ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


芝山努


ヨミ: シバヤマツトム
掲示板をミル!
10カキコ!

芝山努とは、日本アニメーション監督アニメーターである。


人物



アニメーター時代


1941年3月9日生まれ、東京都出身。明治大学文学部演劇学科を卒業

1963年東映動画(現:東映アニメーション)に入社したのがアニメ制作にかかわるきっかけとなる。同期入社には、実は『千と千尋の神隠し』の宮崎駿がいる。

1966年にAプロダクション(現:シンエイ動画)に入社し『天才バカボン』『ムーミン』などの作画監督キャラクターデザインなどを担当し、アニメーターとしてのキャリアをあげていく。現在シンエイ動画に特徴的な中割りを極端に抜き、原画のタイミングだけでアニメーションの小気味良さを表現した、作画とは、芝山努と小林治の両名のによるものが大きい。

1978年開の、『ルパン三世 ルパンVS複製人間』ではレイアウトを一人ですべて書き上げるという荒業を成し遂げ、アニメ業界にその名を知れ渡ることとなった。同年にシンエイ動画を退社し、小林治・山田みちしろらと亜細亜堂を設立して、以後はアニメーション監督中心となった。


アニメーション監督時代 ~ 現在


亜細亜堂を立ち上げてから1年後の1979年に『がんばれ!! タブチくん!!』でアニメ監督

1983年シンエイ動画制作の『ドラえもん』の映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」の監督に起用されるが、前作とべて2億円の落ち込みを記録してしまったが、次作の「のび太の魔界大冒険」では6億円の爆上げをし、同時にチーフディレクター監督)に抜されて降するまでの2005年まで22年間、藤子・F・不二雄原作漫画史上最大のヒット作となり、芝山努氏の代表作品となった。

その後もドラえもん監督を続けながら、『ちびまる子ちゃん』『忍たま乱太郎』『らんま1/2』などのヒット作を次々と生み出しアニメ黄金期を支えた第一人者である。

1983年から2004年までの31年間は1年たりとも監督作品が途絶えたことがなく、それでも制作現場が破綻することはなかったという。

2005年に『ドラえもん』を降してからは、『まじめにふまじめ かいけつゾロリ』の総監督に就任し、2013年現在トークショーなどにも参加し、元気バリバリである。しかし、本人は半分引退状態であるとっており忍たまの総監督2013年に降した。


特徴


 同年生まれのアニメ監督に、りんたろう宮崎駿富野由悠季など日本を代表する名監督がそろっている。

また、非常に綿密な絵コンテを書いており、それは宮崎駿に匹敵するうまさで業界内では有名。実際に「ドラえもん のび太とロボット王国」と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」はそのあまりのうまさに書籍化しているので一度ご覧になることをお勧めする。

クレヨンしんちゃん』の歴代監督である本郷みつる原恵一は芝山努の作に絶大な影を受けているという。特に本郷の方は非常に尊敬しており、度々インタビューなどで話題に挙げている。


監督作品



テレビシリーズ



劇場用映画



関連商品


■az409101559X
■azB003RSZPY8


関連項目



最終更新日: 17/07/12 23:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ