ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


細川忠興


ヨミ: ホソカワタダオキ
掲示板をミル!
155カキコ!

「細川忠興」(ほそかわ ただおき 永六年/1563-正保二年/1646)は、
戦国時代江戸時代の武将。
鎌倉以来の名細川の傍流、和泉上守護→肥後細川初代。
孝ともども一時は長岡を名乗っていた他、羽姓も賜っている。ここでは細川で統一。
官位は越中

芸術面に才を発揮しながら武将としても優秀である……のだが、
後述の通説によりヤンデレとばかり呼ばれてしまう、ちょっとカワイソスな人

兄弟元、幸、孝之、也、ほか3名の
正室:明智玉子(洗礼名:ガラシャ/秀院)
側室:宗保の/の丸)、明智忠の清田鎮乗の(吉/円通院)、下元
子:
細川長男)、細川(次男、細川元養子)、細川忠利(三男)、細川立孝(四男)
細川孝(五男)、松井寄之(六男、松井長養子)
長(長女)、古保(次女)、多良(三女)、(四女)


概要


細川藤孝斎)長男として産まれる。沼田麝香。幼名は千代

当初は足利に仕えていたが、に従って織田に仕えることとなり、織田信長息子信忠臣となった。
信長にも気に入られていたようで、武働きに対して直筆の感状を与えられたり「丹後を(孝ではなく)お前にやるつもりだ」と言われて「決して忘れませぬ」と感涙にむせんだところを「倅めが、えおるわ。忘れるなよ」と額をで推し動かした、という逸話が伝わっている。( ´_ゝ`)σД`)
その信長の媒酌により、15歳の時に明智光秀三女たま(ガラシャ結婚夫婦ともに美男美女で、婚礼においては当代随一の夫婦と呼ばれたという。

順調に功を重ねていた忠だったが、明智光秀本能寺の変を起こした為に状況が一変。「逆臣の」となった妻を丹波・味土野(みどの)の山に二年間閉することになってしまう。本来ならば離縁して明智に帰すべき所を、明智氏が滅亡した場合に命の保ができなくなる為、それが出来なかった。
また同心するように要請した光秀の誘いを断り、ともども髻を切った上で豊臣秀吉に味方した。この時の助拒否が、後に光秀秀吉敗北した理由の一つに数えられている。

秀吉下を統一すると、有大名として小牧・長久手、小田原征伐、朝鮮出兵にも従軍。しかし秀吉の死後は秀次事件などに端を発した石田三成との確執もあり、武断武将の一員として徳川家康に協、関ヶ原では東軍として戦った。
黒田長政らと共に石田軍と戦を繰り広げ、首級136を上げたその功により、豊前中津39万石(のちに忠利が熊本54万石に移封)を賜り、大幅な加増となる。
かしこの時妻・ガラシャが西軍の人質となることを拒み、屋敷に火を放ち命を落とすキリシタンであった為に自害出来ず、臣の手で介錯された)という悲劇が起きている。

大阪の陣においても、細川は徳方に味方した。
では徳川本近くに配置され、真田信繁の活躍をの当たりにし、その武働きを「左衛門佐、合戦場において討死、古今これなき大手柄」と絶賛した手紙が残っている。
1620年に隠居し、三斎宗立と号する。その後もたびたび江戸に出仕しており、多くの手紙や文書が残されている。

しかし晩年近くになると三男の忠利、四男の立孝に先立たれる不幸が続いた。
特に忠利の危篤に際してはしく取り乱した悲痛な手紙が残されており、人間・細川忠興の一面が伺える内容となっている。
その後、1646年に熊本・八代にて83歳で没した。

皆どもが忠義 戦場しきぞ いづれも稀な者どもぞ

臨終に際し残された言葉からも、戦に生きた武将としての想いが伺える。


「天下一気の短い男」


情報戦に長け、戦上手であった忠だが、名だたる戦国武将の中でもの苛、かつ冷酷な一面があった事が知られている。
特に有名なのが妻ガラシャにまつわる逸話なのだが、後世において「ヤンデレ」と伝わるその描写の出どころが宣教師の書簡で、
ガラシャを悲劇の殉教者として賛美する一方、無知・愚昧・冷酷な夫であったと誇された」
という摘がなされている。またこの逸話を元にしたラテン語の戯曲「強き女 またの名を、丹後王女王グラツィア」でも、忠は野蛮で愚かな男として描写されている。

実際には、忠ガラシャの死後にオルガンティノ神父に依頼してキリスト教式の葬儀を執り行ってもらい、家族臣と共にに参列している。
また、転封先の小倉でも禁教が出るまではセスデス神父を始めとしたキリシタン宗教施設を保護し、妻の福を祈ったという記録が残っている。そしてガラシャの死後、正室を迎える事は生涯なかった。

……それでもやらかした事はやっぱり苛なので、あんまりフォローになっていないのだが。


芸術家・文化人として


このような物騒な逸話が存在する反面、同様に芸術に関して才を発揮した。そのため、公家との付き合いも盛んだった。
細やかな人間関係を結ぶ事で得られる情報を武器とし、その後の幕府への奉や他の動向への対応に利用している。

その他、多くの作品・収集品が、細川代々の名品を収蔵した「文庫」に所蔵されており、定期的に展示されている。


その他逸話


8(1565)年、将軍足利義輝松永久秀らに攻められて殺され、孝は義・覚慶(後の足利義昭)を伴い、都落ちを余儀なくされる。
この時千代は僅か一歳だったが孝に置き去りにされ(一説には一度連れて行こうと戻ろうとしたとも)、三人のうち二人を見捨てて若君を保護し、松永の手勢から逃げ延びた。
その後は「宗八」と名を変え、井に紛れて三年の日を過ごす。織田信長支援を得た足利義昭と共に孝がに帰還を果たした際に千代の元に戻るが、この時孝は各地を放浪する中で妻を呼び寄せて生まれた・頓五郎(後の細川)を連れていたという。
ひどい父親と呼ぶか、やむを得ない事だったと考えるかは横において、こういう出来事があったというのは「細川忠興」という人物について考える一助となるかも知れない。
元は長らく忠を補佐し、関ヶ原の戦い以降に転封先の小倉代にもなったが、やがて忠と不仲となり、斎を頼っての屋敷に出奔。甥の忠らと共に暮らしている(のちに和解)。

荒木村重織田信長に反旗を翻して立てこもっていた有岡城から逃げ落ちた後、信長荒木の妻子を捕らえ、見せしめの為に一族郎党もろとも皆殺しを命じた。
この時忠で奉行職についており、処刑を見届ける事になった。かねてより荒木の妻子らと面識があった為、彼女達は「与一郎様頼みまする」と泣き叫びながら引き立てられ、処刑されていった。
この時の処刑は壮絶で、斬首や磔はまだましな方。身分の低い者は一つに押し込められて焼き殺されたと伝えられている。これについて忠はたびたび「哀なる事なりし」と言っていたという。
この時処刑を免れたの丸)がおり、後に忠の側室になり一女・古保を産んでいる。彼女も苛DNAを受け継いだようで、夫のに怒って火箸で突き殺したという話が残っている。こわい。

千利休が豊臣秀吉の勘気をり、居(後に切腹)を命じられた際、見送りに来たのは古田織部と細川忠興の二名だけだったという話が伝わっている。
それまで追従していた者達がこぞって背を向ける中、見送りに来るという事はそれだけで秀吉の不を買う可性が高かった。しかしそれを視して顔を見せた二人の子に対し、利休は手ずから削った杓をそれぞれに送り、今生の別れとした。これらの杓に対して忠「ゆがみ」織部「泪(なみだ)」と銘をつけて師をび、共に現存している。

はじめ高山右近、その後蒲生氏郷を経て細川忠興に仕官した加賀隼人良)は熱心なキリシタンであり、小倉家老を務めたほどの人物であった。しかし江戸幕府による禁教が出た後も教えを捨てる事はせず、その為に職を解かれて居の身となった。
加賀山を惜しんで何度も棄教を勧め、「自分と共に地獄へ行こう」とまで告げたが、彼が首を縦に振る事はなかったという。
いよいよキリシタンへの迫が始まり、元和5(1619)年、京都の大殉教と呼ばれる大量処刑が行われた。幼子までもがの腕に抱かれたまま火りにされるという地獄絵図の当たりにした忠加賀山の説得を諦め、帰後程なく処刑を命じた。従弟5歳息子と共に刑場に臨んだ加賀山はかつて神父から送られた修い、斬首される前に祈りの言葉を口にする事を許されたという。
彼の息女・みやも数奇な運命を辿り、後に熊本の地で殉教している。その後2008年に、ローマ法王・ベネディクト16世により福者認定を受けた(トロ岐部と187殉教者)。

小倉の隣にある小倉園社(八坂神社)は「小倉のぎおんさん」と呼ばれて親しまれているが、その謂れとして次のような話が伝わっている。
が供を連れて狩に出た折、山中ボロボロになった祠を発見する。中に何があるのか興味々だった忠は、を手ではなくでこじ開けようとした。途端に中からが飛び出して忠を蹴りつけ、その場に倒する羽になった。慌てて臣らがに連れ帰り手当を受けたが、どうしたことか忠が見えなくなってしまった。
罰が当たったと反した忠はただちにの傍らに神社を立てさせ、臣らも石籠を奉納した。やがての病は快癒し現在でも眼病癒にご利益があると伝えられている。
元和4年(1618年)には豊前の一帯で疫病やが発生し、忠宝を換して被災者の救済に当てると共に、八坂神社に参籠。その後被害が治まった事を祝う為、京都祇園祭を模した盛大な祭りを開いた。その後細川熊本に転封後、小笠原となってからも祭は続けられて「小倉園太鼓」と呼ばれる祭となり、現在でも人気イベントとなっている。


評価


な面ばかりが強調されがちであるが、別に年がら年中キレたり病んだりしてる訳ではない
それ以外は常識人であり、武将としても優秀であった。また上記の逸話のように気ある人物であり、寛容な一面があった事が伺い知れる。
本能寺の変関ヶ原の戦いなど、名存亡の危機を乗り越えて、足利織田豊臣・徳全てに臣従しながら、名を現代まで伝えたことは高く評価できる。
ガラシャの死については非難されることが多いが、彼女の死によって西軍が東軍諸将の妻子を人質に取る動きが封じられた事、東軍諸将が発奮した事、そして名を上げたのも事実である。


次へ»
最終更新日: 18/04/03 15:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ