ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


脇谷亮太


ヨミ: ワキヤリョウタ
掲示板をミル!
130カキコ!

脇谷亮太(わきや りょうた、1981年11月4日-)とは、大分県出身の元プロ野球選手内野手)である。


概要


OB
脇谷亮太
基本情報
日本
出身地 大分県
生年 1981年11月4日
身長
体重
176cm
74kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 二塁手
プロ入り 2005年大学社会人ドラフト5巡
引退 2018年
経歴
選手歴
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

2005年大学社会人ドラフト5巡NTT西日本から読売ジャイアンツに入団。

巨人時代

2006年から一軍に昇格すると、シーズン後半には1番セカンドに定着して鈴木尚広と「ダブル1番」を組んだ。ちなみにこの年、斉藤和巳が準完全試合を達成した際に一の安打を放った(そして牽制でアウトになった)のはである。そのまま順調にレギュラー定着かと思われた。


2007年木村拓也ルイスゴンザレスとの併用になり出場試合数は増えたが打席数は減少。


2008年木村拓也の好調でさらに出番が減ってしまうなど、1年の活躍から伸び悩む。


2009年二塁手でのスタメン起用が増えたが、左投手相手にはスタメンを外されるなどまだレギュラー定着には至らず。オフに最大のライバルであった木村拓也引退クライマックスシリーズで制覇を決める決勝タイムリーを放ちCSMVPを獲得したが、全て代打の出場で3打席しか立っていなかった。


2010年は開幕こそエドガー・ゴンザレスにスタメンを譲ったものの、セカンドサードので100試合以上スタメン出場し、初めて規定打席に到達し、チームトップ28盗塁とシュアなバッティングでチームに貢献した。また、8月には15試合連続得点のセ・リーグ記録を立。


2011年4月20日阪神タイガース戦で、クレイグ・ブラゼルの打球をワンバウンドで取ったにも関わらず、センター長野久義と共にキャッチしたことをアピール。一塁審の土山剛アウトと判定。これに対し阪神真弓明信監督抗議するも判定は覆らず、結果的に試合は4-5巨人勝利し、「あの誤審がなければ同点だったのに…」とあちらこちらから阪神ファンの悔しいコメントが見られた。は「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTRテレビの映りが悪いんじゃないですか」とコメント。ちなみにダルビッシュ有は「勝負事だから落としたという人はいない」とTwitter投稿していた。


2012年育成枠リハビリにあて、オフに支配下選手に復帰した。


2013年は開幕後から活躍していたが、中井大介などが台頭し、49試合に留まった。

西武時代

2014年巨人FA移籍した片岡治大の人的保障として、埼玉西武ライオンズに移籍。背番号片岡がつけていた7。6番一塁手で開幕スタメン入りした。96試合の出場で打率.263、2本塁打を記録。サヨナラヒットも2回打った。


2015年一塁手エルネスト・メヒアの守備固め要員として一軍に帯同。打撃でも結果を残し、8月は3番打者を担当したこともあった。9月19日に右足首を折しシーズンを終えたが、2010年ぶりに100試合以上に出場。打率は自己キャリアハイの.294だった。オフFA権を行使し、古巣の巨人に復帰した。背番号2。

第2次巨人時代

2016年54試合、打率.157に終わったが、8月23日広島東洋カープ戦でサヨナラホームランを放ち、スカパー!サヨナラ賞を受賞した。オフ陽岱鋼の加入に伴い、背番号を12に変更した。


2017年代打として52試合に出場した。


2018年は一度も一軍出場がないまま、9月19日に現役引退を発表した。二軍最後の公式戦では申告敬遠で終わった。ファーム日本選手権では9回に代打で出場し、阪神ファンからも援を送られた。「阪神ファンプロ野球ファンを悲しませ、審判にも迷惑をかけたが、阪神ファンの方々も応援してくれてうれしかった。二軍だけどライトスタンドに一礼できてよかった。」とコメントした。


引退後


2019年からは巨人スカウトに就任。


人物


応援歌

球団 レス No プレイヤー
巨人 応援歌のピコカキコ一覧#815 11261
西武 応援歌のピコカキコ一覧#983 11941

成績



年度別打撃成績


年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2006年 巨人 60 226 215 22 58 7 2 1 11 4 1 0 8 2 42 1 .270 .302
2007年 91 188 177 28 50 6 5 1 14 8 3 0 5 3 30 3 .282 .314
2008年 56 130 120 15 25 5 2 1 8 4 3 0 7 0 32 0 .208 .252
2009年 89 245 231 26 62 7 2 2 16 5 1 0 10 3 52 0 .268 .307
2010年 132 459 414 65 113 14 8 7 43 28 6 1 35 3 80 5 .273 .333
2011年 53 167 154 12 27 3 2 0 10 7 4 1 6 2 24 0 .175 .215
2013年 49 135 123 12 30 5 0 0 8 3 1 0 10 1 18 1 .244 .306
2014年 西武 96 233 205 21 54 11 0 2 20 4 10 1 15 2 45 1 .263 .318
2015年 118 272 235 32 69 13 1 3 22 4 8 1 27 1 47 3 .294 .367
2016年 巨人 54 115 108 8 17 3 1 1 7 0 1 0 6 0 18 4 .157 .202
2017年 52 68 64 7 16 0 0 0 0 0 1 0 3 0 14 2 .250 .284
NPB:11年 850 2238 2046 248 521 74 23 18 159 67 39 4 132 17 402 20 .255 .305

関連動画


■sm8617311[ニコ動]

■sm11650567[ニコ動]

関連コミュニティ

■co3558
■co437


関連項目



最終更新日: 19/02/10 05:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ