ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


羽根


ヨミ: ハネ

羽根とは、、あるいはそこから抜けた羽毛の一本をす言葉である。


概要


、羽、羽根は区別されずに使われることもあるが、コウモリ飛行機などが持つ飛ぶための器官やパーツのことを大雑把し、羽はその中でも生物が持つもの、羽根は前述の通り羽毛の一本をすことが多い。昆虫や節足動物の羽は脊椎動物のそれとは起が異なるため、学術上「翅」と記して区別する。ただこれはを「眼」と書くようなものなので、べつに昆虫のそれを羽と書いても特に問題となる場面は少ない。

羽根は装飾や加工品の原料として昔からよく用いられてきた。例としては羽根ペンインディアンハットバドミントンのシャトル、矢羽など。また「い羽根共同募」が協者に募明として配っているい羽根も有名である。

前述のシャトルや餃子の薄皮、パチンコ台の一種である羽根物など、その形から「羽根」と呼ばれる物も多い。

このように羽根は古くから々人類にとって身近な存在であるのだが、その理由として「から抜けること」も羽根の機の一つであることが挙げられるだろう。

皮で形成されたコウモリ 長い羽根の生えたトキ 用のクジャクの飾り羽
コウモリ [画像を見る] [画像を見る]

コウモリモモンガなどのは自身の皮を広げて形成しているため、非常に繊細である。治癒するとはいえ破れれば飛行はガタ落ちし、とっても不便。一方でには長い羽根が生えており、多少のダメージに受けても羽根が抜けるだけで飛行を失わずに済むのである。

その他、飛ぶための揚を得る、異性への、敵への威嚇、個体識別、を捕まえるなど様々な役割を持つ。


関連商品


■azB00ATQ8Z9I
■azB00P24GEUE


関連項目



最終更新日: 17/07/31 23:29
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ