ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


結城友奈


ヨミ: ユウキユウナ
掲示板をミル!
194カキコ!
注意 この記事は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。
[画像を見る] この記事ではキャラクター個別について解説しています。
アニメ全般に関しては「結城友奈は勇者である」を参照してください。

"私は、勇者になる!"

 

結城友奈(ゆ‌うき‌ゆうなは、テレビアニメ結城友奈は勇者である』のキャラクターである。CV照井春佳


プロフィール



概要


本作品の主人公。いつも元気で前向きな、勇者部のムードメーカー的存在である。中学2年生。
イメージカラーピンクモチーフとなったである。

爛漫でとでも仲良くできる性格であり、勇者部に入部した当初なかなか勇者部になじめなかった三好夏凜勇者部の一員として暖かく受け入れた。

東郷美森とはが隣同士であり、美がほかのから引っ越してきて不安を感じていた時に、彼女を優しく案内してあげて以降、彼女とは親友同士である。
親友同士であるにもかかわらず美を「東郷さん」とさん付けで呼ぶのは、美がそう希望しているからである。

特技である武術のほかに、父親直伝のマッサージが得意。ぜひ友奈ちゃんにマッサージしてもらいたい。

また、「鷲尾須美は勇者である」の最終話で、彼女四国で最も勇者適性が高い少女であることがわかっている。


日常では


に選ばれた勇者としてバーテックスと戦うことになった後も、悩むこともなく元気な生活を送っている。
ただ、勇者としては少し抜けているようで、勇者システムの説明書きを読んでおらず美から摘されたり、に「あなたよく馬鹿って言われるでしょ」と言われた時には、苦笑しながらもあっさり肯定するという場面が見られた。

勇者部全員カラオケボックスに行った際には、部長犬吠埼風が歌っている時に楽器叩きながら積極的に合いの手を入れるなどして、一番はしゃいでいた。この辺りは、中の人そのままである。

また、足が不自由である美が乗っている車椅子をいつも押してあげているのは友奈である。友奈自身もこの役割を果たすのは自分だという自負があるようで、第6話では「ここは私の定位置」とっていた。

第6話以降、満開の影で味覚を失ってしまうが、「お菓子の味が分からないなんて人生半分損だ」と笑いながら言うなど、味覚をなくしたことをあまり深刻に考えず、気丈に振る舞い続けた。

第12話の過酷な戦いのあと、しばらくの間植物状態となっていたが本人く気合で復帰する。他の部員同様、お役から解放されが供物を返還したことによって味覚を回復しており、彼女は第5話の初めで食べたいと言っていたぶっかけうどんをようやく味わうことができた。
その後、ラストシーンの立ちくらみを起こすという一の不安は残したものの、彼女平和日常を取り戻したのだった。


戦闘では


初めて樹海化した世界に入った時点では、さすがに動揺したようで戦いに参加できずにいた。
しかしバーテックスが前に迫り、美を守りたいという心が彼女に戦う意志を与えた。

「ここで、友達を見捨てるようなやつは……勇者じゃない!!」

無我夢中で変身し、渾身の叫びとともにバーテックスに「勇者パンチ」をお見舞いした。これ以降、友奈は第一線で戦うことになる。

他の勇者部メンバーが固有の武器を持つのに対し、友奈の武器はもっぱら「素手」である。
特技の武術を生かしメンバー中では最も多くの御魂(バーテックスの心臓)を破壊する活躍を見せた。

最後の戦いでは、の破壊を企てる美を魂の叫びとの拳によって見事説得する。その後、バーテックスがに向け射出した特大の弾を止めようとするも一旦尽きた。そのうえ散によって足まで奪われるが、気合で再び満開して弾に突っ込んでいき、ぎりぎりのところで御魂の破壊を果たした。


精霊


」は、友奈に付き従う精霊元ネタは恐ろしい妖怪であるが、このゆるキャラの外見をしている。
一部では、『ARIA』のキャラクターである「アリア・ポコテンアリア社長)」に似ているというも聞かれる。

性格は友奈に似て自由奔放。常時で呼び出してもいないのに勝手に出てきて他の精霊をかじったり、皆で食べるために友奈が用意したお菓子を全部食べてしまったりしていた。
のこの性格のために、常時は他の部員は精霊を出しておけない。

しかしそんなにも友奈は着を抱いていたようで、勇者としての役を終えてが呼び出せなくなった際には寂しがる様子を見せた。

第8話では、新たな精霊火車」が登場した。炎を体にまとったのような精霊


黒幕説


放送当時、「他のキャラクターと違い本人の素性や環境などがまったく描写されない」「まるで人のような行動」「『友奈』の文字をばらして組み替えると『大赦』になる」などを根拠に「実は友奈が物語黒幕なのではないか」という憶測がなされた。

しかし、これだけでは決定的な根拠に欠けるため与太話の域を出ず、『鷲尾須美は勇者である』の展開も踏まえて友奈黒幕説に対しては否定的な者も多かった。
その後もこの説のような展開にはならず、最終話の放送を終えた今ではひとまず否定されている。


関連動画



■sm26212457[ニコ動]


関連静画


■im4421893(静画)
■im4348465(静画)

■im4546785(静画)
■im4505449(静画)


関連立体



関連項目



外部リンク



結城友奈は勇者である
結城友奈 - 犬吠埼風 - 犬吠埼樹 - 東郷美森 - 三好夏凜

最終更新日: 17/07/08 22:45
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ