ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


義体化


ヨミ: ギタイカ
掲示板をミル!
32カキコ!

義体化とは、人間の体の一部を機械化したことの義である。


概要


SF作品において、その〝設定〟の発案を探るのは不可能に近い。攻殻機動隊自体が先行の作品の設定を活かして作られたものであり、第一、現在ラノベ流である「スペースオペラ」を初め、SF作品の潮流はアイザック・アシモフといった100年以上前の作家によって制作されたものである。どこかの米国長期的に制作される大人SFドラマも含め、いずれも先行が多い。なのでここではあえて、その〝義体化〟の出自に触れないようにする。

義体化とは、多く「攻殻機動隊」での〝人間の体の一部を機械化〟する事の意である。他には〝電化〟などの類があるが、〝思考戦車〟、〝政治〟、〝ゴースト(人間にとって不可分にして一切定義不能の諸物)〟、〝高度な戦闘描写〟は「攻殻機動隊」が代表的である。00年代において制作されたアニメは、10年代も含め〝サイコパス〟、〝鋼の錬金術師〟、〝ヨルムンガンド〟、〝とある魔術の禁書目録〟など、〝攻殻機動隊〟に関連するSF要素が多いが、実態は、やはり「先行したSF作品の要素を集約した」〝攻殻機動隊〟が代表的といっていい。

ここからは〝攻殻機動隊〟における義体化についてのみ話す。義体化は、神経を電によって自在に切断したりでき、痛覚などを消し、あるいは再び触覚などの感覚を復旧するなど、人の新たな進化形ともいえる姿として描かれている。そのほか〝強化外格〟といった、〝パワードスーツ〟といった、(これは〝ヴァルキュリア〟と呼ばれ陸軍によって研究開発されている代物の現実の〝軍事技術〟である。)義体化した人間の増強のための未来兵器として描かれる。

義体化は、老化した人間の労働年齢(34歳以下を若年の労働として差別化してるのは現実社会の現状であり、少子化社会における現代社会(あるいは西暦2050年あたりの未来において少子化が深刻化し、労働の代替として〝機械化された労働(生きた人間の増強であり決してヒューマノイドといった機械化ではない)〟)が利用されると予測される未来。)社会の存続において一、必要な要素として認められる代物として世界シンクタンクが断然として予測するものである。

例えば強化外格は未来戦場(2050年代)において〝一人の犠牲者も出さない〟前絶後の軍事技術としての呼びは高い。これは、強化外格がゲリラ戦を効化し、数十km先の敵との戦線の間隔を維持しつつ、射撃精度を100%で確保したり、思考で操作するインターフェイス爆撃機を操作するなど、強軍事技術なのである。

義体化とは、軍事技術の賜物として描かれるだろう。なぜなら、現在に至るまで人類史は軍事技術本意の文明の底上げを行っており、〝インターネット〟、〝核技術〟、それに端を発する〝工学〟、〝人工衛星〟など、全て軍事技術が起となっている。

義体化はそれらと同じように〝軍事技術が民間転用される〟技術という一般的な流れをむものとして描かれる。例えば攻殻機動隊ARISEでは、まさに、高齢化社会において、「新たな人生」として高齢者の義体化が一般普及してる様を描いている。

ここの世界観だと、普通に〝ロリBBA〟など、あるいはBBAと呼ばれるアニメキャラが美貌を保ってたりする〝現代社会ではありえない〟事は当たり前のように起きるわけである。

義体化とは、まさに〝不老不死〟の世界観ともいえる。

だが、ここでは〝ゴースト〟、すなわち〝定義すらできない人の根拠〟としての代物は全く別である。

よって〝死〟からは逃れる事はできない。あくまで〝不老〟としかされない。

どれだけ軍事技術が高度化し、民間転用されようが、〝〟と呼ばれる〝定義できない〟存在をも敵に回し、

どのような理屈で動いてるかもしれないモノを〝具化〟し、人類の基盤にしたとしても、その反動とはおぞましいものであろう。

義体化とは、まさに〝電化〟などを含め、人類の根本を変えうる〝軍事技術〟であることを知るべきだろう。

そして、人は既に〝逆鱗に触れる行為〟を現実に行っている。

それは〝重力状態での製〟である。

八意永琳東方Projectで描かれたキャラクターであるが、まさにそのキャラがやった所業である〝製〟が、あろうことか、人類を滅ぼすにたる要件をに与えてしまうほどの問題を作ってしまう。

アメリカ合衆国はオリチャカムと呼ばれるアトランティスの中心部を形成する超合金ともいえる代物を既に〝十種の品〟のうちに生成してる事を言している。もちろん国際宇宙ステーション(ISS)で行われたものである。

重力状態における製は想像絶する代物を生み出すものとして既に理論物理学者によって知られている。

このように、行き過ぎた軍事技術は必ず、〝定義できない〟領域に触れる恐れがある事をみなさんに知ってもらいたい。

それ以前に既に踏み入ってる事実をみなさんは知らないだろう。義体化項では〝攻殻機動隊〟、いや、聖書テーマである〝と人との確執〟すら描いた対立をもひっくるめた、これから10年後程度に起きうる軍事技術の存在を含んだものである。


関連動画


義体化に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連商品


義体化に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。


関連コミュニティ


義体化に関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/12/09 05:28
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ