ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?


ヨミ: シュウマツナニシテマスカイソガシイデスカスクッテモラッテイイデスカ
掲示板をミル!
262カキコ!

終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』とは、角川スニーカー文庫より刊行中のライトノベル。枯野著。イラストue略称は、すかすか、終末な。

2016年4月発売の5巻で完結し、新章として「終末なにしてますか?もう一度だけ、会えますか?」が発売されている。
2017年2月外伝が刊行。
2019年6月に正規勇者(リーガル・ブレイブ)リーリァ・アスプレイ軸にした全に独立した物語、「終末なにしてますか? 異伝 リーリァ・アスプレイ」が発売された。

2017年4月12日からアニメ放送開始。同年6月まで放送された。


あらすじ


を倒し、すらも倒した《人間》は規格外の《》によって滅ぼされた。地上は人間族を含む他の多くの種族も《》によってされ、残されたわずかな種族は地上を離れ浮遊島の上に暮らしている。
たったひとり、数年の眠りから覚めた人間青年ヴィレムは《》と戦う妖精兵と出会う。浮遊島のために戦い、死にゆく定めの妖精兵たち。そんな少女妖精たちと青年教官のくも輝ける日々


概要


滅びつつある世界でのセカイ系?作品とでもいえばいいのかという作品。
主人公ヴィレムにとっては数年前に必死に生きた世界での何もかもを失ってしまった、生き残ってしまったバッドエンドの後日談とでもいえるような有様の状況だが、それでもそこに今生きている人は必死で、そんな中にかかわっていく話。

非常に長いタイトルで、ニコニコ動画タグには収まりきらず終末なにしてますか?(略)や終末な(略)のようなタグがついている。著者もあとがきにて「今さらですが長いですねこ!?」とタイトルを評している。また、2巻のあとがきで「1巻の売り上げがさびしかったので3巻がお送りできるかわかりません」や、一度は打ち切りが決まっていた、など存続が難しい時期もあったことが伺える。

しかし2015年頃から電子書籍での展開を機に徐々に評価は高まり、「このライトノベルがすごい!2016」で新作部門2位・作品部門5位、「2015年上半期ライトノベルツイッター杯」1位、「SUGOI JAPAN 2016」のライトノベル部門で投票になるノミネート作「SUGOI20」に選ばれるなど、注を集め始め、続刊や各種展開を果たすこととなった。

余談だが、表イラストでの女の子の泣かされ率が異様に高い。

公式サイトにて1巻155ページの試し読み開されている。


主な登場人物



主要人物


ヴィレム・クメシュ(Willem=Kmetsch) - CV:新井
主人公青年。五数年前に滅びたはずの人間族(エムネトワイト)の、一の生き残り。長い眠りから覚めた後「浮遊大陸群(レグル・エレ)」28でしばらくふらふらしていたが、友人の紹介で軍の秘密兵器妖精」を管理するという閑職「第二位呪器技官」につくことになる。地上にいたころは「準勇者(クアシブレイブ)」であり、戦闘技術をはじめとした様々な技に通じるが、戦いの後遺症により体がボロボロであり、現在満足にそのを振るうことはできない。
クトリ・ノタ・セニオリス(Chtholly=Nota=Senior) - CV:田所あずさ
「成体妖精兵」で遺跡兵装セニオリス適合者。発生から15年。が特徴的な少女
だが素直になれない性格。背伸びして大人ぶるところがあり、子供扱いされると不機嫌になる。ヴィレムとは物語冒頭に28で偶然出会っているが、その後68の「妖精倉庫」で再会することになる。
アイセア・マイゼ・ヴァルガリス(Ithea=Myse=Valguliou) - CV:Machico
「成体妖精兵」で遺跡兵装ヴァルガリス適合者。褪せた色のを持つ。発生からは14年。
人懐っこい性格でヴィレムともすぐ打ち解けるが、ひょうひょうとしており本心がつかみにくい一面もある。「~っす」というような話し方をする。いつも笑顔でいるが他人から一線引いた、褪せた態度をとる。
フレン・ルク・インニア(Nephren=Ruq=Insania) - CV:上原あかり
「成体妖精兵」で遺跡兵装インニア適合者。発生からは13年。灰色を持つ。通称「レン」。
年の割りに小柄で、物静かな性格。本の虫といっても過言ではないほど読書好きである。また、表情に乏しい。なぜかヴィレムが1人でいると過度なスキンシップをし、付き添ってくる。
ラートルクイツリ・ヒストリア(Rhantolk=Ytri=Historia) - CV:荒浪和沙
「成体妖精兵」で遺跡兵装ヒストリア適合者。発生から14年。藍色にそれを薄くした瞳を持つ。通称「ラーン」。
常に敬語で話し、論理的な思考をする。同じ妖精以外の他人に対しては警をするが、納得できる理由さえあれば心を許す。普段は厳しいも淡な態度をとっているが仲間を大事に思う心優しい性格。
ノフト・ケー・ディペラティオ(Nopht=Keh=Desperatio) - CV:水瀬いのり
「成体妖精兵」で遺跡兵装ディスペラティオ適合者。発生から14年。朱色にそれを濃くした瞳の色の容姿。
感情を隠すことなく物事を率直に言う素直な性格。そのためかクトリとは喧友達でソリが合わないが本人は心配している。ラートルク仕事を一緒にすることが多く、互いに信頼し合っている。

妖精倉庫の人々


イグラート(Nygglatho) - CV:井上喜久子
ヴィレムの知り合いである、喰人種トロール)の女。い長いエプロンドレスを着ている。オルランドリ商会に属する管理人兼世話係。ことあるたびに人食いを示唆する発言をしてヴィレムを困惑させる。
何よりも妖精倉庫の子供が第一であり情をもって接しているが、彼女らの運命を良く知っており現状に苦悩している。怒らすと冗談抜きで怖い。
ティアット(Tiat) - CV:友美
「幼体妖精」で若草色と深いの瞳の容姿を持つ。発生から10年。年少組の1人。
普段からしっかりとした素直な子で率先して自分より下の子の面倒を見ている。大人になる事に憧れており、いつかクトリのような立妖精兵となりたいと夢見ている。好きなもの、興味がある物があるとを忘れて奮する。「~かしら・のよ」といった女性で話す。
ラキシュ(Lakhesh) - CV:石見舞菜香
「幼体妖精」で橙色を持つ年少組の1人。発生から9年。
自己がはっきりと行えずおどおどとしてしまい、口調もたどたどしいものになってしまう。年少組4人の中ではに引きとめ役であるが、弱音を吐きながらもついていってしまう。前任の管理者の許可をもらって68浮遊島の町のパン屋でアルバイトをしている。
パニバル(Pannibal) - CV:久保ユリカ
「幼体妖精」で紫色と瞳を持つ年少組の1人。発生から9年。
大人びた口調に落ちついた雰囲気持った少女。だが初対面のヴィレムに切りかかるなど子供らしい面もある。
好奇心と知識欲が豊富で興味をもったことは知りたいやりたいという性格。そのためか口調が大人びている。
コロン(Collon) - CV:木野日菜
「幼体妖精」でで桜色と瞳を持つ年少組の1人。発生から9年。
とにかく元気な絵に描いたような子供妖精倉庫でなにかと壊したりとトラブルを起こしている。またなぜかヴィレムにあうと組み伏せて関節技を決める。本人も良くわかっていないのにとにかく大で返事をする癖がある。

軍関係者


石灰岩ノ肌”ライムキン(limeskin) - CV:小杉十郎太
族(レプトレイス)の男性。護軍第一位機甲武官。山のような巨白色の鱗に覆われた外見。
ヴィレムの直属の上に当たる。難しいことをさらに難しい言い回しで喋り、その上族の喉の造りの違いから発音も独特なので大抵の者は何を言っているのか理解できない。妖精倉庫とは長い付き合いでそのため妖精達には「戦士」としての理解はある。
バロニ・マキシ - CV:鈴木千尋
徴人(ハレサントロポス)の護憲兵科の一位武官。針のように線が細く人間族のような顔立ちをしい日よけメガネと細長いを持つ。私情を挟まず軍務に忠実で且つ有能な人物。相手がであろうが護軍人として対応し約束したことは必ず行う有限実行者。大賢者の右腕のような人物。
賢者 - CV:麦人
軍最高相談役。地上終末期、浮遊大陸群(レグル・エレ)へと生き残った人々を導き現在までの世界を維持しより守ってきたとされる生きる伝説。蓬金髪、皺の刻まれた厳しい顔とがたいのいい体を純のローブで覆って引きずっている。ただそこにいるだけで威圧的な印を受ける人物。世界妖精の在り方について知っており、とある計画を画策している。

浮遊大陸群の人々


リックグレイクラック(Grick=Graycrack) - CV:千葉繁
族(ボーグル)の15歳青年(短命種族であるため、15歳でもいい歳にあたる)。気のいいヴィレムの親友。と牙が生え緑色の肌を持つ。
探検サルベージャー)で、地上で化石化したヴィレムを持ち帰り助けた本人。その後の荒れた彼の面倒をみたりとかなりのお人よしで情に厚い。妖精彼女らにも偏見なく接する。
フィラルリビア・ドリオ(Phyracorlybia=Dorio) - CV:井上ほの花
徴人(リュカトロポス)で11番浮遊島コリナディルーチェ市長メイヤー)のお嬢様。19歳。
ライムキンとは父親が友人で幼い頃からの顔見知り。市長暗殺の予告の件でヴィレム達と遭遇する。井や観光名所を案内できるぐらい把握している。純に育てられたためか良くも悪くも正しさに妄信的である。
ギルアンダルス・ドリオ
徴人(リュカトロポス)で11番浮遊島コリナディルーチェ市長メイヤー)。フィラルリビアの父親貴族制だった政治体制を止し、民衆から長を選出できるようにした為、旧貴族と対立状態にある。
単眼医者 - CV:高橋仲也
単眼(キクロベ)で11番浮遊島妖精専門の施療院の医者巨人ともいえる筋粒々の体に単眼メガネをしている。数ある妖精を生体へと調整し遺跡兵装を持てるようにしている。そのため現役妖精兵や過去彼女らについてもかなり知識が深い。また迫されがちな妖精への理解も深く、その運命についても悲しく思っている。
アスタルト
11番浮遊島で宿屋を経営している50がらみの喰人鬼種(トロール)の男性
コリナディルーチェ外れの街道沿いの町で営業しており、とあることからヴィレムと赤髪少女を預かることとなる。成人した1人がおり、どこかで小さな子供の面倒を見る職についているそうだが・・・。

過去の人々


アルマリアデュフナー(Almaria=Duffner) - CV:佐藤聡美
帝国ゴマフォーリナー記念養育院在住の孤児。黒髪の整った容姿を持つ14歳少女
養育院内では年長組みのため、院の母親的な存在。また頼りがいのある性格のせいか、大勢の男達に思いを寄せられていたが尽くヴィレムが露払いをしていた。ある事情からヴィレムのことを「おとーさん」と呼ぶ。
セオドアブリクロード
冒険者の青年ヴィレムの友人。銀髪痩身でレベルは8。称は「テッド」。
 快活で感情表現豊かな性格で他人であっても物怖じしない。気弱にも見えるが行動勇気はある。アルマリアに惚れており「」をもつヴィレムからは毛嫌いされている。
ニルス・ディデクフォーリナー
ディオネ騎士名誉騎士にして元十八代正規勇者ヴィレムとリーリァの師匠
年齢を感じさせない容姿と不思議な雰囲気を持ち合わせており、あらゆる武芸般を修め、帝国学士を数十人並べても適わないほどの賢さを持つ。物言いはぶっきらぼうだが知り合いには甘い。養育院のではあるがなぜかふらっとどこかへ出かけては単位で帰ってくるためヴィレムからは「クソ師匠」と言われる。

勇者一行


次へ»
最終更新日: 19/06/03 22:04
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ