ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


若島津健


ヨミ: ワカシマヅケン
掲示板をミル!
55カキコ!

若島津健?
もしかして噛ませ犬


概要


小学生編から登場している古参の一人で、若林みたいに怪で大会の参加は遅れた。
対ふらの小サッカー部戦でPKを取られてしまった時、松山が蹴る直前に登場し、見事に阻止して勝利に貢献した。

また、彼はキャプ翼三大義のひとつ飛びの使い手で、全小学生の心を貫いた。そんな彼だが、小学生の頃からある片鱗を見せていた……それについては後で記載する。

彼の特徴は攻撃的ゴールキーパーという点。三飛びをはじめとした空手を流用した独特な技を持つキャラクターで、『キャプテン翼』のゴールキーパーの中でも最も多くの技を持つゴールキーパーである。また、内ではさすがにトップクラスを持っており、一時期若林に最も近いのでは?とも囁かれていた。


中学編


日向の後を追って東邦学園へ入学。2年生のときから正GKとしてゴールを守るが、やはり南には勝てなかった。

またこの頃からぽつぽつと失点も立つようになり、予選での武蔵中学戦で2失点、明和FCのOB対決となった準決勝の明和東中学戦でも1失点し、決勝戦ではぼろぼろになりながらゴールを守る……がやはり大量失点をしていた。この時の相手GK森崎で、不覚ながらも森崎と同じ成績で終わると言う結末で終えた。


ジュニアユース編


満を持して正ゴールキーパーとして参加、だがシュナイダー相手に手も足も出ないどころかフルボッコされて怪を負うという失態を見せる。その後、最も得点のないイタリアから失点、挙句の果てにはディアス一人に4失点、フランス戦はもはやトラウマクラスの4失点+PKで4失点とやはり大量失点の散々な成績を残す形になった。PK最後の正拳ディアェンスは見物ではあるものの、ディアスボコボコにされるその姿は見る者の涙を誘う。結局若林西ドイツ戦は任せる形になって退場した。

余談ながら、若林はこの西ドイツ戦で飛びの発展形を披露するという若島津涙目なことをしていた。哀れ若島津


高校~ワールドユース編


この時も彼は日向と共に東邦学園に入学。ようやく、南を下して単独優勝を日向と共に味わった。

後のワールドユースでゴールキーパーとして選ばれるが、オランダユースとのテストマッチでは一戦は6失点、二戦は7失点森崎えるスコアくと言う快挙を果たす。また三戦は圧勝したといえど、1失点しているため、実質3戦で14失点していることになる。

その後、アジア予選前に若林が正ゴールキーパーと言われてすねはじめ、

若林噛ませ犬じゃないんだ!

という迷言をはいてユースチームから抜け出した。この時、タイガーショットを至近距離を片手で受け止めるという荒業を見せるが……この後、この成長のは何の意味ももたらす事はかった。横浜フリューゲルスへと入団、そこで自らの実を磨くことに。しかし、それでも試合が気になるのかきちんとアジア予選の試合は見に来ていた。だが、そこで彼が見たのは両腕を負傷しながらもゴールを守る若林の姿である。

その後、日向母親の医療費の肩代わりをし、ワールドユース予選からチームと合流、対メキシコ戦ではツインシュートに匹敵するビッグバンシュートをとめたり、ルチャ殺法を得意の高さでのセービングで全にぎ切ると大活躍を果たす。……が、彼の活躍はここがピークだったといっても過言ではない。

次の試合はウルグアイ戦。リアルジャパン7だった火野、そしてビクトリーノとの対戦である。この試合では火野のトルネードシュートを事もあろうに股抜き、さらにまったく反応できずに失点を喫し、さらにはビクトリーノのスライディンシュートも取れず、味方のオウンゴールがあったとは言えどやはり世界を相手になると大量失点をする若島津の姿がそこにあった。哀れ若島津

その後、当たり前だが若林が復帰してからはベンチでひっそりと見ている立場になるが、最終決戦ブラジルにおいて若林が負傷したため、果敢にオーバーラップしてフィールドを駆け巡る若島津の姿があり、若林からは攻撃に関してはより上だ!と言わしめるほどであるが、島津よ本当にそれでいいのか?


Road to 2002


いつの間にか新田仲良しになっていた。名古屋グランパスエイトで活躍している。特に立った活躍はく、日向イタリアへの見送りをしたぐらいしか見せ場がなかった。余談ながら新田との対戦では勝利している。

……が、実はドイツで活躍している若林がいつの間にか攻撃的なプレーをいくつか習得してしまったため、彼の存在価値がやや薄くなってしまった感がある。


GOLDEN 23


「また若林との壮絶なゴールキーパー争いがはじまるんだ」(そもそも勝ちはありません)

吉良監督の下、ゴールキーパーとしてオリンピック予選のメンバーに選ばれた……が、そこにはフィールドを駆け巡るFW若島津の姿があった。吉良監督いわく、日向とのツートップは明和時代からあったといい、その攻撃と高さ自体は今までの全日本ユースのFWにはいものばかりであった(元々チビが多かった)。その中では異必殺技から数々の新田とのコンビプレイを披露、FWとしては大活躍するという快挙を成し遂げた。……が、その後ろでゴールを守っていたのは若林、そして森崎有三であり、その森崎世界相手に失点はあまりせず、今までのザルさはどこへ行ったのかと言わんばかりの大成長を果たしていた。若島津よ、そろそろGKに戻らなくていいのか?

と言いつつも、対ギリシャ戦では前半は若島津はきちんとGK仕事……はあまりいいとは言えず、やはり失点していた。

余談ではあるが、若島津がFWにコンバートされてしまった理由に関して説明すれば、『動く不謹慎』こと乙武洋匡作者である高橋陽一と対談した際に「若島津をFWに」とリクエストした事も少なからず影している。
武は趣味キャプテン翼の登場人物でスタンディンメンバーを決めたりする妄想をしていたようである。 


必殺技


飛び
キャプ翼三大義のひとつ。この技で全ちびっ子を虜にした。あくまで逆を突かれた時やコースが際どい際に使うの技なのだが……。
ちなみに若林も使用出来るようだ。
浴びせ蹴り
ディアスを吹っ飛ばした必殺技テクモ版では敵フィールダーと一対一の状況で使用出来る。
正拳ディフェンス
そう簡単には砕けないらしい。威のある(キーパーを吹き飛ばしたりする)シュートに対して正拳を入れて弾き飛ばす。
ちなみに若林ボクシングを習って同様の技を身につけた。だんだん若島津の個性が消えていく……。
ディフェンス
リーチが長くなる。南戦では、来生の3D攻撃を防ぎ、両手での叩きつけでドライブシュートを弾いた。
若堂流円滑面蹴り
い話が対地タックル
若堂流上弦跳ね蹴り
い話が対タックル
若堂流背面中縦回転蹴り
い話がオーバーヘッドキック
若堂流変幻次元蹴り
い話がフェイント

若島津の実力


実際、若島津の実森崎若林、果たしてどっちに近いか……?という疑問が残る。そんな中で、とあるサイトでは実際の失点数などで割り出した結果、森崎に近いという結果が出たというデータが存在する。あくまで失点数によるものであるため、参考記録に過ぎない。ただし、歴代の受賞較すると若島津より森崎の方がかしい経歴を持っているため、ますます立場のないことになっている。

ただし、ここまでこれだけのことを言い放っているが最強であるのは間違いないため、そんな彼の今後のFW人生GKとしてを見守っていくしかない。


テクモでは


1では、若林が決勝戦限定のみ使用可原作さながらの実を持つ為圧倒的なステータス差で負けている。
2では安定の若林必殺技の若島津かの二択になる(クリティカルが発動すれば若林の方が上)。
3では若林弱体化した為事実日本No1キーパーとなる。
4ではルート次第では新必殺技、がりゅうさんかくとび(牙飛び)を習得、ペナルティエリア外のシュートに高い耐性を持つ若林とは基本的に敵チームシュートレンジにより使い分けられる。また、一定確率で手ディフェンスが発動する事も。
5ではがりゅうさんかくとびがくなり、浴びせ蹴りも使い難くなっている為、4から変わらぬ強さを持つ若林には少々出遅れている感が。


関連項目



最終更新日: 18/07/22 06:01
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ