ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


結城晴朝


ヨミ: ユウキハルトモ
掲示板をミル!
1カキコ!

結城晴朝ゆうき・はるとも 1534 ~ 1614)とは、下総フレッシュアイドルはるちん戦国武将である。


概要


関東八屋形一家下総結城17代当

北条氏が関東を席巻する中、巧みに生き残りを図った中小勢のひとり。初め親北条の立場だったが、最終的には反北条へ転じた。やがて、下を手中に収めつつあった羽柴秀吉に接近し、秀吉の養子となっていた徳川家康の次男・結城秀康を養子に迎える。

こうして戦国時代を生き抜き、結城を存続させたに見えたのだが…。

下三名のひとつ・御手杵(おてぎね)を作らせた人物でもある。


生涯


家督相続まで

小山の三男。伯父結城政勝に跡継ぎがいなかったため、養子となった。『』の一字は古河方・足利晴氏からの拝領。

そもそも・高結城氏の生まれである。小山氏と結城氏は同族(小山の方が宗)だが、この時代は二代続けて実の兄弟が両の当を務めた事になる。小山氏の督は小山秀綱が継いだ。

そんな訳で、結城氏と小山氏は同族連合体のような形で長年固く結びついていた。しかし時は戦国時代。両歴史の流れに翻弄されていくことになる…。

1559年、養・政勝が死去したため督を継いだ。直後に常陸不死鳥小田氏治に攻め込まれたが、実・高の救けもあって撃退した。

上杉と北条の狭間で

当時の結城氏・小山氏は親北条路線をとっており、周囲の佐竹宇都宮小田といった勢と対立していた。1560年、そんな状況に転機が訪れる。

が来た。

北条氏康に敗れて越後に亡命していた関東管領・上杉憲政の要請を聞き入れた越後の長尾景虎が、上杉政虎と名をめ、北条討伐を掲げて関東に出兵してきたのである。(※以下では謙信で統一)

結城晴朝は引き続き北条方に属する事を表明したが、下にいた山川・多賀水谷といった諸人は次々上杉方へとなびいてしまう。更には小山秀綱も上杉方へとついてしまった。

孤立しながらも村雨の人足利義氏を擁して抵抗していただったが、古河御所は上杉軍に制圧されて(本来の後継者である)足利氏が古河方となり、謙信鶴岡八幡宮関東管領に就任。この圧倒的な状況に、遂に降伏して反北条に転じることになった。

ところが結局小田原城を落とす事が出来ないまま謙信は撤退してしまった。すると関東の諸将も再び北条になびいたりと、事態はかなり流動的なものになった。も秀綱も1563年にはくも親北条に復帰している。が、帰ってきた軍ボコボコにされて再び降伏する羽になった。

こんな感じである時は北条に、ある時は上杉に付き、時には実家小山とも戦ったりしていたが、1569年に越相同盟が締結された事で軍は去っていった。ほとんど災である。

といっても、関東では親北条と反北条の戦いが延々と続いていく。いやぁ~乱世乱世!

反北条同盟へ

1574年の年末に実小山が死去するが、この時は別営(結城は親北条、小山は反北条)にいたため、葬儀に行く事も出来なかった。ああ情。

かしこの頃を佐竹氏・宇都宮氏との結びつきを強めるようになり、本格的に反北条路線を歩むようになる。1576年に小山氏の本拠地・が北条軍に落とされ、翌年には結城も攻撃にさらされるが、先述の同盟関係から救援を得て守りきった。

この時点で40歳をえていたが、男子に恵まれなかったため、1577年に宇都宮広綱の次男(宇都宮綱の)を養子に迎えて結城朝勝と名乗らせた。勝の佐竹義昭佐竹義重)である。こうして結城晴朝・佐竹義重宇都宮の3大名は本格的な連合関係となって、北条氏に対抗していく事になった。

一方この頃、中央では織田信長が、そして豊臣秀吉が大勢を築き上げつつあった。たちは北条氏に対抗するため、今度は秀吉に接近する。(なお小山秀綱は全に北条の従属下に置かれてしまった)

1587年頃には勝に督を譲っていた形跡が見られるが、その一方で秀吉に養子縁組を打診するというしたたかさを見せている。

小田原征伐、そして

念願かなって豊臣秀吉による大々的な小田原征伐が行われると、もちろん結城晴朝は豊臣方として参した。・秀綱は北条方として戦ったため戦後易となり、小山の旧領は結城に与えられ、秀綱はの下で余生を過ごす事となった。諦めの悪さに定評のある小田氏治易され、のち結城臣となる。

更に以前から秀吉に打診していた養子の件が通り、秀吉が養子(人質)としていた羽柴秀康徳川家康の次男)が迎え入れられた。結城秀康(秀)である。一方北条が滅んで用済みになった結城朝勝嫡・養子縁組を解消されて宇都宮に帰っていった。現実は非情である

豊臣政権とがっちり手を結び、新たな関東となった徳川家康の子を養子に迎える事に成功したは中久喜に隠居して、秀康に督を譲った。戦国の荒波を乗り切った結城名はこれで安泰…と思われたのだが。

1600年、秀吉死後の関ヶ原の戦い家康が制し、1603年に江戸幕府が開かれた。この際に結城秀康は加増の上で越前北ノ(のちの福井67万石に移封される。それまでの結城領が10万石ちょっとだったので大出世ではあるが、は先祖代々頑って守ってきたはずの結城の地をあっさりと離れる事になってしまった。なお兄・秀綱は越前には同行せず、まもなく死去した。

秀康は1607年に死去する。松平忠直が跡継ぎとなるが、見ての通り姓に復姓しており、結城は存亡の危機に立たされる(秀康もに復していたとする説もあり)。相手は下の将軍ではあるが、なんとしても結城名を残したいは、秀康五男の結城直基1604生)に結城督を継がせた。

故地・結城への想いを抱きながら、1614年、81歳で死去した。


その後


成人した結城直基は1624年に越前勝山3万石の大名となったが、1626年に姓へと復したため、結局結城氏は消滅してしまった。しかし直基とその子孫は紋ではなく結城氏の紋を用い続け、名乗りこそになったが、結城氏の流れを現代へと繋げている。最終的な領地が前橋のため前橋、あるいは結城と呼ばれる。なお引っ越しが多かった。

前橋なのに、前橋だったのが20年くらいしかないとか言わない(川越時代も前橋はずっと領地に入っている)。の祈願だった結城復帰はわず終わった。


御手杵の槍


日本号・蜻蛉切と並ぶ『下三名』のひとつ。

名前の由来はその特徴的な。杵というとクワのような形の「打杵」が一般に思い浮かぶが、こちらは棒の中央部が握りやすく細くなっていて、太い両端で突く「手杵」がモチーフ。それを極端にデカく、形状も極端にしたのがこの。そのの重さは驚きの6貫22.5kg)。

そして自体の大きさもこれまたトンデモで、全長3.8m、うちの部分が2mというデカさ。これに先述のとにかく立つをつけて、結城徴として、参勤交代の大名行列では常に先頭に立っていた。

が、残念ながら実物は東京大空襲の際に失われてしまった。

御手杵(刀剣乱舞)の項に説明が詳しい。


埋蔵金伝説


結城氏の初代は結城朝光1168~1254)という人物で、源頼朝の側近の一人であり、木曾義仲討伐、壇ノの戦い、そして奥州藤原氏征伐でも功を挙げた。頼の落胤とまでウワサされる人物である。

この、実は頼から奥州藤原氏の所蔵していたを褒美として授けられていた…らしい。

その後の結城氏は衰退と復活を繰り返す。特に結城合戦では一時滅亡するも、やがて結城政朝の登場で復活し、戦国時代を生き抜いている。これも密かに蓄えられた財があったからなのか…?

そして結城晴朝は越前へと移る前に、代々伝わるその財宝を徳の手には渡さぬと、結城のどこかに埋めて隠した……という色々と噂に尾ひれが付きまくったような話が現代にまで伝わっている。が建立した寺には意味不明の和歌3首やの絵が彫られており、これがを解くカギになっているとか………。

この埋蔵金伝説江戸時代には既に通説となっていたようで(家康も探したという)、財政難に悩まされた徳川吉宗の時代、名奉行大岡越前こと大忠相が実際に結城近辺で埋蔵金探しを行っている。が、結局見つからなかった。

結城の地は1703年以降、水野氏(水野勝成の子孫)が治めていたが、大正時代には子孫の手によって発掘作業が行われている。が、結局見つからなかった。

現代に至るまで行方知れずの埋蔵金結城の地に戻れなかったの執念の賜物なのか…。

なお、の遺構を勝手に掘ることは偉い人に叱られます。ダメ、ゼッタイ。


補足


信長の野望」(PCシリーズにおける結城晴朝の力一覧。

したたかに動き回り生き残った事もあってか、戦闘は並だが政治は優秀。どちらかというと智謀の人物のような気もするが、その辺はもしや埋蔵金…?

軍事 内政
戦国群雄伝 戦闘 政治 野望
武将風雲録(S1) 戦闘 54 政治 61 72 野望 59 教養 58
武将風雲録(S2) 戦闘 56 政治 64 72 野望 59 教養 59
覇王 采配 77 戦闘 44 智謀 63 政治 71 野望 53
天翔記 戦才 120(B) 智才 136(B) 政才 150(A) 80 野望 62
将星 戦闘 53 智謀 76 政治 79
烈風 采配 72 戦闘 37 智謀 66 政治 74
世記 采配 47 智謀 60 政治 74 野望 47
蒼天 統率 41 知略 77 政治 79
下創世 統率 41 知略 78 政治 80 教養 56
革新 統率 67 武勇 44 知略 86 政治 88
統率 67 武勇 44 知略 81 政治 85
創造 統率 64 武勇 51 知略 79 政治 80

次へ»
最終更新日: 16/11/08 21:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ