ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


育成選手


ヨミ: イクセイセンシュ
掲示板をミル!
22カキコ!

育成選手とは、日本プロ野球において、支配下登録選手70人のに含まれない契約選手のこと。


概要


日本プロ野球において、有望選手の囲い込みなどを防ぐため、各球団が保有できる選手は70人までと定められていたが、不気で社会人チームが次々と部に追い込まれる状況を受け、有望選手の育成と裾野の拡大のために2005年から導入された。ちなみに元々の発案は広島東洋カープ

年俸の下限は240万円(支配下選手の下限は440万)で、背番号は3桁(基本的に100番台だが、巨人は0から始まる3桁、中日200番台をつける。打撃投手などの裏方と紛らわしいというのが理由)。入団時に契約く、代わりに支度(通常300万円)が支払われる。

出場できるのは二軍の試合のみ(1試合につき5人まで)で、一軍の試合に出場するにはめて支配下登録される必要がある。また、2007年以降オープン戦、フレッシュオールスターファーム日本選手権にも出場可になった。ただしシーズン中の支配下登録期限は7月末(26歳以上の契約初年度の外国人選手は3月末)。8月以降は支配下登録ができないが、シーズン終了後の契約時には来シーズンからの支配下登録が可。また、支配下登録選手が65人以上いる球団でないと育成選手を保有できない(ただしこれは補強期限の7月末時点で65人以上の意味。それ以前は64人以下でも問題い)なお、支配下登録選手が64人以下であっても、実行委員会の調の上で承認されれば育成選手を保有可65人以上保有する意思があったにも関わらず、選手が急死する、犯罪を起こして解雇するなどの理由で64人以下になってしまう事態を想定していると考えられる。ただし、現時点でこの条項が採用された球団はない。

育成選手の保有数には現状、上限はい。年齢制限があるわけでもないので、30代の育成選手も存在する。2011年にはソフトバンクが、巨人を戦外になった38歳の藤田宗一を育成選手として獲得した(のちに支配下登録されたが1年で戦外)。また、巨人時代の脇谷亮太のように、級の選手が故障で長期のリハビリが必要な場合に育成契約になることもある。そういう意味では、メジャーリーグにおけるマイナー契約や故障者リストのように使われている面もある。

2011年岡田幸文ロッテ)が育成選手としてプロ入りした選手で初めて規定打席に到達した(2009年に新人王を獲得した巨人松本哲也は規定打席未満)。アーロム・バルディリス阪神に育成枠で入団し、オリックス移籍後の2011年に初めて規定打席に到達している。投手では2012年山田大樹ソフトバンク)が育成出身選手で初めて規定投球回数に到達した。


育成出身選手のタイトルホルダー・表彰


打撃タイトル
首位打者 --- --- ---
本塁打王 --- --- ---
打点 --- --- ---
盗塁王 --- --- ---
最多安打 --- --- ---
最高出塁率 --- --- ---
投手タイトル
最優秀防御率 --- --- ---
最多勝 --- --- ---
最高勝率 千賀滉大 福岡ソフトバンクホークス 2017年
セーブ王 --- --- ---
最優秀中継ぎ投手 山口鉄也 読売ジャイアンツ 2009年2012年2013年
奪三振 --- --- ---
ベストナイン 甲斐拓也 福岡ソフトバンクホークス 2017年
ゴールデンラブ 岡田幸文 千葉ロッテマリーンズ 2011年2012年
甲斐拓也 福岡ソフトバンクホークス 2017年2018年
新人王 山口鉄也 読売ジャイアンツ 2008年
松本哲也 読売ジャイアンツ 2009年

各球団の現状


満球団=補強、貧乏球団=育成」というイメージや、「有望な選手を安く保有できる制度」というイメージのためか、資のない球団向けの制度と思われていることがあるが、実際のところ、保有選手を増やすということは年俸だけでなくそれに付随するいろいろな経費が余計にかかるということであり、大量の育成選手を保有するためには球団にある程度の資が必要となる。仕方ないね

そういうわけで、育成枠の利用に積極的な2大球団がソフトバンク巨人である。ソフトバンク2011年から本格的な三軍制を敷き、ドラフト名選手を中心に20名以上の育成選手を保有。千賀滉大甲斐拓也といったを輩出しており、最もこの制度を活用している球団であることは間違いない。

巨人2011年までは育成選手の最多保有球団で、同じく「第二の二軍」と称する三軍制を敷いていたが、戦外選手の吹きだまりと化してしまい、2012年からは大きく縮小した(それでも保有人数は他球団にべると多かった)。2016年からは再び三軍を創設して育成選手を増やしている。

また、発案者の広島も球団の資べると育成枠を積極的に利用していた方だったが、2015年からは縮小気味である。

逆に、制度開始当初から育成枠を利用ないことで知られたのが日本ハム。保有選手数を絞り、ひとりひとりの出場機会を確保するという編成方針に基づいている。しかし、2018年の育成ドラフトで初めて1名を名した(それ以前にも育成ドラフトに参加したことはあったが、名せずに終わっている)。同じく西武2011年までは育成選手を保有しない方針だったが、2012年以降は利用する方向に方針転換した。

ほか、ロッテ阪神は初期は積極的に活用していたものの、現在は縮小傾向。一方、楽天は育成選手の保有数を徐々に増やしている。その他の球団はだいたい(二軍戦出場可人数の)5名前後というところで、まだまだ育成枠の活用法は模索が続いているようである。


育成選手と独立リーグ


プロ入り当落線上の選手にはチャンスの増える制度ではあるが、二軍の試合数にも限りがあり、さらに二軍戦への出場人数制限(最大5人まで)もあるため、育成選手を多く保有する球団には実戦経験の機会の確保が問題となっている(ソフトバンク巨人三軍を作ったのもこのため)。

それもあって、2007年千葉ロッテマリーンズが育成選手を独立リーグ四国アイランドリーグ派遣する構想を打ち出したが、いろいろあって頓挫。その後、2012年になって独立リーグNPBからの育成選手の派遣を受け入れることになり、以降、広島東洋カープオリックス・バファローズ横浜DeNAベイスターズなどが育成選手を独立リーグ派遣している。

いっぽう、独立リーグからNPBドラフト名される例も増えているが、独立リーグ出身の選手は育成ドラフト名される選手が多く、最初から支配下で名される選手はあまり多くない。

一度戦外になった育成選手が独立リーグを経てNPBに支配下登録選手として復帰する場合もある。2012年高卒で育成選手として広島に入団し、支配下登録されないまま2013年に戦外になった三家和は、BCリーグで3年間のプレーを経て、2017年ロッテと支配下登録で契約NPB復帰と初の支配下登録を果たした。また2012年高卒で支配下選手としてDeNAに入団、1年で育成落ちして2014年に戦外となった古村は、1年DeNAの打撃投手を務めたあと2016年アイランドリーグ愛媛で現役復帰、BCリーグ富山を経て2019年に古巣DeNAに支配下登録選手として復帰した。


育成選手のパターン


育成選手は大別して以下のようなパターンに分けられる。

育成ドラフトで指名され入団した選手

通常のドラフト会議と同日に行われる育成ドラフト名された選手がこれにあたる。ドラフトにかかる基準は後述の禁止事項以外は、基本的に通常のドラフト会議と同様である。

山口鉄也巨人)、松本哲也巨人)、内村賢介楽天DeNA)、山田大樹ソフトバンクヤクルト)、千賀滉大ソフトバンク)、岡田幸文ロッテ)、西野勇士ロッテ)、砂田毅樹DeNA)、甲斐拓也ソフトバンク)、石川柊太ソフトバンク)などが育成ドラフト名され、のちに支配下登録を勝ち得た代表的な選手。

なお、明確に規定されているわけではないが、「企業所属の選手は技術向上と社会教育という育成制度の理念から外れる」という理由で、社会人企業チーム所属の選手の育成ドラフト名は事実上禁止されている(企業チームの選手が名されたのは、2006年巨人JR東日本鈴木名した一例のみ)。社会人でもクラブチームは対外で、全足利クラブから名された岡田幸文などの例がある。

通常のドラフトと同様に名拒否の権利も選手側にあり、高卒巨人の育成名を拒否して大学に進み4年後に阪神から支配下で名された陽川尚将や、巨人の育成名を故障で辞退し翌年めて育成で名され入団した松澤裕介のような例がある。

育成ドラフトで指名された選手数
2005 2006 2007 2008 2009
6人 12人 15人 26人 17
2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
29人 26人 13人 13人 23 28 28 32 21

名拒否・入団辞退を含む名人数。

一度支配下登録から自由契約となり、改めて育成契約を結んだ選手

支配下登録けたいが戦外にするには惜しいと球団が判断した選手や、故障で長期のリハビリが必要なため一軍戦にならないことが解っている選手が、一度支配下登録を外れ育成契約を結ぶパターン

なおその際、形式上として戦力外通告を行う必要があり(ただし戦力外通告が発表されないまま育成契約に切り替わることもあるのでわりと曖昧)、育成契約の打診を蹴ってそのまま退団・引退する選手もいる。一旦自由契約扱いとなる事で他球団へのウェーバー提示が行われるので、他球団は支配下選手として獲得する事が可となる。その為、育成選手はフリーエージェント人的補償の対外だからプロテクトしきれない有望選手を一旦育成枠にする…ということは事実不可能である。

例としては、チェン・ウェイン中日時代の2007年リハビリのため育成契約となっていた。2012年には巨人脇谷亮太が育成契約を結び議論を呼んだ(翌2013年に支配下再登録)。故障での育成契約から復活を果たした選手には他に、柳瀬明宏河内貴哉狩野恵輔由規などの例がある。

ウィルフィン・オビスポレビ・ロメロ山本和作星野澄は育成で入団→支配下登録→再度育成契約→再び支配下登録、という形で育成契約と、同一球団で支配下登録を二度ずつ経験している。支配下で入団→育成契約→支配下再登録→育成契約→支配下再々登録というルートを辿ったエディソン・バリオスのような例や、ソフトバンクに育成で入団し支配下登録され、支配下のまま楽天に移籍したあと育成落ちし、支配下に再登録された小斉祐輔のようなややこしい例もある。

2008年には中日本明博をシーズン中に育成契約にしようとして問題となり、シーズン中の育成降格は出来なくなった。なお金本はその年のオフ、育成契約の打診を断り退団している。

戦力外となり、他球団に育成選手として移籍した選手

外となった選手がトラアウトや入団テストを経て他球団と育成契約をするもので、支配下登録での移籍とあまり事情は変わらない。育成契約の場合、二軍三軍の人数合わせ的な獲得もわりと見られる。

育成枠での移籍で後に支配下登録された例としては、中村紀洋オリックス中日)、ユウキオリックスヤクルト)、藤田宗一巨人ソフトバンク)、堂上剛裕中日巨人)、細山田武史DeNAソフトバンク)などがある。また伏ウーゴ(ヤクルト巨人)やアブナー・アブレイユ西武巨人)のように、育成で入団し支配下登録された後戦外を受け、他球団に育成契約で移籍したあとその球団で支配下登録されたという例もある。

金森敬之のように、NPBの球団から戦外となったあと、独立リーグでのプレーを経て再びNPBに育成契約で復帰した例もある(金森はその後支配下登録された)。

一度引退後、育成選手として現役復帰した選手

上記とは少し異なり、戦力外通告を受け現役引退し、一度は打撃投手やブルペン捕手となった選手が、怪人の続出などで二軍の選手が足りなくなった際に、急遽育成契約で現役復帰することがときどきある。

2015年楽天でブルペン捕手横山也が、ヤクルトで打撃投手阿部健太がそれぞれ二軍選手の不足から急遽育成選手に復帰した。ヤクルトでは2017年にもブルペン捕手新田玄気が同様の理由で育成選手に復帰している(いずれの選手も支配下登録されることなく同年オフに再び戦外となり再度引退)。


次へ»
最終更新日: 19/09/22 01:22
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ