ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


美女と野獣


ヨミ: ビジョトヤジュウ
掲示板をミル!
6カキコ!

 

昔々、遠いくおに若い王子様が住んでいました。
ある、おに年取った物乞いの女が来て、一夜の宿を恵んでほしいと言い、
一本のバラを差し出しました。
でも王子様は、そのみすぼらしい姿をバカにして老女を追い返そうとしたのです。
老女は、見かけに騙されて人の心の美しさを見逃してはいけないと言いましたが、
王子様は聞き入れませんでした。
すると、老女の醜さが急に消え美しい魔女の姿が現れたのです。
王子様は謝ろうとしましたが手遅れでした。
魔女は罰として王子様を恐ろしい野獣の姿に変え、
に強魔法をかけました。
が流れ、王子様はすっかり希望を失いました。
いったいが、こんな野獣愛してくれるのでしょう・・・?

 

美女と野獣Beauty and the Beast)とは、ヴィルヌーヴ夫人(ガブリエル=シュザンヌ・ド・ヴィルヌーヴ)原作、ボーモン夫人(ジャンヌマリー・ルプランス・ド・ボーモン)補作によるフランスの民話である(ストーリーの詳細はウィキペディア参照)。
映画バレエの題材として多くの作品が作られているが、ここでは特に有名なディズニーアニメーション映画らびに、それをリメイクした実写映画について解説する。


概要


異類婚姻譚の代表的な話の一つであり、本作のみならず単なる「人間×人外」のカップリングとしてこの言葉が使われるケースも多い。

有名なディズニー映画以外では、フランス1946年2014年実写映画化されている。前者はフランスの文としても知られるジャン・コクトーが監督を務めたモノクロ映画で、後者ディズニーとは全く違う世界観で当時大きく宣伝されていた。いずれも、原作ディズニー版と内容や作が大きく異なっているので、見べるのも一(なお、2014年実写版はフランス内では高く評価されたが、日本を含む海外ではディズニー版のイメージがあまりにも浸透したせいか、「知ってる美女と野獣と違う」と評判はあまりよろしくない模様)。


アニメーション版[外部]


1991年開。この一昨年に開されて大ヒットした「リトル・マーメイド」に続き、ウォルト・ディズニーの死後長らく低迷していたディズニーアニメ映画を復させた、所謂ディズニールネサンスの代表作の一つ。アニメーション映画で初めてアカデミー作品賞にノミネートされた。
リトル・マーメイド」に引き続き、製作・楽曲作詞ハワード・アッシュマン音楽アラン・メンケンを担当し、エンディングではセリーヌ・ディオンが歌う同名の主題歌「美女と野獣」も、アカデミー作曲賞・歌曲賞を受賞した。
なお、アッシュマンは映画完成を前にエイズによって40歳の若さで他界し、同時制作していた「アラジン」と共に彼の遺作となった。エンディングではアッシュマンへの追悼メッセージが載せられている。
後に、ベルが野獣と和解してかのダンスシーンまでの間にの中で起こった出来事を描いたOVA「ベルの素敵なプレゼント」「ベルのファンタジーワールド」が制作された。キャストオリジナル版・日本語吹き替え共に、映画とほぼ同じである。また、2002年にはIMAX巨大シアターで再上演され、オリジナル版では没になった新曲と新規映像を加えた完全版制作された。現在発売されているBDでは、この完全版仕様となっている。

1994年には、ディズニー映画初のミュージカル作品としてブロードウェイなどで演され、日本でも翌年から劇団四季で上演され20年間の長きにわたるロングランとなった。
ミュージカル化にあたって多くの曲が追加され、その一部は後にアニメーションのリバイバル上映時に新規映像と共に復活した(後述)。また、ミュージカルの演出として、前半の第一部にべて、後半の第二部では具に変えられたの使用人達の具化が進行しており、後の実写映画版でも終盤で彼らが全に具になってしまう展開として使われている。
キャストの中には、野獣役に後にノートルダムの鐘でカジモドの日本語吹き替えを担当した石丸幹二や、チップ役に子役時代のウエンツ瑛士豊永利行が演じたこともある。


実写リメイク版[外部]


2017年開。2010年代からディズニーでは、かつてのアニメーション映画実写版を次々に制作し続けており、過去には「アリスインワンダランド」「シンデレラ」などの作品が大ヒットを記録した。本作では、ヒロインのベルをハリー・ポッターシリーズハーマイオニー人気を博したエマ・ワトソンが務めた他、ルミエール役にユアン・マクレガーなど錚々たるキャストえ、出演者たちはいずれも吹き替えしの生歌を披露している。
ストーリーアニメ版に忠実かつほぼ踏襲した、リメイク作品としては正統派な作りとなっていると同時に、登場キャラクターの人物像をより掘り下げた形となっている。アメリカ内は元より、日本でも行収入124億円の大ヒットとなり、ディズニー映画としては「アナと雪の女王」「アルマゲドン」に続いて第3位を記録した。
日本では本作の大ヒットにより、結婚式ではベルと同じ黄色ウェディングドレス人気が急上昇するなど、社会にも大きな影を与えた。


主なキャスト


アニメミュージカル実写映画では名前が異なるキャラクターも存在する。ミュージカル版、実写リメイク版でそれぞれ変更された名前である。
声優の欄は「アニメ版(日本語吹き替え) / 実写リメイク版(同)」となっている。


次へ»
最終更新日: 19/06/16 19:00
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ