ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


細川高国


ヨミ: ホソカワタカクニ
掲示板をミル!
11カキコ!

細川高国(ほそかわ・たかくに 1484 ~ 1531)とは、室町幕府管領、守護大名である。出後の号より細川永」(~どうえい)とも


概要


魔法将軍細川政元の三人の養子のひとり。ライバル細川澄元との血で血を洗う抗争を制して、細川督と管領のポジションゲットした。将軍足利義稙との対立を制し、栄を誇る。

かつて倒したライバル澄元の遺児・細川晴元とも抗争が始まるが、その最中、ある人物の讒言によって中は内部分裂し、泥沼の攻防の末に敗北を喫し切腹した。

信長の誕生(1534年)以前の人物であるため少々知名度は低いが、戦国時代初期における下に最も近い男である。


生涯


養子入り

細川氏の有のひとつ・細川野州に生まれる。細川政春

この頃の宗細川の当である細川政元は、クーデター将軍足利義稙を追放して実権を握ったという野心であると同時に周囲がドン引きするレベル奇人でもあった。本気で魔法使いになる事をしており、その修行の一環として女性との交わりを一切禁じていたために当然子供がおらず、養子をとっていた。

明応の政変当時は名門公家である五摂のひとつ・九条から細川澄之が養子入りするも、細川氏の血を引かない跡継ぎ補に数々の分から不満が続出(そりゃそうだ)。そこで、分細川から細川澄元が新たに養子入りして後継者に名されていた。

さて、高の立ち位置であるが、政元が澄之を養子に迎えることを打診した1年前の延徳2年(1490年)の「大乗院寺社雑事記」に「細川政春の7歳の息子が政元に養子入りした」という記述がある。
は「3人の養子」として認識されることもあるが、正確には「最初の養子」と言うべきだろう。
政春兄弟である勝之は細川勝元の後継者として養子に迎えられた経緯があり、と野州の縁は元より深かった。

ただし、養子補が澄之→澄元と移る中で高の養子縁組も勝之同様に解消されたものと見られる。
実は高は管領・畠山政長の嫡男の尚順の婿であり、高の養子縁組の時期はまだ畠山尾州は協調関係にあり、結びつきを強める意図があったのではないかと推測される。
いずれにせよ、この人間関係は後の高の栄達に繋がっていくのである。

後継者争い

一応、後継者は澄元という事になっていたが、元よりと讃州の関係が微妙だったことも手伝い、細川臣団の分裂を招いてしまった。1507年、細川政元風呂場で魔法の修業をしているところを暗殺されてしまう。下手人は澄之の人物だった。

かくして細川澄之が新当に擁立されるが、このやり方に澄元と高は当然猛抗議。高とそのにあたる典厩細川政賢は挙兵してわずか1ヶで澄之を自害に追い込むことに成功した。これで本来の路線通り、細川澄元が後継者として督を継ぐ。この時点での高は、まだあくまで澄元を支持・補佐するという立場にしていた。

と、そこにやって来たのが、かつて政元に京都を追放された元将軍足利義稙だった。彼は各地を流れ流れた末に、周防大内氏の護下に入っていたが、政元死亡ニュースを聞いて、大内義興率いる大軍勢とともに上してきたのである。

しかし、死んだ政元が擁立した将軍足利義澄は未だ現役。どうしたものかと考えた澄元は、ひとまず義稙方との交渉役として高淡路守護細川派遣することにした。高らは婿である畠山尚順を説得して味方につけることに成功する。

尚順は明応の政変以来、義稙の強な与党としてに抵抗を続け、これより少し前はライバルである畠山総州の義英と和していたが、再び決裂してそれぞれの居に戻り対峙していたところだった。

こうして同盟関係が成立した澄元は尚順を支援して、一人反義澄方となった義英を討伐するため大軍を送り居を攻め落とす。
しかし、「不問物語」によると、指揮官の一人である赤沢長経という人物が、尚順の勢拡大を危惧して義英を密かに居から逃し、更に「高・尚順は共謀して澄元に叛くつもりだ」と讒言する。

これに前後して澄元の和案は大内義興に突っぱねられてしまい、義稙与党との尚順の同盟もくも破綻。更に澄元に疑われるようになった高伊勢参宮と称して出奔することになる。

加えて澄元営は大きな問題を抱えていた。彼の讃州時代からの臣・三好之長・高与三らは元よりその振る舞いを本来の臣から忌み嫌われており、澄元や祖細川成之も彼ら波衆の横暴を押し留めようとなんとか対処していた。
しかし、遂に臣の不満は爆発。「澄元に依存はないが、三好・高クソ」(不問物語)と記されるほどであり、にいられなくなった澄元は三好赤沢らと共に出奔した。


澄元が追い出された以上、代わりの後継者を擁立する必要がある訳だが、それが何故高になったのかというのは「不問物語」に詳しい。

当初は澄之討伐にも功があり、また代々の補佐役を務めている細川典厩の政賢、ないしその子である澄賢に継がせるべし推されていたのだが、上野玄蕃細川元治が異論を出す。


①先代の典厩細川は野州出身であり、また政賢は和泉下守護出身であり、実は血縁は遠い。
②野州のほうがより血縁は近く、高は幼少期に政元の養子になったことがある。
③器用があり、今回の澄之討伐の功もある。
畠山尚順婿のため、その領地である河内紀伊を始め、摂津・丹波も維持しやすい。
といったもので、これに一同納得して高を推戴したようだ。

なお、政賢はその後足利義稙の上後も引き続き高営に所属していたものの、突然澄元営に転じている。
督を継げなかったことに遺恨があったのか、また元より義稙とは確執があり義澄の御台所を保護する立場も左右したのか、相は不明である。

そして高畠山尚順と共に上する足利義稙を迎え入れ、後ろを失った義澄は没落。
この後の争いは「義稙&高」対「義澄&澄元」というタッグマッチの図式になり、これを「両細川の乱」と呼ぶ。この争いはおおむね高チームの優位に進み、その後も澄元チームの反撃を何度か受けるも、1511年に足利義澄が病死した事と、その直後の船岡山合戦で大勝利した事が決め手となって、澄元は実家波へと落ち延びていった。

更なる高みへ

後に能登守護の畠山義元・義総親子も上して義稙営に加わり、義稙将軍の下で大内細川・両畠山の四大名が在して支える体制が確立した。
まあこの頃は危険なバランスを保ちつつも上手くやっていたのだが、義が長らく領留守にしていたため、安芸武田毛利などが不穏な動きを見せ始める。これを理由に1518年、義が西に帰っていった事で、火種は再び燃え上がる。

この状況を見て、かつてのライバル細川澄元が再起を図って挙兵する。お前じゃを倒せねぇ」と自信満々に迎撃に向かう高であったが、実は高、戦にはめっぽう弱く大内の助けも得られなかったためボロ負けする。慌ててに戻って義稙に逃げるんだよォ!と呼びかけるも、義稙、これを視。

ひとり近江に逃亡した高が見たのは、自分を切り捨てて澄元を迎え入れる義稙の姿であった。

この怒りが更なるパワーを呼び覚ましたのかは知らないが、たった3ヶで反撃に転じて三好之長を捕えて自害させることに成功する。
澄元営はこの時澄元が病に倒れ、しばしば戦死の噂も流れるほどで(やがて病死)、また例によって人望のない之長に反発する国衆もいたことであっけない敗北に至ったという事情もある。

はひとまず義稙の行動は見なかったことにし、再び義稙を支える大名として振る舞うが、1521年には将軍・義稙がを出奔、高討伐を呼びかけ旧澄元営や、この時謀反に遭い没落していた畠山尚順と提携。
この事態に高は代わりに亡き足利義澄の遺児である足利義晴(当時11歳)を将軍祭り上げることに成功した。これにより義稙営は勢いを失い、さしたる行動もないまま尚順も義稙も間もなく病死し、遂に高の単独政権が成り立った。

栄華の終わり

1524年、出して「永」と号する。同時に督を息子細川に譲り大御所政治を敷くなど盤石の体制を整えようとしていた。が、その年の末に稙18歳若さで病死してしまう。本人としてもかなりショックな出来事であったが、これで歯車が狂ったか、ここから高の凋落が始まっていく。

単独で幕府を支配すると言えば聞こえはいいが、高には高なりの苦労があった。
かつての在四大名のうち大内義興は帰の後は旧義稙・澄元営として敵に回り、畠山義元も帰しておりすでに亡く、畿内では畠山尚順の子・稙長が引き続き高の味方として在する程度だった。
1521年の足利義晴邸の新造営に際しては、高本人が能登畠山義総の例に倣って上して総奉行を務めることを要請しており、それが断念すると畠山稙長に上を要請するなどと、「単独政権」は必ずしもの望む所ではなかった可性もある。

また細川のうち讃州・典厩淡路守護和泉守護等の大半が澄元営に属して敵対しており、高側では野州から典厩和泉守護備中守護に一門を送り込んで対抗する。
しかしそれで単純に戦が膨れ上がるわけでもなく、高が戦になると脆いのはそのことも災いしていた。

これに対応するため高中を編制し直し、元の重臣層に加えて本来の野州臣や、新たに台頭した近習層などをバランス良く配置することに腐心していた。
また、自分の従兄弟で典厩を継いだ細川尹賢や、従来より高だった赤松重臣の浦上村宗などの高与党を大名邸御成将軍が大名の屋敷を訪れること)などの栄誉を与えることで引き上げを図っている。
四大名時代にも上手く立ち回った高バランス感覚はここでも発揮され、義稙治世下で約10年、義治世下で約5年もの間、畿内に概ね安定期を演出していた。

しかし、それでも自壊の時というのはやってくるものである。
当時の細川配下の中で、特に栄達していたのは近習的立場の波多野氏(ちなみに本来は石見吉見氏の出身であり丹波人ではない)、波多野元清・香西元盛・本賢治の三兄弟であった。
これを快く思わなかったのが、典厩細川尹賢である。彼も高の代わりにしばしば総大将を務めた功績があり、文化的素養も高く、子の次郎(後の氏綱)は高の後継者の有補だった。
細川両家記」によるとある時彼は香西元盛が文盲であることに付け込んで、「香西元盛は敵に内通している」と罪をでっち上げる。
一旦はそれを信じた高であるものの、思い直して元盛に釈明させた上で判断するという対応を取ったが、罪の露見を恐れた尹賢は先んじて元盛を死に追い込んでしまった。

当然ながら波多野氏はこの事件に激怒。高一気に下がってしまう。その中で立ち上がったのが、亡き澄元の子・細川晴元であった。元は重臣・三好元長(之長の孫、三好四兄弟)と共に、義稙の養子・足利義維(義澄のもう一人の子)を擁立して本格的に挙兵する。「義&高」対「義維&元」という形で再びタッグマッチの開幕である。高は救援を要請するが、応えてくれたのは若狭武田氏くらいだった。

1527年、川原の戦いで三好政長兄弟波多野兄弟に高チームは惨敗し、逃亡。チーム事実上の政治拠点を作ってしまった(方と呼ばれる)。高朝倉氏や北畠氏のを借りて、なんとかに戻ろうと四苦八苦するハメになる。最往年の権勢は消え失せてしまった。

大物崩れ

そんな中で心強い協者となったのが備前の浦上村宗であった。彼は元々赤松氏に仕える守護代の身であったが、君・赤松義村を暗殺して、播磨・備前・美作守護の赤松っていた人物である。村宗の助けを借りて、1530年にようやく高に戻ることが出来た。

それでも三好元長の攻撃は止まず、戦いは一進一退の様相を見せており、高には更なる援軍が必要だった。そこで村宗の傀儡君である赤松(のちの赤松晴政)に命じて、赤松氏の軍勢を動員させることに成功する。

…が、これはだった。政・義村を殺された恨みを忘れておらず、村宗を亡き者にする機会を狙い続けていたのだ。そしてこれを好機と見て、チームに密かに内通していた。

そんなことはいざ知らず、戦いに臨む高たちだったが、後詰の赤松軍が突然寝返って背後から奇襲をかけた為に総崩れとなる。乱戦の中で浦上村宗は討死。その他高側の有力武将たちも多くが討死するなど壊滅的大打撃を受けてしまう。この合戦を 大物崩れ」(だいもつくずれ)と呼ぶ。

死屍累々の中をなんとか逃げる高だったが、追手が迫ってきたため近くの染物屋に逃げ込んで、の中に隠れてやり過ごそうとした。これに対してチーム三好一秀(元長の)は子供達を集めて「この辺に悪いハゲ逃げてきて、一人でかくれんぼしてるんだ。もし見つけてくれたら、この美味しそうなを全部キミたちにあげるよ」と物で釣る作戦を実行。子供たちのおやつパワーと人戦術の前に、ああ哀れ
「たかくにくん、みーつけた」

……という「足利季世記」などの後世の軍記のエピソードが有名かもしれないが、当時の「二水記」という記録によると少し事情が違う。
潜伏していた高三好一秀に発見されるが、付き従う臣は一人もいない有様だった。
観念した高は一秀と一日一夜宴を酌み交わした後、を十文字に掻き切り、一秀の介錯を受け最期を遂げたという。1531年7月享年48だった。
敵である三好一秀もその最期にしたらしく、高が親しい人間に宛てた辞世の句を方々に届けたのも一秀だった。
1507年に政元が殺されてから延々続いてきた両細川の乱も、ここでようやく幕を閉じることになる。

なお、その後追い詰められて自害した細川尹賢だが、「尹賢は元方に寝返って殺された」という認識があるが、
これは2つに分かれて元方に所属していた政賢の系統の「細川典厩(晴賢)」を尹賢に定したことによる誤解である。
政権崩壊の原因を作った戦犯であるが、少なくとも高を裏切ってはいないことを名誉のために述べておく。


その後


尹賢の子・細川氏綱は高の養子となっており、後々に三好長慶細川晴元に反旗を翻す際に祭り上げられている。


関連動画



■sm21091778[ニコ動]


補足



次へ»
最終更新日: 18/09/10 18:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ