ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: イツ

とは、筆や棒をもつ様子を表す漢字である。


漢字として


Unicode
U+807F
JIS X 0213
1-70-70
部首
画数
6画
Unicode
U+8080
部首
画数
4画
Unicode
U+2F80
意味
筆、という意味がある。また、ここに、と読みとして用いられる。
説文解字〕には「書する所以なり。楚に之れをと謂ふ、に之れを不と謂ふ、に之れをと謂ふ」とあり筆のことである。
また遹・欥・・術と通じる。
字形
筆やをもつという字形。形なのか会意なのか事なのかは諸説あって、と筆の形の会意説、筆の形に印をつけた事説、𦘒が筆をもつところで簡だとする説などがある。〔説文〕は「𦘒にひ一」と形としている。筆の初文。
文では、筆か棒かで形が違うようだが、篆書では同じ字形である。
音訓
読みイツイチ訓読みは、ふで、ここに、ついに。
規格・区分
常用漢字ではない。JIS X 0213第二準。
部首
は部首部を作る。部首の場合はふでつくりとも呼ばれる。
意符
意符として筆を持つ、棒を持つ、を持つ意味で使われる。筆を持つ意味としての会意字には、書(𦘠、)、建()、筆()、肅(+𣶒)、盡()などがある。棒を持つ字には、㶳()、針を持つ字には、𦘔()がある。
符とする漢字に、、などがある。
役・越・懐・皇・修・

異体字

互換文字


最終更新日: 11/12/17 10:30
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社