ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


職人スゲェ


ヨミ: ショクニンスゲエ

職人スゲェ」とは、コメントアート(CA)に対する具体的な反応の一つである。
このコメントはかつてコメントアート明期よりコメントされており、コメントアート投稿するユーザー(いわゆるコメント職人)に対してのコメントでは最も徴的なコメントの一つといえる。
本記事ではこのコメントに関しての対立などを中心にすすめる。


「職人スゲェ」と「←コメすんな」民の対立


コメントアートられた動画にはコメントアートではなく、「職人スゲェ」に対してのコメントが残されることがある。その一つの例、「←職人コメが消えるコメントすんな」というものがある。


対立側は何故そのようなコメントをするのか?


その多くの理由として、「そのコメントアート投稿された動画からコメントアートが消えてほしくない」という意見が多く見受けられる。
便利上本記事では「←コメすんな」と表記しているが、「職人スゲェ」同様にこのコメントには多少のパターンがある。中傷を織り交ぜたものや、全体へ呼びかけるようなものなど意味合いは「コメントアートが消えてほしくない」という点では合致している。
しかし、見方によっては彼らもまたその時点でコメントをし、コメントアートを消しているナンセンスコメントとも受け取れる。この着眼点から更なる対立へ発展することもあるが、これらはスルーをするべきである。お互いに自分の正義感や善意をぶつけ、争いに発展することはコメントアート投稿した側にとって望まないことの一つであり、三者三様コメント動画を楽しむことが望ましいだろう。


コメントアートを投稿している側からのこれらコメントの見解


Twitterのモーメント[外部]をご覧いただくとお分かりいただけるかもしれないが、この議論はかなり意見が分かれている。ここにまとめられているユーザの多くはコメントアートに一度はかかわった経験のある人間が中心となっている。
中では、「職人スゲェ」というコメントに対して「もっとそういうコメントをしてほしい」というツイートもある。これはコメントアート投稿する側のモチベーションとなるほか、コメントアートが流れることによって新たなコメントアート投稿できる機会を得られるという考え方があるからである。
新たなコメントアートを生産するにはかがコメントをしなくてはならない。コメントアートを流すのにコメントアート投稿するというのも一つの手ではあるが、あまりその様な行為は取られない傾向にある。
他にも多くの意見があるため、一部のみを抜したが、すべてを確認するためにはそれぞれので確認していただきたい。
また、備考であるが、コメントアート投稿する側には「職人」と呼ばれることを嫌うユーザもいることを留意していただきたい。


これらコメントでCAが消えることはあるのか?


A.全には消えません

ニコニコ動画コメントには過去ログが存在し、過去ログを見たい動画まで飛び、見たい日付・時刻を記入すればその当時のコメントを見ることができる。詳しくはニコニコヘルプこのページ[外部]も参照いただきたい。他にも、マイメモリー動画キャプチャーする、またはキャプチャー動画を視聴するなどといった方法が取れる。
の前からそのコメントが消えるからといってを荒立てる必要や人に呼びかける必要はない。対立する双方も悪意があるわけではない。先にあるようにお互いが落ち着きあい、動画を楽しむことが最重要であり、すべてのコメントをするユーザが同じ線に立つことが望ましいだろう。
コメントニコニコ動画の生命線であり、マナーモラルを守り、規約に反さない程度で自重せずにコメントすることがニコニコの本来の楽しみ方であり、あり方だろう。


この記事のタグ使用について


この記事はあくまで解説のための記事であり、タグの使用については推奨しない。この記事をタグに使うことによりタグを一つ埋めてしまうよりももっと面タグを貼り付け、人の興味を寄せさせることが賢明だろう。


関連コミュニティ


■community
■community


関連リンク



関連項目


いまいち この項は、修正が必要です。
コメント世界はまだまだが深いです。加筆、訂正の追加などをして下さるコメントの方々をめています。

最終更新日: 17/02/06 22:37
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ