ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


羽生善治


ヨミ: ハブヨシハル
掲示板をミル!
1394カキコ!

羽生善治とは、1970年9月27日まれの将棋棋士棋士番号は175二上達也九段門下。

出身は埼玉県所沢市だが、幼い頃に東京都八王子市に引っ越したため、近年までは順位戦の出身地は“東京”となっていた(公式サイトプロフィール埼玉に訂正されている)。一番好きな駒は“将”。

また羽生と同世代の棋士には森内俊之藤井猛佐藤康光など特に強棋士が集中しており、メディアなどでは総称して羽生世代とも呼ばれる。


棋歴



将棋との出会い~七冠王まで


小学1年生の時に、同級生から将棋の駒の動かし方を教えてもらったのが将棋との出会い。それから八王子にある将棋場の席に、母親が「買物している時間中、息子の相手をしてもらえないか」と頼んだのを機に頻繁に通うようになる。対局を重ねるごとに様々な戦法を吸収し、メキメキと実をつける。

6年生で小学生名人を獲り、そのタイトルを引っさげて奨励会入会1985年中学3年生で四段昇段を決めてプロデビューを果たす(加藤一二三谷川浩司に次いで史上3人)。

その4年後、当時の最年少記録の19歳で、初のタイトル竜王位を獲得。23歳で米長邦雄名人から最高位である名人位を奪取。

1996年2月14日、史上初のタイトル棋戦七冠竜王名人棋聖王位王座棋王王将独占を達成

森下卓が「七冠は偉業ですが、プロ棋士にとっては屈辱でもある」と敬意を込めた皮を述べるなど、羽生七冠独占は一般層にも話題を呼び、NHKニュース速報として報道されたり、全の新聞の一面に掲載されるなど大きなブームとなった。


近年の将棋に関する話題と2017年の永世七冠達成


2012年7月、第83棋聖戦を3-0で防衛、通算タイトル獲得数を81期とし、大山康晴80期を抜き通算タイトル獲得数単独1位となる。

2014年にはA級順位戦を勝ち抜き、名人戦で4年連続の森内俊之vs羽生善治を実現させる(4連勝のストレートで、史上最多3度名人復位を果たす)。これで両者の名人戦での対局が合計9期となり、大山-田の9期と並び歴代最多タイとなる。

2016年5月31日、第74期名人戦にて、佐藤天彦に1-4で名人位を奪取され、3冠(王位王座棋聖)に後退する。(2002年以降、羽生善治と森内俊之の両名しか名人在位者がいなかった為、大きな話題を呼んだ。)

同じく2016年、第2期叡王戦への出場がにされたものの、本戦準決勝で敗退した。

2017年当初は三冠王であったが、にかけて王位戦王座戦と立て続けに防衛に失敗し、13年ぶりの一冠に後退する。
その一方で、10月から開催される竜王戦7番勝負の挑戦権を獲得し、第65王将戦以来となる挑戦者の立場でのタイトル戦に臨んだ。
7番勝負はスコア3勝1敗で迎えた2017年12月4日・5日の第5局に勝利したことで、渡辺明竜王を4勝1敗で退け通算7期竜王位を獲得、「永世竜王の有資格者となった。
既に獲得していた6つのタイトル戦の永世称号と合わせて永世位が存在する7タイトル全ての有資格者となり、前人未到の「永世七冠を達成した。

2018年朝日杯ではベスト4まで勝ち進み、準決勝で史上最年少棋士藤井聡太公式戦初対局。結果はとなり、優勝はならなかった。

第76期A級順位戦では6勝4敗で史上初の6人が参加するプレーオフへ進出。パラマトーナメント準決勝からの登場となったプレーオフでは、勝ち上がってきた豊島将之勝利し決勝に進むと、決勝でも稲葉陽勝利して、第76期名人戦の挑戦権を獲得した。佐藤天彦名人への2年越しのリターンマッチは、名人通算10期、タイトル通算100期、自身3度竜王名人す番勝負であったが、2勝4敗で名人を獲得できなかった。

その名人戦に被るようにして始まった第66期王座戦挑戦者決定トーナメント、そして第59王位戦挑戦者決定リーグ王座戦では、初戦の相手は深浦康市であった。しかし、羽生トーナメントを1勝もできずに敗退してしまう。

また、王位戦では、リーグ組を1位で抜けた羽生リーグ白組プレーオフを制した豊島将之と挑戦権を争うこととなった。尚、この時既に第89ヒューリック杯棋聖戦の挑戦者も確定していて、そちらも豊島だった。その為かこの勝負は棋聖戦の前戦ともいえるもので、棋聖戦の内容を占うように見る人もいた。しかし結果は敗北王位戦の挑戦権を獲得することは出来なかった。

そしてたて続けに始まった第89ヒューリック杯棋聖戦、挑戦者は先述の通り豊島将之王位戦挑戦者決定戦のわずか2日後だった。最終戦までもつれ込んだものの、結果は2勝3敗。ついに棋聖まで失うことになってしまった。これにより、残るタイトル竜王ただ一冠のみとなった。

10月、迎えた第31竜王戦竜王初挑戦となる広瀬章人に対し、先に3勝して防衛・タイトル100期に王手をかけたものの、第6・7局を連敗。第7局2日2018年12月21日を以て全てのタイトルを失い、1991年3月18日棋王位を獲得して以来、27年9か10141日に及んだタイトル保持に一度幕を下ろした。 タイトルの連続保持日数は、な者で以下の様になる。
大山康晴1957年12月21日王将奪取から1973年2月19日王将陥落までの14年2か5167日。
中原誠1970年12月10日十段奪取から1982年7月31日名人陥落までの11年8か、4252日。
米長邦雄1981年3月12日王位奪取から1986年12月19日十段陥落までの5年10か2109日。
谷川浩司1987年8月28日王位奪取から1996年2月14日王将戦陥落までの8年6か3093日。
佐藤康光2002年3月11日王将奪取から2009年3月30日棋王陥落までの7年1か2577日。
渡辺明2004年12月28日竜王奪取以来14年以上にって保持している。

その後、羽生の肩書がどうなるか注された(「九段」「前竜王」あるいは中原誠のように永世称号を名乗るか)が、本人の意向により肩書は「九段」となった。羽生が段位を肩書とするのは、1989年12月竜王位獲得以来29年ぶり(一度竜王を失って冠になっているが、当時は「前竜王」を名乗りそのまま棋王を獲得した)。

一方で、第68NHK杯では順調に勝ち進み、決勝戦で郷田真隆勝利して通算11回の優勝を達成。一般棋戦優勝回数が単独首位となった。

2019年5月24日には王位戦挑戦者決定リーグ白組最終5回戦・谷川浩司戦で勝利して、大山康晴の通算勝利数に並ぶ。更に、6月4日王位戦挑戦者決定リーグ白組プレーオフ永瀬拓矢勝利して通算勝利数を1434勝とし、大山の築いた記録を抜いて単独一位となった。


各タイトル毎の獲得数及び永世称号・その他戦績


獲得数は2019年3月18日時点のもの。なお、上記の「永世称号」の襲位・就位については、原則引退後。

また、タイトル戦だけでなく一般棋戦でも高い勝率を残しており、2012年3月NHK杯戦決勝で渡辺明勝利し、NHK杯4連覇・20連勝。同時にNHK杯通算優勝回数を10回とし、将棋界史上初の名誉NHK杯選手権者となった。連勝記録は2013年3月、当年度の決勝で渡辺明に敗れるまで24連勝に及んだ。

2019年3月18日現在1426勝587敗、勝率0.7084。通算タイトル獲得数99期(歴代1位、一般棋戦優勝45回(歴代1位


将棋に詳しくない人のために


羽生がどれほどの棋士なのかを、簡単に表現すると

A:羽生はどれくらい凄いの?
B:簡単に言うと、日本将棋界には7つのタイトルがある。
A:うん。
B:過去10年間だと、延べ70人のタイトルホルダーがいるわけだ。
A:うんうん。
B:その70人のうち、半分の35人が羽生だ。
A:( ゚д゚ )

もちろん、分身の術を会得しているわけではない。 

前述したように、初タイトル89年の竜王(当時19歳)。翌1990年12月谷川浩司に敗れ冠に戻ったものの、そのわずか4ヵ後の1991年3月に、棋王位を獲得。その日から2018年12月21日まで、27年間常に一冠以上のタイトルを保持し続けていた1990年冠になった際には「前竜王」 竜王位を失い冠になった場合、1年間「前竜王」を名乗れる。名人位に関しても同様で、「前名人」を1年間名乗れる。 を名乗ったので、段位を名乗らずにタイトルホルダーに返り咲く形になった。そのため、初タイトル獲得以降29年間に渡って、羽生が肩書きとして段位を名乗ったのは、初めて竜王に挑戦した時の“六段”が最後だった(タイトルを保持していても段位を名乗る形になっていた第2期叡王戦では、三冠を持っていたが例外的に九段の肩書だった)。前述の通り、27年ぶりに冠となった際には、段位である「九段」を名乗ることを表明した。

なお、1995年から2014年までの20年間に拡しても、延べ140人のタイトルホルダーのうち、半分以上の72羽生である。

また、獲得賞・対局料ランキング首位に23回(9396, 98~12,14~16,18)なっている。惜しくも2013年渡辺明に抜かれたものの、14年連続で1位を記録する。


ニコニコ動画との関わり


2007年NHK杯戦、中川大輔七段との対局でまさかの大逆転を巻き起こした際の対局模様はニコニコ動画にも投稿された。単純な対局動画としてはかなりの人気を誇ったが、後の大盤解説で羽生本人がその対局動画を見ていたことを暴露されてしまい、羽生ニコニコユーザーであることが判明した。→参考URL[外部]

著書でもニコニコ動画について言及しており「楽しすぎて長時間見てしまうので、あまり見ないようにしている」 とのこと。

時折ニコニコ生放送にてタイトル戦の解説を務めることもあり、3時のおやつに舌鼓をうったり、奨励会時代からの友人でもある佐藤康光森内俊之らとの数々の遊び伝説”の検証某・偉い人とテレフォンショッキングをしたり、盤上没で数多の読み筋を示していく解説スタイル視聴者に好評を博している。


棋風・対局スタイル


多くの棋士に得意な戦法があり、それぞれに「○○流」という呼び名が付けられる事があるが、羽生にはあまり冠される事がない。古今東西ありとあらゆる戦法を使いこなし、その全てで高い勝率を収めているためである。

デビューからの数年間は圧倒的な終盤による逆転勝ちが多く、羽生マジックと呼ばれた。年齢を重ねるにつれ、卓越した記憶による“過去の棋譜”に加えて、最新の序盤戦術や若手が生み出した新戦法もいちく研究・体得し、中盤戦での卓越した大局観と合わせた今では、序盤・中盤・終盤隙がない棋士としてトップを疾走し続けている。

因みに羽生自身は「記憶のピークは20歳前後ぐらいでした。それ以降、記憶は衰えていってます」と述べている。


次へ»
最終更新日: 19/06/05 20:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ