ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


緋色の空


ヨミ: ヒショクノソラ
掲示板をミル!
21カキコ!

緋色の空とはアニメ灼眼のシャナ」の第1期シリーズ灼眼のシャナ」、第1話〜第16話の前期オープニングテーマ曲である。
また同アニメOVA主題歌のこともす。


概要


アニメ、「灼眼のシャナ」の前期オープニングテーマ曲として採用された、I'veに所属する川田まみセカンドシングルである。カップリング曲として『another planet』が収録されている。両曲ともに作詞川田まみ自身が行い、作曲編曲I'veクリエイターの最年少の中沢伴行が携わっている。

 注すべきは、作詞クレジットされているのが川田まみ単独であるということである。
当時、川田まみの代表曲「明日への涙」「eclipse」などの場合は、作詞KOTOKO 作曲中沢伴行という組み合わせが多く、楽曲製作作業に「ボーカル以外には」大きく関ってはいない感じだったが、2005年2月23日リリースされた『radiance』から作詞KOTOKO川田まみ 作曲中沢伴行と、共作ながらも初めてクレジットされ、そして今回は全に単独表記とされていることである。

ジェネオンエンタテインメントより2005年11月9日に発売された。

オリコン初登場時は11位である。

発売当時はこれまでのじっくり聞かせるような川田まみと違い、 『緋色の空』の曲調は結構アップテンポで、これまでの川田まみの楽曲の中では一番しいものである感想を抱かせる曲と好評であった。感想にも「熱くなる曲」、「テンションが上がる」、「疾走感がたまらない」といったものがある。

初回限定盤の特典としてDVDに収録されている『緋色の空』PVは独特の表現があり、ファーストマキシシングルradience』の曲調にべて間延びした感じだったPVよりも動きがあって、いい感じと映像には好評ではあるが、包帯人間や、ダンサー達の演出は良く解らないという意見も多い。
また加えて、ジャケットにある様な『緋色の空』のシーンが、ほんの数カットしかないのも残念という感想も多い。


それに関しては川田まみは以下のようにっている。

電撃オンラインインタビューより

Q:廃墟ヘリコプターまで登場し、迫がありましたね」


川田:CDジャケットデザインバックにしたものだったので、そういったイメージは私の中にもありました。同時に、監督さんは音楽を聴いて夕陽を思い浮かべたそうなのです。でもまさか、廃墟で撮影したりヘリが飛んだりするとは思ってもみませんでした。いい意味で私の期待を裏切られたって感じです

 
Q:「時々インサートされる男性女性ダンサーたちも刺的でしたね。なんと言ったらいいのでしょう……前衛的というか
 
川田:「「緋色の空」がロック調ですので、最初は男性ロックバンドを登場させようかと思っていたんですよ。でもそれでは普通すぎるということで、少し不思議なイメージを出そうかと。そこでダンサーを登場させることになったのですが、曲に合わせてただ踊るのではなく、今までにないような踊りをしてもらうことになりまして。そういう演出を入れてもらったおかげで、映像としての“曲”にもメリハリがついたと思います」


歌詞に関しては、注しても「灼眼のシャナ」の世界観を意識して書かれた言葉が多く見受けられる。
(例えば「現れる陽 (くれ)る世界」、「使命果たしていくだけ」、「また(ひ)がひとつ落とされ そっと何処かで消えた現実」、「そして(くれない) (こうじん)を撒き」など)

この歌詞に関しては作詞した川田まみは以下のようにっている。

エキサイトアニメインタビューより

“炎灼眼の討ち手”であるシャナは、すごくくて切なさを持ってる反面、強さも持っているじゃないですか。中でも、シャナの中にある“ツンツンとした一面とかわいい部分”というツンデレ具合」へ惹かれてしまうんです。じつは私自身も、シンガーとしては“クールで切ない影を持った”イメージを打ち出してますけど、普段は“とても根明でいつも笑っている”性格なように、2つの表情を持っているんですね。そういう私の中にある二面性が、シャナの持つ表と裏の姿と重なりあうようで、すごく共感を覚えてしまいました。

先に原作本を読ませていただいたとき、その世界観へスーッと引き込まれてしまった自分がいたんです。文章には、などけっこう固い言葉がいろいろられてるんですけど、すごく読みやすいのも、それだけ「灼眼のシャナ」の世界観が璧に作りあげられていたと言うか、「っ直ぐな意志」じゃないですけど、1本芯の通ったイメージがあったからなんですね。その「っ直ぐな意志」をどうにか歌詞として伝えられないか…というところから、『緋色の空』の制作は始まっていきました。

制作スタッフの方々からも、あらかじめ「「灼眼のシャナ」の世界観を表すようなにしていただきたい」という要望があったんです。それ以前に、作品の持つ世界観へ強く共鳴していたこともあり、作曲編曲を担当した中沢伴行さんの作りあげた楽曲へ身を預け、そこから産み出された想いを『緋色の空』へはっていきました。

 

そしてよく間違えるこの曲タイトル『緋色の空』の読み方(ひしょくのそら)に関しては以下のようにっている。

エキサイトアニメインタビューより

本当は(ひしょく)という呼び方はしないんですね。じつは私が「灼眼のシャナ」に対して抱いたのが、「」や「炎」「」など強い言葉のイメージと同時に、「さ」でした。なんでもかんでも前へ突き進んでくと言うよりは、どっか陰に切なさを感じていたり、夕焼けのような寂しさを覚えていたり。だからこそ、ありきたりな「情熱」が々という言葉を歌詞には絶対したくなかったんです。そこから、「緋色」という言葉を選び出したんですけど。メロディに載せて唄うと、(ひいろ)という言葉のきじゃ柔らかすぎる印を与えてしまう。でも楽曲面では、スピード性や強さなどの臨場感を押し出していってこそ活きてくることもあり、「あえてその雰囲気に合う呼び方にしよう」との想いから(ひしょく)と呼ぶようにしました」

つまり本来の読みは(ひいろのそら)で当たっているのだが川田まみ作詞へのこだわりから(ひしょくのそら)と読むように作った造と認識して差し支えない。


ニコニコ動画における緋色の空


ニコニコ動画においては歌ってみた弾いてみたMADなど様々なものがあるがJOINTほどの数はなくシャナMADも少なく、どちらかといえば良質の音をめた動画に偏っている。

動画内でもそうであるが「ひいろのそら」とコメントをして「これはひしょくって読むんだよ」と摘されるにする。

というわけでひしょくなのでよろしくお願いします。私的であるがこの曲でシャナ興味を持ったならば一期一話から視聴することをオススメする。
しかし灼眼のシャナ特有の世界観はかなり広く、句、人物名、なども膨大な量であり、やはり好みはひとそれぞれかなーと思う。(世、フレイムイズ、トーチ、存在の、自在式など)


関連動画



■sm3691563[ニコ動]

■sm1659226[ニコ動]
■sm1125858[ニコ動]
■sm3271425[ニコ動]
■sm2371014[ニコ動]
■sm1895606[ニコ動]


関連商品


 ■azB000B63GBI
■azB000CFWQSW
■az4840232245
■az4840222185
■azB000S9359G
■azB000CFWQFA
■azB000IMVCMK
■azB000HEVXS2


関連コミュニティ


■co3854
■co3792
■co932
■co1480


関連項目



最終更新日: 08/10/09 01:38
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ