ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


総括


ヨミ: ソウカツ
掲示板をミル!
108カキコ!

総括(そうかつ)とは

  1. 全体を取りまとめること。
  2. 1972年に起きた「連合赤軍」でのリンチ殺人をこう呼ぶ。本項で記述。

 概要


元々は左翼の団体において、政治活動が一段落した際に、それまでの活動を振り返って成果や反点を確認し、次に活かす事を的とした活動報告を「総括」と呼んだ。今でもこの意味で「総括」が使われることがある。

1960~70年代共産主義を理想とする政治運動・活動が盛んだった時代の話である。
理想に燃える学生を中心とした左翼はその活動を活発化、かつ先鋭化させていった。穏健路線に向かいつつあった従来の左翼の活動に背を向けるように、彼らは「よど号ハイジャック事件」企業警察関係者を対とした爆弾テロを決行。これにより大衆からの支持は急速に失われていった。

1971年頃から新左翼の一つ革命店を襲撃して強奪したで武装、銀行強盗により活動資を獲得し、警察に対する「殲滅戦」と称した攻撃を行うなど、過さは更に増していく。これに「赤軍」が合流したのが「連合赤軍」である。
当然ながらテロ実行犯である彼らは指名手配によって活動が制限されていた為、山岳地帯に拠点(ベース)を構えて合同で「軍事訓練」を行うようになった。
1971年12月20日群馬県榛名山中榛名ベースにおいて両メンバー集合。しかし閉鎖され追い詰められつつあった状況、リーダーの独裁によって「総括」が始まる。「総括」本来の意味、次につなげる為の反としてメンバー仲間に対する批判自己批判を繰り返すうち、も止められる者がいなかった為に次第にエスカレートしていった。

総括」により共産主義化された革命戦士となる」事をした結果、当初は作業から外されるなどの軽微な仕置きで済んでいた。しかし徐々に長時間の正座、絶食、そして遂に暴力が振るわれるようになる。闊に脱走者を出さない為、メンバー全員暴力を振るう事を強要された。
総括」の対者は日を追って増え、遂に死者が出るまでになったが、リーダー達は総括できなかった結果の敗北である」として切り捨て、その後も死者が続出。を、人が人を殺すという悲惨なケースも起きた。
こうして29名中12名(うち1名が妊婦が「総括」によって殺され、残る17名は死体を隠蔽して逃亡。このうち5名があさま山荘事件」を起こすが、最終的には生き残った17名は全員逮捕された。

この凄惨な殺人事件、いわゆる「山岳ベース事件」は、「あさま山荘事件」の終結後、逮捕されたメンバーを取り調べている最中に発覚した。現場に向かった群馬県機動隊は、供述通り地中に埋められていた遺体を次々と発見する。
身元を隠すために衣服を剥ぎ取られ、両手両足を縛られていた犠牲者は、人相の区別もつかない程顔面を殴られ、全身がく腫れ上がっていた。ちなみに当時の報道では死体の写真に対する規制は特になかった為、遺体のどアップ面に掲載されている。当たり前だが興味本位で探さないこと。
解剖の結果、犠牲者の大半の死因凍死だった。ズタボロのまま屋外の木に縛り付けられて山中に放置され、苦痛のあまり自ら舌を噛み切った者もあり、妊娠8ヶだった妊婦をかばうような姿勢で発見されている。変わり果てたが子と霊安室で対面した母親は絶叫して泣き叫び、あまりに壮絶な惨状に、現場に慣れている警察官も絶句したという。

機動隊員2名、民間人1名の犠牲を出した「あさま山荘事件」の後でも「彼らを追い詰めた警察が悪い」「1400人の警官相手に良くやった」などと連合赤軍のことを擁護・称賛していたマスゴミや自称知識人たちの面はこれで丸つぶれとなったが、途端に彼らは手のひらを返して連合赤軍叩き始めた。
ちなみに上記の腐れ発言を行ったのは、日本社会党高津衆議院議員である。時代錯誤なアジテーションによって自らの首を絞めた高津政治家生命を絶たれ、2年後に80歳で死去した。ザマァ。

この事件で「良かった探し」をするとしたら、この事件の発生と発覚のおかげで左翼の中でも過激派は大幅に勢を減少させ、残った左翼も同士討ち(内ゲバ)にかまけた結果民間人に誤爆、世間の支持を決定的に失った事だろう。
こうして日本における左翼運動全に失速したのは、現在視点から言えばリベラルにとっても幸いといえるかも知れない。

まったく皮な(そして僥倖な)ことに、日本での革命した連合赤軍は自らの手で膚なきまでに革命の芽を叩き潰したのである。


関連動画で一緒に総括、しよう!



■sm13286152[ニコ動]

■sm17632746[ニコ動]


関連商品


■az4822810178
■az4895000796


関連項目



最終更新日: 18/03/10 21:31
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社