ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


能勢電鉄


ヨミ: ノセデンテツ
掲示板をミル!
15カキコ!

能勢電鉄とは、阪急阪神東宝グループ下の鉄道会社である。通称「能勢電」。

能勢かわいいよ能勢

概要

兵庫県川西川西能勢口駅から、妙見山麓にある妙見口自体は大阪府町にある)および、阪急電鉄日本生命が造成したニュータウン阪急日生ニュータウン」の玄関口・日生中央(ここまでの文脈上、各種重複が多くなるがご容赦願いたい)を結ぶ地方私鉄。そしてメタルギアシリーズの常連でもある。

阪急子会社であり、運用されている車両阪急中古、そして塗装阪急カラーである。一見すると阪急の支線のような雰囲気だが、あくまで阪急とは別会社・別法人なので、沿線民が阪急まで用のある場合の運賃・定期代は能勢電(の初乗り)+阪急(の初乗り)で、かなり高くついてしまう。

1905年に能勢電気軌として開業。戦後の沿線開発の最中、開発を行った西武グループによる能勢電のの買収が行われ始め、それを阻止すべく阪急が出資し買収を防いだと同時に、阪急グループの一員となった。2003年以降は経営合理化のため、それまでバリエーションが数多く存在した能勢電独自のカラー止し、親会社阪急でもっていたマルーンに統一されたのである。

日中は(区間運用と合わせて)全線で普通が10分ヘッドで運行されている他、平日ラッシュ時に阪急宝塚線との直通特急特急日生エクスプレス」の設定がある。かつては平日土曜ラッシュ時のみの妙見急行土曜ラッシュ時のみの日生急行も設定されていたが、2017年3月18日ダイヤ正で両者とも消滅した。

乗車券については、PiTaPaICOCAをはじめとする全交通系ICカードに対応している。(2016年6月10日開始。)また、磁気カードであるスルッとKANSAIカードも対応しており、自社でもパストラルカードを発行していたが、2017年3月31日に販売を終了。また、スルッとKANSAIカードがなくなる代わりに、阪急電鉄阪神電気鉄道北大阪急行電鉄・能勢電鉄の4社でのみ使用できる「阪急 阪神 勢 北急レールウェイカード」が2017年4月1日より発売されている(ICOCAの導入決定に伴い、2019年を以て販売終了予定、同年使用終了予定)。

駅と種別

:停 |:通過。普通は各に停するので省略

※「特急日生エクスプレス」の終着川西能勢口駅ではなく、梅田駅阪急電鉄宝塚本線)である。

妙見線
日生特急 駅番号 営業キロ
(間)
川西能勢口起点
乗換・備考
川西能勢口駅 NS01 0.0(-) 阪急電鉄:宝塚本線HK-50
JR西日本:JR宝塚線福知山線
アニメイト川西
| NS02 1.2(1.2)
| NS03 2.1(0.9)
| 森駅 NS04 2.7(0.6)
| 滝駅 NS05 3.5(0.8)
| 多田 NS06 4.2(0.7)
平野駅 NS07 5.2(1.0) ○能勢電鉄平野
| 一の鳥居
大阪青山歴史文学博物館 
NS08 6.4(1.2) 大阪青山大学 ○大阪青山短期大学
歴史文学博物館
畦野 NS09 7.1(0.7)
山下 NS10 8.2(1.1) ■日生線(日生中央方面)
川西郷土館
笹部駅 NS11 8.6(0.4)
NS12 10.3(1.7)
ときわ台駅 NS13 11.2(0.9)
妙見口
町 吉川 
NS14 12.2(1.0) ■能勢電鉄:妙見のケーブル黒川
日生線
山下 NS10 0.0(-) ■妙見線(川西能勢口・妙見口方面)
川西郷土館
日生中央 NS21 2.6(2.6)

車両一覧

詳しい内容や在籍状況は、太字になっている各形式の記事を参照。

関連動画


■sm9626196[ニコ動]

■sm24247612[ニコ動]
■sm24250513[ニコ動]
■sm25570114[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 18/04/01 21:15
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ