ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


若竹七海


ヨミ: ワカタケナナミ

若竹七海(わかたけ ななみ)とは、日本ミステリー作家。夫はバカミスの提唱者として知られる評論家小山正。


概要


1963年生まれ。立教大学時代からミステリクラブに所属し、創元推理文庫の折り込み冊子で書評コーナーを担当していた。1991年、『ぼくのミステリ日常』でデビュー。「日常の謎ミステリとして高い評価を集めた。

人間悪意をさらりと上品に描くブラック読み心地のミステリと、いわゆるコージー・ミステリを得意とする。前者の代表作は『プレゼント』『依頼人は死んだ』『悪いうさぎ』『さよならの手口』『静かな炎』『錆びた滑』と続く女探偵・葉村晶の活躍を描くハードボイルド《葉村晶シリーズ》、後者の代表作は『ヴィラ・マグノリア殺人』から始まる、神奈川県の架・葉崎舞台にした《葉崎シリーズ》だろう。ちなみにどちらも同じ世界観上で展開されており、葉崎シリーズレギュラーキャラクターが葉村晶シリーズに顔を出したりするほか、それ以外の単発作品(『遺品』『死んでも治らない』など)にも葉崎という地名やおなじみの名前がちらほら登場する。また、中公文庫で出ている《御子柴くん》シリーズは、葉村シリーズの第1作『プレゼント』からのスピンオフ

文学賞ミステリランキングでの扱いにあまり恵まれず、長らく「冠の実」的ポジション作家だったが、2013年に短編「暗い越流」で日本推理作家協会賞を受賞。2014年に刊行した葉村晶シリーズ13年ぶりの新作『さよならの手口』が「このミス」4位、「週刊文春」「ミステリ読みたい!」10位などなぜか突然高評価を集め、続く葉村シリーズの短編集『静かな炎』は「このミス2位ランクインするなど、ようやくその実が評価を集め始めている。

コージーや日常の謎作家というイメージを持っている人もいるだろうが、葉崎シリーズなどのコージー路線の作品でも笑えないブラックさが滲み出ることが多く(特に葉崎シリーズ第3作『クールキャンデー』のオチは強)、基本は人間のどうしようもない部分を醒めたで見つめるブラックな作作家である。また、単にいだけでなく、ミステリとしても非常に凝ったプロットや大胆な仕掛けを駆使してくるため、本格ファンにもオススメしたい。

書店でアルバイトをしていた頃、毎週土曜日に書店に50円玉20枚を千円札に両替しに来る奇妙な客と遭遇。作家デビュー後にその経験を話したところ、その客のに対する解答編を様々な作家が競作する企画に発展した。解答編は一般募も行われ、受賞者には後の剣持士と倉知淳がいる。この企画は『競作 五十円玉二十枚の』として本にまとまり、「日常の謎」初期を代表するアンソロジーとなった。北村薫ニッポン硬貨の』や崎有ヶ丘五十円玉祭り』など、その後もこの企画の解答やオマージュ作品が書かれている。


作品リスト(小説のみ、刊行順)


は葉村晶シリーズ、◇は葉崎シリーズ

  1. ぼくのミステリ日常1991年東京創元社1996年、創元推理文庫)
  2. 心のなかの冷たい何か1991年東京創元社2005年、創元推理文庫)
  3. 水上音楽堂の冒険1992年東京創元社
  4. 閉ざされた1993年講談社1998年講談社文庫→2006年光文社文庫)
  5. 風神1994年新潮社2000年、新潮文庫→2006年光文社文庫)
  6. サンタクロースのせいにしよう1995年集英社1999年集英社文庫)
  7. 製造迷夢1995年徳間書店2000年、徳間文庫→2014年、徳間文庫[新装版])
  8. プレゼント1996年、中央論新社→1998年、中公文庫)
  9. 海神の晩餐1997年講談社2000年講談社文庫→2007年光文社文庫)
  10. 船上にて1997年、立書房→2001年講談社文庫→2007年光文社文庫)
  11. スクランブル1997年集英社2000年集英社文庫)
  12. 八月の降霊会1998年角川書店2000年角川文庫
  13. ヴィラ・マグノリア殺人1999年カッパノベルス2002年光文社文庫) ◇
  14. 遺品1999年角川ホラー文庫→2010年光文社文庫)
  15. 名探偵は密航中2000年カッパノベルス2003年光文社文庫)
  16. 依頼人は死んだ2000年文藝春秋2003年、文文庫)
  17. 古書店アゼリアの死体2000年カッパノベルス2003年光文社文庫) ◇
  18. クールキャンデー2000年祥伝社文庫) ◇
  19. 悪いうさぎ2001年文藝春秋2004年、文文庫)
  20. 死んでも治らない 大の事件簿2002年カッパノベルス2005年光文社文庫)
  21. ハウスの騒動2006年カッパノベルス2009年光文社文庫) ◇
  22. バベル2008年光文社文庫)
  23. プラスマイナスゼロ2008年、ジャイブ2010年ポプラ文庫ピュアフル) ◇
  24. みんなのふこう (2010年ポプラ社
    → みんなのふこう ~葉崎は今も眠れない2013年ポプラ文庫ピュアフル題) ◇
  25. リスDCの事件簿2011年光文社2013年光文社文庫) ◇
  26. 暗い越流2014年光文社2016年光文社文庫) - 葉村晶シリーズの短編2編を収録
  27. 御子柴くんの甘味と捜2014年、中公文庫)
  28. さよならの手口2014年、文文庫)
  29. 静かな炎2016年、文文庫)
  30. 御子柴くんと遠距離バディ2017年、中公文庫)
  31. 錆びた滑2018年、文文庫)
  32. 殺人鬼がもう一人2019年光文社

関連商品


■az4488417019
■az4122033063
■az4167656671
■az4167679167
■az4167902206
■az4167906740
■az4334733735
■az4334735460
■az4334773613
■az4488400523


関連項目



最終更新日: 19/03/30 04:56
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ