ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


織田信雄


ヨミ: オダノブカツ
掲示板をミル!
140カキコ!

織田信雄(おだ・のぶかつ/のぶお 1558~1630)とは、戦国時代の武将・大名。織田信長の次男。


概要


一般的には信長息子なのに無能ということに定評のある人物である。無能エピソードインパクトが強く、
二度も領地をボッシュートされているにも関わらず、何故か戦国時代を生き抜いて、最終的に(信長子供の中で一)大名として寿を全うするというあたりもネタっぷりに拍をかけている。

名前の読み方は「のぶかつ」「のぶお」の2つの説があるので、お好きな方で読んでいただきたい。

何度か名前を変えているが面倒くさいので記事中では「信雄」で統一する。実際の名乗りや呼称については後述。


生涯


生まれ

織田信長と、側室生駒氏の間に生まれた次男。

小説などで良く触れられる異説に、本当は織田信孝の方がく生まれたのだが、母親の身分は信雄の方が高かったために、信雄=次男、信孝=三男として扱われることになった、というものがある。しかし、織田信長息子たちはいずれも側室の庶子であり、しかもそれぞれの母親についても諸説あり、厳密な確定を見ていないことから、現状では仮説に過ぎないと思われている。

北畠家で

1569(永正12)年、まだ元もしてないのに伊勢北畠に養子として送り込まれる。信長北畠を負かした後の戦後処理(表面上は和)で、実質的には信長のお乗っ取り計画の先兵である。織田信長北畠具教と対立しているそのの木造具政らを織田信雄につけ、その地盤とさせた。

しばらくして北畠の当の座を手に入れると、織田信長の命北畠人間臣などを粛清。先に味方につけていた木造具政、その一門である滝川雄利らの協もあり、これで名実ともに北畠を従わせた。

この時期は織田の武将の1人として織田信長織田信忠に付き従い、伊勢長島越前、播磨攻めに従っている。

伊賀攻め失敗

1579(正7)年、信雄は信長断で賀を攻め、敗退してしまう。この時の被害は結構大きなものだったようで、重臣の柘植保重が討死、先鋒の滝川雄利も急襲され、一時は雄利も討死かと思われていたようである。この後織田信雄は撤退し、織田信長に散々叱責された。

信雄にとってまずいことに、この時信長が出した書状が「信長公記」に丸写しされており、今でも全文読むことができる。こういう場合、信長はあちこちに書状を出しているケースが多いので、この書状も同じようにあちこちに出されたものと思われる。信雄にとっては痛恨の出来事だっただろう。この事件は現在、信雄=無能説の根拠の1つとなっている。書状によると

北畠中将殿

今度賀・て、越度取り旨、もおそろしく、日未だ地に堕ちず。
其子細は、上がたへ出勢へぽ、其の武士いは民百姓難儀条、所詮、の内にて申し事にへぱ、他相遁るゝに依つて、の儀もと、同心せしめ、あり貼敷くへば、若気ゆゑ、実と思ひ、のごとくや。さて貼、念至極に
の地へ出勢は、第一、下の為め。への奉介大切、且つは其の方の為め。彼れ是れ、現在未来の働きたるべし。 剰へ、三郎左衛門を始め、討死の儀、言断、曲事の次第に。実に其の覚悟においては、親子の旧離許容すべからず

九月二十二日 信長 (信長公記 北畠中将殿御折檻状の事 より)

【現代意訳】
このあいだ賀において大敗したそうだが、これはの理にも背いたがゆえと言える。
その詳細は、上方へ兵を出せば自分の武士百姓らが難儀すると思い、隣へ兵を出せば内の話で済むから他へ遠出せずともよいという考えに引きずられ、有り体に言えば若気の至りでいけると思いこうなったのだ。実に念残念。
上方への出は、第一に下のため。そして織田信長)への孝行、織田信忠)への思慕、なおかつ自分のためにもなり、現在未来へ続く自分の功績になるではないか。もっとも、柘植保重(三郎左衛門)をはじめ、たくさんの死傷者を出したことは言断、許しがたき話だ。おまえの態度次第じゃ、勘当も考える。

【とってもざっくり】
今回賀でヘマした件な、マジありえねーぞ。
何、遠くに行くのは大変? の皆が言うから? 若気の至り? ふざけんな!
ちゃんもちゃんも下の為にあちこちで頑ってんだよ。っていうかこれ、お前自身の為にもなる大事な事なんだぞ? それ視して、しかも柘植くんを討死させるとか論外だわ。これからもそんな調子なら親子の縁を切るからな、覚悟しとけよ!

なお、同じ頃、徳川家康息子松平信康切腹させている。織田信雄は助かって良かった。信長甘ry

2年後、信雄は再び賀に攻め込んだ。今度はちゃんと信長の命で、である。さらに叔父織田信包をはじめ、丹羽長秀滝川一益・筒井順慶堀秀政蒲生氏郷など、そうそうたるメンバーが信雄のを固めていた。結果(体裁上)信雄軍は賀を定し、信長から賀のうち3つのを与えられた。正御えでは序列2位で、嫡男である織田信忠に次ぐ扱いだった。

当主代行の座に

本能寺の変が起こった時、織田信雄は伊勢から出して明智光秀と戦おうとするが、兵の大部分を織田信孝に預けていたこともあり、思ったより兵が集まらず結局静観。猛スピードで引き返してきた羽柴秀吉に先を越されてしまう。この時の混乱安土城が燃えたが、光秀臣・明智秀満安土城から逃亡したのを見て信雄が安土城放火した(明智残党を追い払う為とも言われるが、ルイス・フロイス「信雄はバカだからやった」と書き残している)という噂が流れた。(また明智軍の放火説、失火説あり

会議では信雄と信孝が督を争うが、柴田勝家羽柴秀吉丹羽長秀池田恒興らの会談により、織田信忠の子・三法師(のちの織田秀信)に決まる。信雄は伊勢と尾の領地を与えられたが、三法師は信孝が岐阜で一時預かることになった。

だが当初から各々の論見や利対立を包括していた織田新体制は、やがて信雄・秀吉と信孝・勝らの抗争に繋がっていく。その第一ラウンドが1583年、賤ヶ岳の戦いである。信雄たちは、三法師安土城へ移そうとしない信孝を謀反人として攻撃し、最終的に信孝・柴田勝家切腹に追い込んだ。滝川一益も降伏して長島を信雄に差し出した。

こうして三法師安土城に移り、信雄もこれに同して後見人の座におさまった。一応、これで織田信雄は織田の当(代行)になったわけである。

変動

だが秀吉は信雄の当の座を認めるつもりなどさらさらなく、両者の関係は次第に悪化していった。では「信雄が秀吉切腹させられた」という噂も流れたほど。やがて信雄は安土城を退去させられて、後見人としての立場を事実上失ってしまう。

1584(文12)年、信雄は反対する3人の家老秀吉に内通した疑いで粛清し、徳川家康と組んで秀吉然と敵対した。小牧長久手の戦いである。

この頃の秀吉は既に下第一の実者として認知されており、周囲の人間の多くが秀吉に取り入った。中国毛利輝元北陸上杉景勝関東佐竹義重などなど。こうした状況に一番困っていたのが徳川家康だった。

一方の家康本能寺の変の後、午の乱を経て、東海地方に勢を伸ばしていた。この時、午の乱で徳と北条の和の仲裁役を担ったのが実は信雄である。やるな。そんな訳で、信雄と家康(さらに北条)はい段階から手を結んで、秀吉に対抗するための準備をしていたのだった。他には飛騨のいい笑顔姉小路頼綱や、越中アルピニスト・佐々成政も味方につけている。

長久手合戦では徳川家康井伊直政らと共に信雄も軍を率い、池田恒興森長可らを戦死させ、一方の伊勢方面では滝川一益・九鬼嘉隆らを撃退するなど、意外と活躍している。この時の信雄の活躍ぶりは「大船ニノリカケ敵船ヲ取リ人数討捕」と言われるほどであった(日記より。徳臣・忠直筆の同時代史料で、極めて信憑性が高い)。このあたりは流石信長息子である。

が、局地的には家康と信雄が頑って踏みとどまっていても、大勢で見れば秀吉の切り崩し策に為す術もなく、叔父織田信包や、かの有名な真田昌幸あたりが怪しい動きを見せ始める。

最終的に信雄は秀吉と和。その直後、秀吉は信雄より高い官位につき、織田と羽従関係は実質的に逆転してしまった。なお、このとき家康と相談せずに勝手に和してしまった事も信雄=無能説の根拠の1つになっている。(徳川家康下を取った江戸時代以降)

没落

しばらくは豊臣政権で大大名でいられた信雄だったが、秀吉北条氏政・氏直を降した後、秀吉に「徳川家康の領地に移動する」ことを命じられる。信雄が家康を慮ってこれを断ると、秀吉はなんと信雄から領地を全て没収してしまった。伊勢賀、あわせて100万石以上の広大な領地全てをである。

なお、これを見たからなのかどうか分からないが、徳川家康秀吉の命で北条の領地へと移動することを承諾している。この件は信雄=無能説の根拠の1つとなっているが、それはともかく、日本統一寸前まで行っていた信長息子が、かつての臣により一で全てを奪われてしまった事は、周囲に大きな衝撃を与えた。

領地を没収されたあと、臣もほとんどいない状態でさまよっていた信雄だったが、秀吉によって許され、御伽衆に加えられた。こう書くと聞こえはいいが、要は監視である。似たような扱いをされた人物に足利義昭、(本願寺)顕如などがいる。この時、息子織田秀雄とあわせて6~7万石ほどの領地をもらった。

なお、ひっそりとであるが官位も没収された。易されたことより従二位内大臣の座は豊臣秀次に譲ることとなり、さらに秀次死後は徳川家康がその官位を受け継ぐ。融和策として甥の織田秀信が従三位権中納言の座につき、織田豊臣政権における地位の高さは保持された。が、織田秀信は幼少の頃から秀吉に可がられたため、秀吉に牙を剥くなどとは考えられない人物であり、不穏分子の処分が根幹にあったと言われている。

晩年

秀吉が死んだあと、関ヶ原の戦いでは特に動きを見せなかったようだが、今度は関ヶ原の論功行賞で家康によって領地を没収される。その後は豊臣秀頼に仕えていたが、大坂の陣では直前に出奔して徳方についた。家康織田信長の血統を考慮してか、信雄に新たに上野大和に合わせて5万石の領地を与えている。

そして日本はそのまま江戸時代に突入。長生きしたこともあり、また父親織田信長だったこともあって、徳川秀忠徳川家光からも重きを置かれた。秀忠の次男である徳忠長にを娶らせているが、徳忠長は後に易された。やがて信雄は隠居し、四男・織田信良を上野小幡の、五男・織田高長を大和松山の統治にあたらせた。ただし信良逝後は自ら政治を見ている。

信雄の上野小幡の統治に関しては、楽山園と養蚕業が代表的である。孔子論語にある「知者楽、仁者楽山、知者動、仁者静、知者楽、仁者寿」から名前を取った庭園「楽山園」は、現在定名勝となっており、群馬県では初の名勝定庭園に認定されている。小幡では養蚕業にを入れたが、隣の七日をはじめ、この一帯ではやがて養蚕が多く伝播することになる。江戸時代の長い日を経て、この付近は日本有数の養蚕地帯となり、やがて明治時代になって伊藤博文による富岡製糸場造営に繋がった。現在富岡製糸場世界遺産認定されている。

その後1630(寛永7)年、波乱万丈の73年に渡る生涯を閉じた。

上野の遺領は孫(信良の息子)・織田が受け継いだ(江戸時代以降、こちらが織田本家として扱われる)。大和の方は幕府に返還するつもりだったらしいが、高長による相続が認められた。織田高長は信雄の五男であるが、徳川秀忠と昵懇な関係を築きつつ、織田本家にも養子を送り影を高めるなど、なかなかの器量を持っていたらしい。

織田本家は秀信が関ヶ原の戦い易されたことでそのまま断絶してしまったが、信雄子孫の織田はこうして信良系と高長系の2系統が残り、大名として200年以上を過ごし、明治維新を経て現在まで直系子孫が現存している。

 ※詳しくはWikipedia[外部]かなんかで調べてね。


「信雄」以外の名前



次へ»
最終更新日: 16/12/18 23:21
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ