ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


能面


ヨミ: ノウメン
掲示板をミル!
3カキコ!

能面とは、能楽において用いられる仮面の一つである。
なお、『面』とだけ書いた場合は『おもて』と読み、『能面』となることで『のうめん』と読むようになる。


概要


能楽を上演する際、役となるシテや、助演者であるツレがかぶる仮面である。
面は一般的に木彫によって制作されているが、近年は和で作られたり子の面も登場している。


能面の歴史


そもそも能楽が生まれる前の仮面の用法は、装着して人格を変身させる事により、超能力をその身につけてを迎えるといったものや、自らの精エネルギーを高めて病の治癒などに使うといったものがあった。その後、七世紀初頭に伎楽というものが日本に伝わった際、聖徳太子導によって様々な場面で仮面が使われるようになったと言われている。この時に使用された伎楽面と呼ばれる仮面は、現在のものとは違ってかなり大きく、いわば狂言に使われる面のようなものであった。なお、この時代に使われていた獅子や金剛の面などは、現在も正倉院や法隆寺といった場所に現存している。

伎楽自体は盛から半世紀ほどでれてしまうが、平安時代の宮廷文化により、入れ替わる形で舞楽が定着する。この舞楽にも面が使われた。これが舞楽面である。伎楽面が一の感情のみを表現していたのに対し、こちらは普通の顔を要約したようなものとなっており、舞楽に用いられた伴奏楽器リズムに合った演出ができる。その点では、舞楽面は伎楽面よりも能面に近いものといえる。しかし、舞楽自体が宮廷文化であったことと、貴族が安定した生活の中で文化の発達を遅らせてしまったこともあり、武社会の到来に伴って衰退してしまう。

鎌倉時代に入ると、農民たちが即的に作った踊りや唄といったものからった田楽、及び八世紀初頭に伝来した「唐散楽」から発展した楽が発達する。それぞれが影を与え合いながら共存していき、のちの能楽になるにつれて、能面もまたその重要な構成要素として発展していった。


能面の種類


大きく分けると以下の5種類。

これをさらに細かいカテゴリーに分類すると、基本形の能面は約70種類程度あると言われている。
さらに、この中から同一種を細分化していくと、その総数は200種類をえると言われている。

以下に、それぞれの能面の特徴と、代表的な面を挙げる。


老人面


翁系面

能面の中で最古の歴史を誇ると言われている面の種類。古くは日本書紀にもその存在が描かれているほどである。老人の中でも延命冠者の役に用いられる。特徴として、ぼうぼうのと上半分がわかれている切りなど、他の面には見られない特徴がある。

尉系面

老人を表す。翁面と同様、のような老人を演じる際に用いることが多い。


女面


現実女性の顔形とはだいぶ違う形をしているが、一つの面だけで喜怒哀楽のすべてを表すことができるというものである。


男面


男性を表す。ただし、現在と呼ばれる現在進行形の状態を演じるにおいては、成年男性役は能面を用いない。この時の役者の素顔は「直面」と呼ばれており、素顔が能面に見立てられる。
その性質上、成人男性の面は古人を模したものが多い。


鬼神面


邪悪なものを追い払う、威の強いを表した面。


霊面


怨霊面

みを持ち、生きとし生けるものに災いを与える霊の面。

神霊系

こちらはの面である。にとりつかれないためにとしてり、それを沈静化しようとするために作られた。適用範囲は広く、亡霊や霊、菩薩や明王を模した能面もこのカテゴリに入る。


能面を用いる有名人



関連動画



■sm17702089[ニコ動]

■sm23972852[ニコ動]


関連商品


■azB00IJ1XEP0
■az4582634710

■azB004SN4YX4


関連項目



最終更新日: 15/02/15 20:36
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ