ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


美翔舞


ヨミ: ミショウマイ
掲示板をミル!
57カキコ!

美翔舞(みしょう まい)とは『ふたりはプリキュアSplashStar』の主人公の一人である。
担当声優榎本温子


概要



美翔舞


海原家族と引っ越してきた中学二年生の少女夕凪中学校に転入する。
少しツリ気味なポニーテールチャームポイントである。一部ではプリキュア一の美人さんなどと絶賛するもある。

学問一家の末っ子であり、彼女自身も学業に関しては優れているほうである。
もっとも、前作の雪城ほのか較するとそこまでな冴えをしているわけではない上、ほのかよりおとなしい性格で、プリキュアには数少ない較的常識的な感性の持ちである。突っ走った咲に突っ込んだりすることもあるのだが、咲のほうが強くリードするタイプなので、その頻度はかなり少ない。
むしろ突っ込むべきところでなぜか突っ込まず、咲の行動を(天然で)褒めたりおだてたりしている時がある。もう結婚すればいいよ。
ただし、のんびりおっとりな引っ込み思案というわけでもなく、咲の友人たちとも時を置かずに打ち解けている。

それ以上に優れているのが絵画をはじめとする芸術であり、特に絵画に没頭する間は周りが見えなくなるほどの集中を見せる。芸術品に魅せられた時もそうなってしまう。
その腕を見出されて美術部にスカウトされ、また、伝統的に3年生が手がけていた文化祭のモニュメントデザインの担当に2年生ながら抜される。
また、そこから身に着けたものであるのか、細な変化や挙動に敏感で、潜伏していた満とがなんとなく変であることに感づいていたりした。

その手先の器用さは絵画ばかりでなく裁縫にも生かされ、一晩でフラッピたちの人形を仕上げる、咲の誕生日にその顔をかたどったクッションを作り上げるなどしている。

5年前に日向咲と大の下で出会っており、その際にフラッピチョッピとも出会っている。
それがきっかけとなり、チョッピパートナーとして咲とともにプリキュア変身し、ダークフォールと戦うことになる。
また、その出会いがあったおかげで、2話の地点ですでに咲と呼び捨てあうほどの仲になっている。全に初対面で、まったく正反対であった前作の二人が8話かかったことからも、また劇場版でしか喧しなかったことから、相当相性がよかったのである。
実際、戦闘ではおそろしいコンビネーションを見せる。劇場版におけるサーロインとの再戦シーンを見ればその息のあった姿が見られる。

意外だが、咲のほうがスカート率が高く、舞はズボンで過ごしている。
思ったより行動なのか、あるいはファッションについては見たより実用性重視なのかもしれない。

ファンからの称は「まいまい」で、ホワイト家族の一員。
おとなしい系の性格なプリキュアの先駆けである。

生年日は1992年11月20日。生年が設定されているプリキュアの中では一番年下になる。
そこ、今年が何年か確認するんじゃない。


家族構成



キュアイーグレット


キュア・イーグレット、笑顔-煌く- 

舞が大精霊チョッピを借りて変身したプリキュア花鳥風月における

前作のほのかメインサブカラーであった色に似ていて勘違いされがちだが、色彩クリーム色基調で薄水色の入ったトリコロールカラーである。また、徴色は銀色
舞の変身形態は共通して立つようになる。これは同様にを受け継ぐ霧生薫と対応していると考えてよいのだろうか。

精霊を手にまとっての格闘戦を体とし、そのきは水色
また、かかと落としなどもつかって見せたりする。

精霊でバリアを展開することができ、ブルームと組んで発動することでより強固なものに変えることが可
また、ダメージを受けてや地面にたたきつけられる間に精霊をクッション代わりに使用して叩きつけダメージを軽減する。

ムープ・フープからスパイラルリングを受け取ることで各が上昇し、必殺技パワーアップする。

というか、ブルームとできることはほとんど変わらない。色がちょっと違うくらい。
劇場版では、ここからダイレクトにキュアウィンディにフォームチェンジしているが、本編ではどちらかに変身したら一度変身を解除しないかぎり別のフォームにはなれない上、どちらかを選択したらその回ではたいてい、もう一方のフォームは登場しない。


キュアウィンディ


-大地に-

美翔舞が精霊フープのを受け取った大精霊チョッピを借りて変身したプリキュア
花鳥風月における

全体的に薄い水色基調のコスに変わり、女の羽衣がつくのが特徴。
フォームだが、スパイラルリングめてムープ・フープからもらう必要がある。

よ!」の叫びとともに、ピンク色竜巻を放つ技が使用できるようになる。
また、そのを他の仲間の技に上乗せして放つことも可
格闘戦ももちろん可ではあるが、イーグレットの時ほど精霊きを打撃には生かさない感じ。

精霊でバリアを展開できたり、クッションのために精霊を放つのはイーグレットと一緒である。ただし単独でバリアシーンはイーグレットべると少なめ。
イーグレットと違うのは全に飛行が可であることと、それに伴い中戦が可になることである。
(イーグレットはせいぜい大ジャンプ+中制御程度である)


キュアレインボー・ウィンディイーグレット


プリキュアオールスターズDX2とDx3のみ登場した、舞の側のスーパーモード
イーグレットウィンディを合成したような衣装デザインになっている。

仮面ライダークウガでいうところのライジンアルティメット的な存在(あるいは同然の活躍)である。
DX3ではブライティブルームと組んで従来の必殺技である「プリキュアスパイラルハートスプラッシュ」を放って活躍している。


関連動画



■nm11834988[ニコ動]


関連静画


■im3166362(静画)
■im1186332(静画)
■im1265612(静画)
■im1977898(静画)


関連商品


■azB000EPF7TK
■azB000E416BY
■azB000HEZECI

■azB000E416AU
■azB000HEZED2
■azB0031Z1WY4


関連コミュニティ


■co395


関連項目



最終更新日: 19/03/04 12:52
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ