスを起動させモードエレガントドレスアッププレミアムに変化、巨大なの中央に敵を留まらせた上で4人で取り囲み、「け!全てのプリキュア・エクラエスポワール!」の掛けと共に4人の両からビームを発射し、包み込んで浄化する。

存在が判明するまでの経緯


実は彼女の存在が判明した経緯は少々特殊である。というのも、これまであった追加戦士パターンとしては「始めからバレることを前提に出している」「初期段階で既に存在を表している」「巧妙に隠して上手くバレないようにしている」「設定の変更に伴い急遽追加される」のいずれかだった。

しかし彼女の場合はこれといったネタバレのリークこそなかったものの、番組開始プリンセスパフュームの解析によって音データが収録済みであることが発覚、存在が判明してしまう[3]
商品展開やコスト面の都合などを考えれば致し方ない事ではあるのだが、ここまであっさりと、かつ期に追加戦士の存在が判明したのはかなり異例と言える。
なお、音データを聞いて「沢城みゆきではないか?」とダメ絶対音感を発揮した者もいたため、トワイライト声優が判明した時点で「もしかして……」と考える人も少なくなかった模様(ただし、第1話のOPに仮面を付けた少女が登場した時点で「イース様セイレーンレジーナみたいな女の子」と注を集めてはいた)。

とはいえ、玩具の解析データというのは通常ではまず知りえないと思われる情報である。
この情報がなければ従来とさほど変わらない形で存在が判明していたであろう点には注意したい。

なお、以上の件とは関係だが、一部玩具においてスカーレットの音が流れるべき箇所がマーメイドのものになっているという不具合がある。
交換対応するとのことなので詳しくはおもちゃ公式ページ[外部]を参照のこと。


関連静画



紅城トワ


■im5020396(静画)
■im5053199(静画)


キュアスカーレット


次へ»
最終更新日: 19/02/25 11:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ