ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


総集編


ヨミ: ソウシュウヘン
掲示板をミル!
192カキコ!

総集編とは、土壇場しのぎ、あるいはひとときの休息である。ダイジェスト。まとめ。


概要


総て集めて編む、という言葉のとおり、既存の作品内容の部分部分をつなぎ合わせてひとつに編集した作品を総集編と呼ぶ。一般的に、新規に一から作品を作り上げるよりも、ローコストかつ短時間で作れることから多くの分野で活躍する商法手法である。ある種のリミックス。作品のテーマとしての柱が明確に見える話でもある。

単に既存全てで組むだけでなく、 新規カット挟んだり、振り返り劇中劇にしたりと、一連の流れに組み込まれる内容である場合もある。


テレビ番組の総集編


毎週放送される連続番組では、

などの理由から総集編が組まれる。バラエティ番組なら過去人気企画芸人ネタ特集など。アニメ特撮作品なら、作中のキャラクターたちが唐突に「今までののことを振り返ってみようか」などど回想シーンの導入とともにダイジェストが入る。通常の番組での総集編の場合もあるが、上記の年末進行などの場合、特番としての総集編が組まれる場合もある。

通常放送での総集編は、バラエティお笑い番組ならば、過去の面かった企画ネタをもう一度見られるのは視聴者にとってうれしい場合がある。しかしながらアニメ特撮番組の視聴者の大半は毎週の新しいストーリー展開や新規作画を楽しみにしているため、単に既存のシーンの断片的な再放送である総集編はあまり好まれない。「始まったと思ったら総集編でガッカリ」である。視聴率も低下してしまうことが多い。ただし、1週明けで忘れがちな内容をもう一度復習するという整理役も兼ねているので、当時見ても分からなかったけど見直したら理解が深まったということもある。
とりわけ総集編といえど、何をチョイスするかということで、ただの不明瞭な切り貼りとも、一連を振り返る一つのストーリーにも変貌するという、作家加減が試される場でもある。 


総集編いろいろ


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

近年の作品では特に総集編の多さが立った作品である。本編放送中に、前作である機動戦士ガンダムSEEDまでも含めた総集編や回想シーンを乱発してしまったため、 作品やスタッフに対する評価低下を招く一因になってしまった。

それとは別に、前作ともどもスペシャルエディションというDVD用特別総集編が製作されており、こちらは本編ダイジェストに加え新規作画シナリオの追加などが行われている。(一部は特番で放送)

良くも悪くも総集編に恵まれた作品といえる。

ビーストウォーズメタルス 超生命体トランスフォーマー 

25話でストーリーそのものは完結したものの、続く最終回26話「ファイナルリミックス バナナをわすれた!」にて既存の25話からシーンつなぎあわせた映像に、声優アフレコだけでまったく違う内容の1話を作り上げるという荒業に出た。Bパートモノマネ大会はファンの間でになっているほど。ほとんど公式MADである。

学校の怪談(TVアニメ版)

第3話が口裂け女を題材とした話となるはずであったが、次回予告の段階で口唇口蓋裂症への差別だとしてクレームを入れられ、急遽放送が中止された。そこで2話しか放送されていないのに総集編を作成して埋めせざるを得なくなってしまった。

カウボーイビバップ

全26話が制作されたが、テレビ東京系列地上波で放送された際はそのうちの12話分+総集編1話の全13回の放送となった。地上波放映における最終回「よせあつめブルース」はタイトル通りのよせあつめ(総集編)であるとともに、 大人の事情でこのような形となってしまったことを視聴者に明かす内容であった。この「よせあつめブルース」は再放送映像ソフト化の際にもカットされており、内容が内容だけに今後も陽のを見ることはないと思われる。

宇宙兄弟

番組開始から1年経過した後、夕方の放送に移動することが決定した際にそれまで放送したキーポイントな分のダイジェストを3話分で放送。実質合計1時間ので1年以上の内容をまとめた稀有な例とも言える。

ガールズ&パンツァー

1クール作品にもかかわらず、総集編を1度ではなく2度挟んだことでも話題に。シーズン中で放送できなかった部分は後日特番として放送。ただし、単純なトラブルというよりこだわりを持ちすぎてスケジュール過した面が強く、面く作られた内容にファンは好意的に迎え入れた。各スタッフ的にも、納期および調整の放送局や資面でのスポンサー的にもある意味恵まれた作品である。

キルラキル

第16話冒頭において「総集編」とっておきながら今までの内容を番組開始からOPまでのアバンタイトル90ですべてめ、しかも内容をるだけなら50程で済ませてしまっている。もちろんそこまでの映像は既存の映像であるが、元々展開スピードが速い作品でもあるため、これすらも々にまとめてしまうという趣向が見られる。90で1クールの内容を全てめるには相当な技量が必要であり、それをやってのけた関俊彦口も称賛に値すべき点である。

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン

ニンジャスレイヤー傑作選」というタイトルで配信された第25話は、最終回前にした総集編という体でありながら、その内容はすべて新規製作アニメーションだった。総集編というよりは「アニメ化されなかった原作小説エピソードから印的なシーンを厳選したショートアニメ集」であり、この回のためだけに起用された声優も多いため、ファンにとってはかなりな内容になっている。しかし、公式サイトあらすじ等ではそれらのシーンがあたかもこれまでこのアニメで放送されたものであるかのように扱われており、「こんなシーン見覚えねーぞ」と多くの視聴者を(普段にも増して)困惑させた。総集編という形態を逆手にとった高度なシュールギャグといえよう。

おそ松さん

第12話(第1クール最終話)は、これまでの話を振り返りながらメインキャラの六つ子の中でが一番ダメだったかを決める「ダメさん(仮)」という企画の総集編だったが、OA版は副音で出演声優によるオーディオコメンタリーが聞けるという、この回のみの特別仕様で放送された。各サイトでの配信版も、Verと副音Verの両方を続けて視聴することができるようになっている。ただ本編を振り返るだけでなく、声優による解説や裏話を交えるというのは、総集編の新たな試みといえる。

遊戯王VRAINS

諸般の事情により放送が一ヶ遅れてスタートした遊戯王VRAINSだったがその後も約8話に一回のペースで総集編が放送され38話現在で4回という先に述べた機動戦士ガンダムSEED DESTINYと並ぶ回数の総集編を行っている(頻度で言えば機動戦士ガンダムSEED DESTINYを上回る勢い)

監督からは徐々に現場は善しているとの発言もあるが今後の動向に注したい。


総集編的アニメ映画


アニメ番組の放送終了後、その作品をもとに映画を作る場合、番組で使用した映像シナリオを再編集した内容となることがある。宇宙戦艦ヤマトの最初の劇場版や、機動戦士ガンダム劇場版三部作など古くからある手法で、映画用にキャスト声優)を再アテレコや変更したり、作画修正を行うことが多い。

総集編といっても、映画化の手法によっては、内容がTVアニメ版と大きく異なった解釈がくわえられていたり、シナリオは同じだが舞台やら展開やらが大幅にアレンジされていたり、シナリオも描写展開・舞台も同じだがほぼ全編が新規作画による映像となり新作といっても差し支えのない内容となっている場合がある。


同人の総集編


サークルによっては今までに頒布した同人作品をまとめて一冊(ゲームCG集の場合はメディア媒体)にして再頒布することがある。総集編によって既刊を集める必要なく昔の作品を読むことができ、そのサークル過去作を気軽に楽しめる。(人気サークル過去作などは同人中古市場で高騰することがあり、逆にマイナー系だと流通がなくどちらにせよ手に入りにくい)


ニコニコ動画の総集編


ニコニコ動画においては、特定キャラクターシチュエーション別にアニメゲームの場面をまとめた動画に総集編のタイトルが付けられていることが多い。

あるいは特定MADシリーズをひとまとめにした動画や、そのシーズンの流行をまとめる「ニコニコメドレーシリーズ」も総集編のカテゴリーといえるかもしれない。


関連項目



最終更新日: 18/09/04 00:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ