ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


草薙京


ヨミ: クサナギキョウ
掲示板をミル!
131カキコ!

草薙京とは、SNK格闘ゲームTHE KING OF FIGHTERS」(以下KOFシリーズの登場キャラクターである。

KOF'94』~『'98』の主人公。以降もシリーズに皆勤している他、カプエスネオジオバトルコロシアムなど色々なゲームに客演している。


概要


よたろうさんGJ

餓狼伝説テリー・ボガード龍虎の拳リョウ・サカザキと肩を並べるSNKの看キャラクター

草薙流古武術という、草薙の一族の血を引く者のみが使う特殊な炎を使って攻撃するというまったく新しい格闘技の使い手である。草薙オロチと戦う三種の神器の一であり、草薙を持ち、「祓う者」の役割を担っている。
同じく三種の神器の一であり、同士の因縁がある八神庵からはその命を執拗に狙われており、非常に陶しがっている。『'97』からは追っかけ子の矢吹真吾までも登場しており、ストーカーライバルや愉快な仲間達には事欠かないようである。

通称「サマ」「燃え太郎」など。

カワサキZIIで、好物は焼き魚(特にサンマ)。

最近はめっきり出番が減ったが、ユキという彼女がいる。


性格


自信で倒した相手に皮を言ったりするなど口の悪いところはあるが、主人公らしく熱いところもあり、やるときにはやる男。嫌いな物は「努」だが、そう言いつつ『'96』のストーリーではゲーニッツに敗れた屈辱をらすために“式”を習得するなど、努をしないわけではない。

趣味作だが、一方で技名にR.E.D.KicKレインボーエネルギーダイナマイトキック)とつける卓越したネーミングセンスを持つ。また高校留年している為、MIAで登場した溝口誠に親近感を持たれている。留年しているからといって別に頭が悪いわけではないようだ。むしろ、武者修行だのネスツによる拉致だの、その辺のせいです。


生い立ち


三種の神器の一を担う“祓う者”であり、草薙を持つ草薙一族。草薙一族の先祖は1800年前にそのを以ってオロチを破っている。

はその草薙一族の末裔であり、現当家族であり草薙前当草薙舟、草薙静、親戚に従兄弟草薙草薙がいる。15歳の時に舟をえてあっさり草薙の当になった、という過去がある。但し草薙の使命から逃れるためにわざとそうしたのではないかと疑ってもいる(それほど使命が億劫だと言う事でもある)。

その父親舟とはストーリーや掛け合いで何度か関わっている。『'94』ではルガールに負けて血まみれになった親父を発見したものの、ルガールとの戦いのため放置。ルガール自爆により沈没する船から救出できなかった。『'95』ではルガール気まぐれで救出・洗脳され中ボスとして立ちはだかった親父と再会。やむなく親父を倒し、つかの間の感動を得た後にルガールを倒すも、またしても親父を放置。一応フォローなのか「親父があの程度で死ぬわけがい」とは言っている。実際、草薙親父舟)はやっぱり生きており、いつの間にか自で脱出していたりする。このとき親父オロチとの戦いを予感してに「強くなれ」と気にかけているなど、美しき親子が垣間見えた。

しかしその後の『'96』『'97』でのオロチとの戦いはばかりが担い、親父は『'98』での再登場まで一切登場しなかった。『'96』ではゲーニッツとの決戦舞台(の背景)にもいたのだが、戦闘時には他の観客共々消えてしまっている。

そのせいでは機嫌を損ねたのか、久々の対面となる『'98』では親父からの掛け合いを一方的視。『'98』のギャグ小説では静とのノロケ話をしたばかりに親父仲間に見捨てられ、実の息子にはこれまでの不満を洗いざらいブチ撒けられた挙句、膚なきまでにフルボッコにされた。いとあはれ

ストーリー上の活躍

オロチ編

[画像を見る]『'94』では日本チーム大門五郎二階堂紅丸)の1人として出場。エンディングの「2度留年が決定する」描写はある意味衝撃を与え、これ以降も年号が進むたびに留年回数も加算されるなど散々ネタにされた。

『'95』ではルガールを倒し、彼がめたオロチめて知る。

『'96』では大会前に野試合でゲーニッツに敗れ、再び修行して最終決戦義「式」を習得、再戦の末ゲーニッツを倒す。但しその式は『'97』まで未実装となった。この大会での活躍をにしたが後に子入りしている。

『'97』ではオロチを倒し、使命を果たす(草薙京、八神庵神楽ちづるで組んでラスボスを倒すと…)。

ネスツ編

『'99』ではオロチ戦直後にネスツに拉致され、監禁。草薙京のクローンが大量生産される。
後に脱出に成功するも、実験で全で炎が出せなくなり、式が使えなくなってしまった。アーケードでは隠しキャラ扱いだが、この設定のためか性まで弱体化している。それまでの学ラン姿から私コスチュームチェンジしているが、スタッフによればこのは脱走の際にパクったらしい。

2000』では通常キャラだがチームを組んでいない。八神庵、草薙京、他2名でチームを組むと特殊エンドになり、彼女「ユキ」が回想で現れる。ちなみに、ストーリーではユキがに助けられている。

『2001』では日本チーム復活大門丸と再びチームを組む。4人はついでのように矢吹真吾である。


アッシュ編


『2003』では神楽ちづるの誘われ正式に三種の神器チームを組むが、裏にはちづる(と)のを奪う陰謀があり、彼女からを奪ったアッシュ・クリムゾンに憤る。

XI』ではちづるの頼みによりチームを組む。だが、オロチの封印が解けかかったことで暴走共々叩きめされ、隙をつかれてアッシュを奪われる。

XIII』では再び日本チームを結成。関係の黒幕を倒した後は「どうしてこいつらの面倒までみなけりゃならない」と苛立ちをぶちまけている。ちなみにキム・カッファンとの掛け合いで結局高校卒業していない(休学したまま復学していない)ことが判明した。


現シリーズ


XIV』では、ラスボスバース復活によりオロチが不全に顕現、今にも消滅しそうなオロチを容赦なく再封印する。まともに協し合う三種の神器が初めて描かれた。


担当声優



その他



性能


[画像を見る]『'94』『'95』では地を這う飛び道具の闇払い、対技の焼き、中に飛びながら回し蹴りを放つを持つ波動昇タイプキャラクター
XII』と『XIII』(表版)はこちらの性に戻っている。

『'96』以降は闇払いが削除され、打撃技の荒咬み、咬みからの生技で近距離でラッシュをかけるテクニカルキャラクターに変化した。



クローン・その他


『'96』で技のラインナップが大きく変化したため、『'97』では『'94』性、『'98』では『'95』性というように裏性キャラクターが多く登場した。以下は設定上別人であるキャラクター

京-1

『'99』と『2002UM』に登場。ネスツに作られたクローン。通称メロ。性格は落ち着いている。性的には『'95』のに近いが、琴く技の隙がでかい趣味は「技のアレンジ」で、本家にないオリジナル技や、見たは同じでも性が大きく異なる技を持つ。『'99』では弱キャラだが、『2002UM』で火力アップした。

京-2

同上。通称ホキ。性格は生意気。性的には『'96』以降のに近い。ネスツのミスで「R.E.D.KicK」を「R,E,Dキック」と間違って覚えている。趣味は「技のコピー」で、持ち技は本家とほぼ同じ。『'99』ではオリジナル技すらないが、『2002UM』では超必殺技1つとMAX2にオリジナル技が追加された。

クローン京、KUSANAGI

『2002(UM)』と『2003』に登場。『2002』がクローンが正式名称(ディスプレイネーム及び通称がKUSANAGI)で『2003』はKUSANAGIが正式となっている。『2002UM』では上記2名もいるためかクローン(KUSANAGI)となっている。

く、性格も獰猛。『2002』では「AKIRA」の登場人物である金田少年オマージュが見られるところが結構ある。『2002』では上記2名と同じくクローン。『2003』および「KOF SKY STAGE』では「神楽ちづるの生み出した幻」という設定。

立ち回りが安定しやすい『'95タイプだが、当て身摘みがあるため防御面も充実しており扱いやすい。初出の『2002』では別人設定にも関わらず通常と択一の裏キャラクターだったが、『2002UM』では通常チームを組める。


関連動画



■sm1552111[ニコ動]

■sm8063944[ニコ動]

左:八神庵との掛け合い
右:オロチ編の締め

■sm6342748[ニコ動]
■sm9039565[ニコ動]

■sm10695003[ニコ動]
■sm14142105[ニコ動]


次へ»
最終更新日: 19/12/20 18:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ