ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


脱衣麻雀


ヨミ: ダツイマージャン
掲示板をミル!
53カキコ!

脱衣麻雀とは、男の戦いである。


概要


負けたものが衣服を脱ぐというルールで行われる麻雀であり、得てして二人麻雀である。
特にコンピュータゲームにおける脱衣麻雀は1980年代日本物産が最初に開発して以来、90年代後期までの麻雀ゲームを支えたジャンルとして名を残している。
麻雀エロい印を与えたジャンルでもあり、特に年齢制限というものはなく小学生でも普通に遊べ、当時の家庭用ゲーム機(ファミコン)では絶対に描かれなかった乳首が拝めるこれらのゲームがきっかけで麻雀を覚えたという人も少なくないのではないだろうか?

らしい女の子が脱ぐシーンアニメーションで描写されるという衝撃はエロに飢えていた多くのプレイヤーを魅了し、人気ジャンルとして君臨した。
難易度システムゲームによって様々だが、酷いものではコインを入れた直後に天和で和了られるものもあり。
難易度は店側に調整することが出来、なかなか勝てないようにしている店も少なくなかった。
それでも魅的な女の子に惹かれてめげずにコインを投入するプレイヤーは数多く、全盛期だった当時は多くのゲーセンを支えていた人気ジャンルだった。(両替機を側に置いているえげつない店もあったが…)

脱衣シーンについては、中にはアダルトビデオ映像を流す作品もあったが、それらはサラリーマン層にターゲットに作られた為、少年齢層にはあまり人気がなく、大多数はCGを用いた作品であった。
CGでもアニメ調のものと写実的なものとがあり、初期は写実的なものの方が優位であったが(ユーザーの年齢層もあったのであろうか?)、次第にアニメ調のものの方が優位となる。
ちなみに、当時は肖像権著作権に対する意識が低かったこともあり、芸人やアニメ作品そっくりなキャラがそのまま登場するという今考えるととんでもないゲームも多数存在した(もちろん名前はそのままではない)。

このジャンル革命を起こしたのは、1987年にセタが発売した『スーパーリアル麻雀PII』であろう。当時としてはハイクオリティアニメーションする脱衣シーンは当時のゲーマーに衝撃を与え、く間に大ヒット作となった。以降もシリーズは多数作られ、脱衣麻雀はアーケードゲームヒットジャンルの一つとなった。

しかし、上述のとおり小学生でも遊べるようなゆるゆるだった状態がそう長くも続くわけもなく、業界全体の自主規制もあって市場は徐々に衰退していった。ゲーセン自体が時代と共に変わったこと、リリースしていた中小メーカー倒産及び撤退した事、規制が厳しくなり庭用移植不可能になったことなど様々な事情からゲーセン向けの新作が作られることは減っていった。

現在では自主規制団体JAMMAの規制強化により、脱衣要素付きのアーケードゲーム事実リリース不可能になり、店の片隅にひっそり古い筐体が置かれる程度になっている。なお、一部の人気シリーズ脱衣要素をして新作をリリースしたが、全くウケなかったようだ。

…と思っていたら、2014年4月アーケードで脱衣麻雀の新作がリリースされた(でも脱衣下着止まり…OTL)。

とはいえ新作を楽しみたいという需要は多く、現在同人ソフトという形で様々な作品がリリースされている。
絵の素材があれば簡単に脱衣麻雀を作れるフリーツールもあり、表舞台に上がることこそいものの今尚多くのユーザーを楽しませているジャンルと言えるだろう

呼称の定着はゲーメストという昔のアーケード情報誌から。


主なタイトル



関連動画



■sm4379407[ニコ動]

■sm1387278[ニコ動]
■sm7819524[ニコ動]


関連商品


■azB005I63YTU
■azB000069STX


関連コミュニティ


■co1068


関連項目



最終更新日: 15/02/07 23:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ