ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


結婚


ヨミ: ケツコン
掲示板をミル!
996カキコ!

結婚英:marriage)とは、

  1. 男女夫婦という関係になること。婚姻
  2. 男女ゴール人生の新たなるスタート地点・人によっては墓場。1の意味を慣用句的に使ったりしたもの。
  3. 匿名掲示板動画サイトなどで投稿した内容が意図せずがかぶってしまった時に送られる言葉。かぶっちゃった結婚とも。由来は1より。

概要


この項日本国内における慣習・法律に基づいて書かれています。

婚とは、一定の条件を満たした男性女性が、それぞれ自身の自由意思に基づき夫婦という関係になることに合意し、役所にその継続的な共同体を作る的の届出を提出し、受理された場合に成立する。

日本民法上は配偶関係を結ぶことのみならず、配偶関係である状態のことも含めて婚姻といい、法令上はこれが正式な用とされている。そのため、役所で提出する届出の書の名称は婚姻届となっている。
男性18歳以上、女性16歳以上の年齢で、ともに既婚でない(他の人間とその時点で夫婦でない)ことを必要とする。
また未成年者の結婚には、親(未成年者もしくは、もしくはそれに準ずる保護者)のどちらかの同意も必要である。

婚姻届を出さず、つまり法的には他人のまま夫婦と同じような状態で生活している場合を「事実婚」と呼ぶ。内縁の妻というのも事実婚の女性す言葉である。しばしばウェブサイト上でも「俺の嫁」という単が出現するが、発言者の一方的な意思のであり、婚姻届等の提出もないため、法的にも認められないこの状態が事実婚であるかどうかは意見が分かれる。

日本国憲法第24条は、

婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協により、維持されなければならない
2. 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質等に立脚して、制定されなければならない

と定めており、これに基づいて民法731条~第771条で婚姻に関わる各規定が設けられている。

憲法第24条は、日本過去滞在経験があり、日本女性の地位の低さを嘆いたGHQ民政局女性局員のベアテ・シロタ・ゴードン(1923年~2012年)の発案によって書かれたものであり、長制を否定して女性の地位向上を図る趣旨で取り入れられたといわれている。

「両性の合意のみに基いて」という記述があることから、現行憲法下では同性婚を認める法令を制定できないのでは、と解釈されることもある。同性婚の合性に関して最高裁判所は現状、判断を下していない。

なお、血のつながった者同士(あるいは血がつながっていなくても法的に家族になったことがある者同士)の結婚、いわゆる近親婚法律で一定の制限がなされている。どこまでがセーフでどこからがアウトなのかについては「近親婚」や「民法第734条」の大百科記事を参照されたい。


2.の概要


この項は結婚に満足できなかった、もしくはネガティブにとらえる人の考えに基づいて書かれています

「結婚とは、人生墓場である」は昔からよく言われていることであるが、けだし名言である。

元々合う者同士が一緒になって結婚する訳だから幸せにならなければいけないのだが、

そんな人間は実はほんの一握りで、男性は「嫁のメシがまずい」などと不満を抱えて日々既婚男性版に書き込み、女性は「夫の給料がまずい」などと不満を抱えて既婚女に書き込み、不倫したり、最後に離婚したりする。

また女性が専業主婦の場合は男性側のリスクが多く、ボロ雑巾のように働き庭に奉仕する男性の悲哀を歌った歌もある。男性が低給、無職の場合は、女性側のリスクが高く、庭内外で働く女性の懸命さ、(あるいは滑稽さ)を皮ったエッセイなどもある。

にもかかわらず、マスコミ婚活(笑)を連日のように取り上げ、ニコニコ動画内では結婚したがる者が後を絶たない(行末の関連項目参照)


3.の概要


投稿時間の差が数しかないなど明らかに別人が投稿したと思われるのに、内容がほぼ同じだった場合に

「そんなに考えることが同じならおまえらもう結婚しちゃえよ」というニュアンスで使われる。

性別がどうだとかこの際関係ない。

そのためでも同じようなことを考えつけるような状況でかぶった場合には通常使われない。


2.の関連動画


実際に結婚タグがつき、婚率の非常に高い実況プレイ動画


■sm6422838[ニコ動]

その他


3.の関連動画


最近起こった事例

■sm7307965[ニコ動]


関連項目



求婚動画関連



最終更新日: 19/04/04 04:19
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社