ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


細川尹賢


ヨミ: ホソカワタダカタ

細川尹賢とは、細川野州の庶流で、細川高国政権時に典厩となり彼を支えた一方で、その滅亡の最大の原因ともいうべき存在となった人物である。


概要


典厩とは管領・細川持之の細川持賢に始まるに最も近い分で、持賢や野州から迎えた養子の細川が幼少の当の貢献を務めたり、内衆重複していたりとほぼ一体化した存在であった。

そういう経緯もあって、細川政元暗殺後は去就を決めることができず、細川高国細川澄元に加え、当であった細川政賢が新たにとなる可性もあったが、和泉下守護から迎えられた政賢よりも高の方が血縁的に近いとされ退けられたという話も伝わっている。しかし結局細川政賢は細川澄元に与し、そこで迎えられたのが細川高国従兄弟である細川尹賢であった。典厩はその後も両営に分裂していたようだが、一応の系譜は細川尹賢の方を正当としていくようである。

細川高国は高に近しい人物が登用される傾向にあり、高細川政春細川息子である彼も、その一環として典厩にされたようである。細川尹賢のである細川高基畠山氏出身の細川宣と共同で和泉守護に新たにつけられたり、傍レベルではあるものの細川尹賢のである細川豊が備中守護に新たにつけられたりと、阿波細川氏に対抗するための身内人事が行われていたのである。

さて、細川尹賢は初名を細川といい、駿河守細川政清の養子であった。その後足利義澄の諱を受けて細川澄重に名し、没落した細川政賢の後を受けて高典厩の当として細川尹賢に名して在任することとなったのだ。

さらに彼は高として活躍し、高に代わり総大将として出したり、外交担当として各地の大名と音信をとったり、公家衆と交流を行ったりと、その業務は多岐にわたっている。

が、ここで最大の問題をやらかす。高の重臣・香西元盛を讒言によって高に殺させてしまったのである。その結果同じく高重臣であった波多野元清、本賢治の裏切りを招き高営を瓦解させるきっかけとなったのだ。

そして1531年6月赤松政村の裏切りによって大物崩れが起こり高は敗走、各地を逃走するも細川高国はとらえられ自害することとなったのだ。細川尹賢は逃走に成功して辛くもこの窮地を脱するも、翌には細川晴元臣である木澤衆の手にかかり、亡くなったのであった。

その後の高の活動は彼の息子である細川氏綱らに受け継がれていくがそれはまた別の話である。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける細川尹賢の力一覧。

年代の関係もあり、たった一度、蒼天録でのみ登場している。文の面で活躍したことから知略は高めに設定されている。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 政治 野望 教養
覇王 采配 戦闘 智謀 政治 野望
天翔記 戦才 智才 政才 野望
将星 戦闘 智謀 政治
烈風 采配 戦闘 智謀 政治
世記 采配 智謀 政治 野望
蒼天 統率 36 知略 80 政治 52
下創世 統率 知略 政治 教養
革新 統率 武勇 知略 政治
統率 武勇 知略 政治
創造 統率 武勇 知略 政治

関連項目



最終更新日: 17/03/08 09:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ